2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

朝ドラ、【わろてんか】は第2週に入ってぐ~んと面白くなってきましたね~。すっかり気に入っちゃいました。以下簡単なネタバレの感想ですkaeru3


相変わらず藤吉からの手紙を楽しみにしていたてんに突如縁談話が持ち上がりました。これがまた何と「政略結婚」だというから驚きです。でも藤岡家は商家ですから、むしろ、実家に貢献するための結婚=政略結婚の方が自然かもしれません


相手は大坂にある伊能製薬という会社の社長の息子=伊能栞(高橋一生)です。お見合い写真の栞は蝶ネクタイをしていたため、祖母のハツ(竹下景子)は、首に蝶々など着けた男は気に入らんとダメ出ししていましたが、その整ったルックスは、他の女性陣にはおおむね、否、ヒジョーに好評だったようです。しかも栞は単なる「ジュニア」ではなく、自ら神戸で貿易商も営んでいるのだそうです


が、てんの藤吉に対する気持ちを知っている女中のトキ(徳永えり~弥生@梅ちゃん先生/夏の少女役@あまちゃん)は、藤吉はどうするのだ?と心配しました。ロマンスを捨ててしまいはるのですか?


そこでてんは、たまたま藤吉が大阪に戻っていると聞いて、寄席に会いに行きました。ところが藤吉の話は相変わらずの「大ぼら」だったため、寄席に行っても見つかるはずもありません。その頃藤吉は、確かに大阪に向かうことにはなったものの、まだ岡山にいたようです。


ガラの悪い連中がうようよする土地柄で、てんはたちまちチンピラたちに囲まれてしまいました。それを心配した風太も後を追ってきていたのですが、実際に助けてくれたのは栞だったそうですkaeru4


いやいや、あの風体で腕っぷしも強いとは、天は彼に二物を与えたのですね~


栞は、目の前の紳士が自分の見合い相手だと知って驚きます。あなたはっ!?


てんから事情を聴いた栞もまたてんに興味を持ったようです。実際栞は「西洋の自由恋愛」に憧れていたため、見合いにはまったく興味がなかったのだそうです。


一方、幼い頃からの喘息が治らぬどころかますますひどくなってしまったらしい新一は帝国大学に入学後、休学していたそうです。が、その休学中も知り合いの研究所に通って研究をし、論文をしたためていたことで寿命を縮めてしまいます


そこへ持ってきて、実家の藤岡屋の工場が焼けたことで、てんの縁談を急がせようとした儀兵衛を諫め、藤岡屋は自分が守ると儀兵衛を金策に行かせたことが、文字通りの致命傷となって他界してしまいます


それでもてんは兄を失った悲しみに暮れることなく、その兄の遺志を継ごうと決意し、兄の遺した論文を栞に送りました。そこには、外国に頼ることなく、国内で薬の開発と製造を進めたいとの願いが込められていたのだそうです


栞は新一の熱意に打たれ、藤岡屋に投資してくれることを約束してくれました。そんな栞を見たハツが栞をすっかり気に入って、

「後家でも良ければ私が!smile

と嫁に名乗りを上げたのには大笑いでした


栞は、てんには藤吉という想い人がいるからと、縁談を進めようとする儀兵衛を止めてくれたのです。とはいえ、成り行きによっては結婚もあり得るとの可能性は残していたようですが。おばあさまはないですよね~さすがに


と、大いに盛り上がったところに、ついに藤吉が帰ってきました


陰になり日向になりてんを守って?きた風太もいれると「恋の四画関係」の始まりでしょうか。


笑いは認めてくれても、さすがに藤吉との恋愛は認めてくれないでしょうね~ぎょろめの鬼さんは


わろてんか」は続きもとっても楽しみですね



朝、この笑顔を見ると癒されます

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.