ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます

*全記事リストはこちらから* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
グッド・ワイフ7 (the Good Wife S7)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ7 あらすじと感想 第15話 標的

リーガルドラマ、【グッド・ワイフ7】の第15話は「標的」(Targets)です。Targetsですから対象はひとりではありませんね。ドラマの展開も多面的で実に面白かった~。以下ネタバレのあらすじですグッドワイフ7のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は主に3つの話が同時進行していました。アリシアは「市民コンサルタント」としてペンタゴンに呼ばれ、イーライはFBI対策に追われ、LALでは「female-run firm」(女性が運営する事務所)への懸念でもちきりでした。


まずはアリシアから参りますると、アリシアがペンタゴンに呼ばれた理由は「ISIS recruiter」(ISIS勧誘員)をテロリストとしてみなせるか(殺せるか)を議論するためでした。というより、「議論したことにする」ためでしょうか


最初は「マスード・タハーン」として紹介されたその人物は、実は「ランス・ホッパー」(Jeff O'Donnell)というアメリカ人だったことが明らかになります


勧誘員がアラブ人だと思い込んだアリシアは、彼をテロリストと見なして殺害することに賛成しますが、実はアメリカ人だったと聞いて難色を示します。タハーンことホッパーは、カリフ制国家の正当性を訴えこそすれ、暴力を推進してはいなかったそうです。


But an American has First Amendment rights.
アメリカ人には「表現の自由」がある


つまりタハーンことホッパーがアメリカ人なら、勧誘の自由もあったということ。


この会議には以前S2#2S3#9に登場したヒックス大尉も呼ばれていました。大尉は初めからタハーンことホッパーの殺害に唯一反対していましたが、ホッパーがアメリカ人だと分かったことで、アリシアや他のメンバーも反対に転じ始めます。


ヒックス大尉はもう一度採決を迫りましたが、統合参謀本部顧問で議長のオーレン・クリアリー(John Finn)は、決断を下す期限までまだ30時間もあるから一旦帰宅しようと言い出しました。


そして翌日、大尉はメンバーから降ろされてしまったそうです。その理由は会議の内容を「リーク」したからだというのですが、どう考えても、邪魔な人間を追い出すためになされた処置としか思えませんよね


大体において、最初の自己紹介の際、男性は皆「自己紹介」をしたのに、紅一点のアリシアだけが「他己紹介だったことからして、クリアリーは、アリシア同様民間人代表のエドワード・ジョナウェイ(Thomas Jay Ryan)と同じくバリッバリの保守派(the fire-breathing conservative)に違いありません


とはいえ、リークと言えば、やはり「NSA」です。アリシアはS5#2以来ずっと盗聴されているのですが~今回言われていたジェフ・デリンジャーの件はS5#18~その盗聴は、たとえアリシアが電話中でなくても6m以内の音を拾ってしまうのだそうです


それを可能にしたのが「Dropoutjeep」というスパイウェアです。英語ではスティーヴンがこう説明していました


We used Dropoutjeep to turn her phone into a hot mic. We can broadcast anything within 20 feet.
我々はDropoutjeepを使って彼女の電話をマイクとして使用していた。20フィート以内の音声を拾うことができる。


実際に、NSAがiPhoneを遠隔監視するスパイウェアを開発するにあたり、Appleが協力しているのではないかという疑惑が持ち上がったという話もありましたよね。Appleは否定していたようですが


知れば知るほど本当に怖い時代になったものです


それはさておき、ヒックス大尉を庇ったアリシアも、彼女がリークしたのではないかと疑われました。


それを知ったNSAのスティーヴンは、もしペンタゴンでの情報が漏れたとしたら、アリシアが漏らしたのではなく、NSA内にいる何者かが彼らの会話を聞いてリークしたのかもしれないと騒ぎだしますお騒がせNSA再登場♪


報告を受けた彼らの上司、クリントン・フォイル(Damian Young)は検討の結果、タイラー・ホプキンスを取り調べることにしたようです。必死で言い訳するタイラーがまた可笑しかったですね~。ふん、他人のプライバシーを盗み聞きするような輩は、たとえ仕事とはいえ、天罰が下って当然でしょう


何せ今回は、アリシアがオフィスでジェイソンとナニしている様子()まで盗聴していたのですからね。良し悪しは別にして、アリシア、ようやく吹っ切れたようですね


またリークの件は、アリシアへの疑いは晴れたようで何よりでした。


そしてホッパーは、アメリカ人であることは一切伏せられた上で「ISIS工作員のタハーン」として殺されてしまったそうです。アリシアはマスコミの反応を知るための試金石として呼ばれたようなものですわね


さて次はFBI対策ですが、アリシアからFBIの標的はピーターだと聞かされたイーライは早速弁護士を雇いました。それがエルズベスだったのには笑いましたね~


どうやら彼女とは初対面のピーターが、この女で大丈夫かな顔をしたのがいかにも可笑しかったですウィルとは真逆の反応だ( *´艸`)。ピーターとは対極にいそうなマリッサも同様な反応だったというのがまた楽しいですね


イーライは、ピーターが狙われているのはアリシアが州検事に立候補した際の不正選挙(vote rigging)が原因ではないかと疑っていたようです。


最近はどうやら色にこだわっているらしいエルズベス(I'm a visual processorは「緑のノート」を取り出しました。That's for serious notes. シリアスな事件にはグリーンノートを使うの。


ピーターやノーラ、マリッサたちの発言も色別に分類してピーターの思考パターンを分析していたエルズベスは、いつも通り、いきなり代理人を降りると言い出しました。イーライが必死で引き留めると、エルズベスは元夫の名刺を差し出します。


愛犬のトムを抱いて現れたマイケル・タシオニ(Will Patton~チック@アルマゲドン)がまたいかにも面白い人物でしたね~。マイケルを見たピーターの表情がまた絶妙でホントのホントに大丈夫なのか( ;∀;)。イーライもどうやら犬は苦手のようです


が、マイケルもまたエルズベスに負けず劣らず、見た目で判断してはいけないなかなかスマートな人物でした。マイケルはエルズベスが色分けしたカードを見て、FBIの狙いは不正選挙ではないとすぐに見破ったそうです。その上、エルズベスが代理人を降りた理由が「利益相反」であることにも気づいたそう


その相手が誰か探るため、マイケルとイーライはトムの首輪に発信機を隠してエルズベスに渡しますが、それも彼女がすぐに見破るだろうと見越してのことだというのが、いかにも元夫らしい眼力です


発信器を見つけて安心しきったエルズベスのガードは甘くなり、ジェイソンの尾行に気づくことはなかったようです。エルズベスのクライアントはロイド・ガーバーと言い、イスラエルの牧場でマリッサを雇ったことがあるのだそう。どうやらこのガーバーはピーターの支援者でもあるらしい


They're coming after Peter and one of his donors.
FBIはピーターとピーターの献金者を追っている


となると、アリシア絡みではなく、ピーター個人の不正でしょうか。


Yup. Now it's time to go on the attack.
ああ、では攻撃に転じよう。


マイケル・タシオニのお手並み拝見~というところでござりまするねマイク・タシオニが面白すぎ(^^)/


さて最後はLALでの新しい動きです。LALは今やシカゴで3番目の規模を誇っているそうで、記者がその取材に訪れていました。が、男性陣はほぼ添え物扱いで、取材と撮影が女性陣に集中したため、デヴィッド・リーとケイリーはよからぬ妄想を逞しくし始めます


I'm worried she intends to make Lockhart, Agos & Lee a fully female-run firm.
ロックハート、アゴス&リーを女性だけの事務所にするつもりではないのか?


入ったばかりのルッカに聞かれても分かる訳ないですよね。それに、そんなことしたら(逆)セクハラではありませんか


I heard things here are getting a bit crazy. I thought bond court was a jungle, but wow.
聞いてはいたけど、この事務所ってちょっと変よね。保釈裁判所はジャングルだったけど、ここもひどいわ。


とはいえ、痛くない腹を探られ過ぎると瓢箪から駒という事態にもなりかねないのがこのグッドワイフですから、ここはまだまだ分かりませんね


あ~やはりグッドワイフは面白いですね~。続きを見るのが待ち遠しいです


~これまでのグッド・ワイフのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: S1S2S3S4S5S6

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

この記事へのコメントの投稿
Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

今月の人気記事ベスト5

ブログの右下にアクセスランキングも設置しました♪

視聴中のお勧めドラマ情報

kindle版で読み放題!

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

韓ドラおばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴全ドラマ一覧表

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング