2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

コウノドリのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: コウノドリ あらすじと登場人物一覧


綾野剛さん主演の【コウノドリ2】は2話目もまたええ話やったね~。このドラマ見てるとホント、励まされます。以下ネタバレのあらすじですコウノドリ2のネタバレ行きますよ~(^^)/


今回のサクラの患者は久保佐和子(土村芳)。妊娠初期の赤ん坊の状態は順調だったものの、子宮頸がん健診の結果、子宮頸部腺がんと診断されてしまいました。


妊娠の継続が可能かどうかを調べるためには子宮頚部を円錐状に切り取って生検しなければならにそうです。サクラはこの時、切り取った部分内に浸潤が収まっていてくれれば=ガンも切り取れたら、と祈っていたようですが、その祈りはどうやら届かなかったようです。


検査の結果、佐和子は通常の出産を待たずに子宮を全摘しなければならないことが判明しました。問題はその時期です。赤ちゃんの成熟と母親のガン進行の頃合いをよくよく検討して見極めねばなりません


赤ちゃんを出産させるまでお母さんの治療はできませんから。


佐和子の夫の慎吾(福士誠治)は佐和子に、赤ん坊より佐和子の命が大切だと告げましたが、佐和子はお腹を蹴り始めた赤ん坊は今確かに生きているのだから諦めることなどできないと主張しました。


久保夫婦の気持ちは産む方向で固まったものの、その時期は、プロの間でも議論が分かれるところでした


サクラは、自分の出産で母を亡くした経験から、佐和子自身の手で子育てをしてほしいと考え、28週での出産を提案しました。サクラは、赤ん坊だけではなく母親も助けてこそ幸せになれる、と考えたのでしょう。これは久しぶりに会いに行った景子ママが、サクラの母はきっとサクラを育てたかったに違いないと語ったことも影響したようです


が、四宮は28週では早すぎると反対しました。せめて32週まで胎内で育てなければ赤ん坊の成長に影響ができるというのです。下屋や白川も同意見のようです。


でも子宮頚部線がんは非常に進行が速いそうで、4週間治療をせずに放っておいたら母胎が危ない、というサクラの意見も無視できません。


四宮はワクチンを打っておけばよかったのにと指摘します。でも子宮頸がんワクチンによる副反応を考えると、そう簡単に踏み切れるものでもありませんよね。ガンを回避しようとしたワクチンで一生歩けなくなったら泣くに泣けませんもの


現在では問題となった症状が必ずしもワクチンだけのせいではないという意見もあるようですが、誰もが安心してワクチンを摂取できるまでにはもう少し時間がかかりそうです。


サクラの意見を聞いた久保夫婦はますます悩んでしまいます。特に佐和子は、たとえ早く手術をしたとしても自分は助からないかもしれないのだから、慎吾に迷惑をかけぬよう、できるだけ自分の胎内で育てたいと考えていたのだそうです。でも慎吾は、子どもを産んでもらうために結婚したのではない、と反論しました


堂々巡りの議論に終止符を打ってくれたのは、実際にNICUで頑張っている子供たちでした。今橋は久保夫婦を26週で生まれた後保育器で育っている三上雄平くんのもとに案内し、その母いづみ(柊瑠美)の話を聞かせました。雄平君は生まれた時は700gしかなかったのに、ミルクをたくさん飲むことから1日20gも体重が増えているのだそう


生きる力ってすごいんですよ


最初は不安だったけれど、今は「普通」のことが幸せだと語るいづみの姿に感動した慎吾は佐和子とふたりだけにしてもらい、お腹の子は佐和子だけが育てるのではない、自分も育てるのだから~ふたりで一緒に育てようと励ましました。3人で幸せになるんだ


こうして久保夫婦は28週での出産に同意し、無事にその日を迎えました


帝王切開で赤ん坊を取り出した後はすぐに子宮を摘出し、その子宮は病理に回されたそうです。2週間後に出た結果では、子宮内のどこにも浸潤が見られなかったことが判明したそうで何よりでしたね


が、一方では、出産後に母親が抱えるストレスも浮き彫りにされていきます。


前回心室中隔欠損が心配されたみなみちゃんの母、佐野彩加は、主治医の四宮や小松には「大丈夫」と繰り返していましたが、どうやらまったく大丈夫などではなかったようです。なんと彩加は子どもを病院の廊下に置き去りにして、屋上から身を投げようとしていたようなのです!?


サクラが必死で階段を駆け上がっていく姿も見受けられたので、何とか助かってくれるとよいのですが


そのサクラには、もうひとり気になる患者=三浦芽美(松本穂香)がいるようです。そう、1話でサクラに手紙を送ってきていた女性です。サクラはこの2話で、赤ん坊を絞め殺してしまった女性のニュースを見て、また彼女を思い出していたようでしたが?


また四宮にも「女性の影」が現れました。名前は恵美(松本若菜)という妊婦で妊娠後期に入っていたようです。四宮がタメ口だったことから患者ではなさそうですよね。その恵美は四宮に自身の離婚も報告していたようです。


この四宮と小松の痴話げんかもまた楽しかった~四宮の「仏頂面をしていると小じわがどんどん繁殖しますよには大笑いでした。このふたりの「年の差カップルもなかなか悪くない気がするのはおばさんだけでございましょうか


あ~やはりコウノドリは良いドラマですね~。続きもとっても楽しみですねコウノドリ2が面白い(^^)/



相変わらずBGMも最高ですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.