2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

NHK大河ドラマ、【おんな城主直虎】の39話は「虎松の野望」です。いやいや何とも型破りな青年に成長しましたね~虎松はしの似でしょうか。以下ネタバレのあらすじですおんな城主直虎のあらすじ行きますよ~(^^)/


十三回忌の法要の後、虎松は亥之助を伴って井伊谷を見に行きました。生き生きと働く村人の様子に感動した虎松は、近藤はなかなか素晴らしい領主なのだと感心します。


いや、実際に動かしているのはおとわ様だ


直虎はことあるごとに近藤をおだてたりなだめすかしたりして、思い通りに操って?いるのだそうです


これを聞いた虎松は、直虎がまだ井伊家の再興を諦めていないのではないかと勘違いします。私には諦めろと言っておきながら!!


でも直虎は、あくまでも領民が暮らしやすいようにしているだけで、領主になりたいわけではありません。虎松の問いにも迷いなくそう答えました。井伊家の再興などこれっぽっちも考えてはおらぬ


虎松は、直虎には分かりましたと殊勝に答えましたが、和尚には本音を明かしました。なんとしてもこの土地が欲しくなりました!


和尚もまた、幼い日に「井伊の虎松でいたい」と語った虎松が、すっかり松下の人間になってしまったのかと寂しく思っていたのだそうです。しのから、虎松が徳川の小姓になりたい、元服もしかるべき人物の手で挙げさせてもらいたがっていると聞いていたからです。


その実、この徳川の「小姓」になるのも「松下虎松」ではなく、井伊虎松として召し抱えてほしいと考えていたのだそうな


虎松は和尚に頼んで早速行動を起こしました悪だくみが得意だけどまだ15だから詰めが甘い(;´・ω・)。虎松は家康宛に書いた手紙を直接家康には届けず、今は家康の長男、信康(平埜生成)とともに岡崎城にいる築山殿を通し、口添えを頼むことにしたのだそうです。手紙には是非井伊家を再興したいと書かれていたようです。虎松と信康は「はとこ」に当たるのかな。


虎松にしてみれば、六左衛門も心配していたように、自分を嫡男として育ててくれた松下の父を裏切ることになるため、ここはひとつ、自分からそう頼んだのではなく、家康自ら虎松に「井伊」を名乗るよう勧めてはもらえれば万事うまく収まると考えたらしい


瀬名からの使いで浜松城に手紙を持ってきたのは石川教正(中村織央)は、これまで気づきませんでしたが、なかなかのイケメンでございましたね


家康の側近、榊原康政(尾身としのり)は松下の顔を立てるべきだと進言しますが、家康としては、間に入った瀬名や、以前直前で裏切った直虎の顔も立てたいところ


悩んでいた家康に「鷹匠のノブ」(六角精児)が絶妙な入れ知恵をしました。ノブは、虎松はなかなかしたたかな人物のようだが、本当に使えるかどうかしばらく試してみてはどうかと勧めたのです


「井伊」になるか「松下」のままでいるか、本人に選ばせてみてはいかがか?


こちらも一筋縄ではいかぬこの鷹匠は、歴史好きな方ならご存知の通り、後の本多正信です。真田丸では近藤正臣さんが演じてらっしゃいました。いかにもさもありなん~でござりまするね


家康がそんな悪だくみをしているとは露知らず、虎松は、直虎ら(元)井伊家の女性たちが虎松と亥之助のために仕立てた着物とともに贈ってくれた巾着袋を見て大いに気を良くしています。そこには「虎と亀」「鶴と猪(=亥)」の刺繍がしてあったのだそう


父上と但馬がやれというてくださっておるのではないか!?


そしてお目見え当日~家康は満面の笑顔で虎松に「井伊」を名乗ることを許し、ふたりに新しい名前を与えました。虎松には「万千代」、亥之助には「万福」と実に縁起の良い名前です。


が、仕事は小姓ではなく「草履番」だというのには参りましたね~


これまで影日向なく徳川に仕えてきた松下の嫡男、虎松としてなら小姓に召し抱えるが、既に潰れ、しかも今川領地の井伊家の虎松なら草履番で十分だ、というのです。


さてどうするかの?今からでも松下に戻るなら小姓に取り立てることもできるが??


にやりと笑う家康に、虎松はきっぱり答えました。日本一の草履番になってみせましょう!


そうは言いながら、憤懣やるかたない虎松をなだめる亥之助は、かつての鶴(政次)に似ています亥之助には政次の面影が・・。家康を

「腐れこだぬき

と罵り、いつか寝首を掻いて狸汁にしてやる!とわめく虎松を冷静にこう言って諭しました


寝首を掻くなら寝所に入らねばならない、寝所に入るには小姓にならねば、小姓になるには、まずは日本一の草履番にならなければなりませぬ


虎松は直親同様武芸が達者で笛もたしなみますが、祖父に似て絵も得意なのだそう。直虎が感慨深げに語っていたように、虎松や亥之助の中には、いろんな人の血が色濃く流れているのですね


一方「息子」の思わぬ裏切りに、松下清景はショックで倒れてしまい気の毒な松下さん(;´∀`)、その知らせを受けたしのは早速直虎のもとに駆け込んできました。和尚殿はおられるかっ!なんてことをしてくれた!( `ー´)ノ


いやいや、和尚様は早く逃げなくてはなりませぬね。しのが怒ると怖いのですから


それ以外では、ふたりとともに戻ったなつが、ふたりが無事仕官したら髪をおろして小野の菩提を弔いたいと語っていたのがよかったな


さ~て来週からしばらくは「虎松の奮闘記になりそうですね。おんな城主直虎は続きもとっても楽しみです


 
おんな城主 直虎 前・後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.