2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】はようやく28話を見終わりました。以下簡単なネタバレですオクニョのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


オクニョの思惑通り、科挙は中止されました。こちらは当てが外れたドンジュやチャクトたちは大慌てでテウォンに抗議します。これでは話が違うではないか!科挙があるというから高値で紙を買い占めたのに!!どうしてくれる!


困っていたテウォンに悪知恵?を授けたのはソジョンです。ソジョンは、平市署の署長は税も値上げすることができるのだと吹き込みました。もちろんテウォンも増税は視野に入れていたようですが、それはあまりにあくどすぎるとためらっていたようです。


が、今は何を置いても大妃の信頼を勝ち取る=力を得る時だと励まされ、テウォンはついに増税に踏み切りました。それは百歩譲って目をつぶるとしても、ドンジュ、つまりはナンジョンの商団にだけ秘密裏に増税を免除したというのはいただけませんよね~。それでは単なる「弱い者いじめ」ではありませぬか。まったくあのソジョン、好かんわ~


これまではずっとテウォンを支持してきたハクトやトチまでもがテウォンを批判し始めました。ま、当然と言えば当然の成り行きです。


一方でナンジョンも動き始めました。奉恩寺の改築費用を、テウォンではなく自分が捻出して点数を稼ぎたいナンジョンは、民心の不安を煽るために「偽の疫病」をでっち上げました。おそらくは井戸や家畜の餌に毒物を混入し、原因が疫病であるかのように見せかけたようです。


今さらですが、民心を混乱させてどうしようっていうんですかね。皆の不安を「仏様」に鎮めてもらう~だから寺の改築をすべきという理屈なのかしらん?


オクニョの指示で、チョンドンやマノクたちがトンチャンや素素楼を見張っていたのですが、夜遅くにトンチャンたちが出ていったのは目撃したものの、決定的な証拠を押さえるまでにはいかなかったようです。


スパイと言えば、今回はあのミン尚宮がナンジョンの家に料理人として潜り込んだようです。以前は水刺館で働いていたとの触れ込みに、チョングム(イ・イプセ~ヨンノ@チャングムの誓い)がエラソーに振る舞うのがまたなかなか楽しかったですね。たとえスラッカンで働いていても、ここでは私が気に入らなくちゃダメなのよって。


果たしてミン尚宮はここで何を探り出してくれるでしょうか?


一方のオクニョは、小さな商団の大行首たちに声をかけて団結しようとしていたようです。でも、ウチとテギルが勧誘に乗り出したところ、いかにも顔が胡散臭いために、即こてんぱんにされてしまったようです。この辺はいっそ今後仲間になるというジハムに頼んだらどうかしらね。


またオクニョからナンジョンの企みを聞かされていた明宗は、今回の「疫病騒ぎ」がそれなのではないかと疑いましたが、確たる証拠がつかめません。どうやら来週は、医官が現地に向かって調査した結果、

「これは疫病ではありませんチャングム以来お馴染みです(^^)/

というイ・ビョンフンドラマではお馴染みのシーンが展開されるようでしたね


それ以外では、典獄署でデシクが署長に復活した上、ヒラに戻ったジョンフェは、科挙の替え玉を手配して儲けようとしたのに科挙が中止になったため、大損してしまったことなどがあげられるでしょうか。科挙の中止を知りながら、知らないふりをしてジョンフェから仲介料をもらったドングは詐欺師の素質ありありでござるね


あ、そうそう、オクニョが明宗に密会した際、その明宗の後をナンジョンの部下がつけていました。王宮に入るところまで目撃されてしまったので、早晩正体が分かってしまうかもしれません。も~ジェソが気づかなくちゃダメじゃないね


さ~て今回はこれぐらいだったですかね~


来週は選挙で軒並みドラマがお休みのところ、このオクニョは放送するようなので、ゆっくり時間が取れそうです。せっかくだから(笑、う~んと面白くなるといいですね~


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.