2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

篠原涼子さん主演の社会派ドラマ、【民衆の敵世の中、おかしくないですか!?】がいよいよ始まりました民衆の敵がめっちゃ面白かったよ~(^^)/


も~これは期待通り、実に楽しくてスカッとさせられました。特に衆院選の後だったから尚更気持ちがよかったですよね。佐藤智子を国会に送りたい気分で一杯でした。またあのママ友たちが頼もしくて素敵だった~もっと女性の活用を!ガラスの天井をぶち壊せ!!篠原涼子さんがまたうってつけ((((oノ´3`)ノと叫ぶなら、ああした方々にスポットライトを当てて然るべきです


感想はさておき、以下ネタバレのあらすじです民衆の敵のネタバレ行きますよ~(^^)/


主人公は主婦の佐藤智子(篠原涼子)。智子は、毎日自転車を必死で漕いで息子の駿平(鳥越壮真)を保育園に送った後、通販のクレーム係のパートをしていましたが、持ち前の正義感と思いやりが災いして「マニュアル通り」対応することができません


だっておかしくないですか!?


パートをクビになって家に戻ると、夫の公平(田中圭)もまたやはり同じように同僚に同情して上司と喧嘩したために無職と化していました


ちなみに公平の実家は栃木だそうで、母の悦子(田島令子)は学校の校長をしているそうです。同居をすれば生活の心配は要らないものの、高校中退の智子はガミガミうるさい悦子が大の苦手のようです


息子のためにもこのまま無職ではいられないと職探しを始めた智子は、そこで思いもよらぬ高収入の仕事を見つけ出します。それはなんと「市会議員」です。中卒の智子が就ける仕事は限られており、時給も千円に満たないものばかりですが、市会議員に学歴は必要ないらしく(詐称はあかんで)、年収は950万なのだそう!!


私、市議会議員に立候補する!!


一方、そんな智子と同じ保育園に、こちらは娘のあかね(野澤しおり)を預けているのは平田和美(石田ゆり子)という会社員です。元は新聞社で政治部の記者をしていたそうですが、シングルマザーになってからは、頼みもしないのに「会社の配慮」で閑職に回されてしまったのだとか。それでも智子とは違って正社員なため、送り迎えは電動自転車で行っています


智子は、なけなしの貯金をはたいて供託金の50万を準備した帰りに偶然会った和美に市議会議員に立候補することにしたと打ち明けますが、和美はまったく興味を示しません。また突拍子もないことを言う人が増えた


が、その後和美は、智子が誰も見ていないゴミ収取所で散らかったゴミを、文句をぶつくさ言いながらも、ひとりで片づけていたのを目にします。それは智子が気づきはしても知らん顔でそのまま通り過ぎようとしたゴミなのです


これでちょっとだけ智子を見直していた和美の人生は、智子の演説を聞いて180度変わっていくことになります


その演説も、実はなかなかできずにいた智子なのです。手作りポスターに手書きのタスキまでは揃えたものの、他の候補者は皆選挙カーでの遊説で、智子は場所すら確保できません


ようやく見つけた場所も、後から来た「政治家になるために生まれた二世=藤堂 誠(高橋一生)」に横取りされてしまいます。まあ横取りしたのはジュニアではなく、元首相の柴崎元道(浜田晃)のほうですが


嫌ですね~すでに人が話をしているっていうのに、元総理だっていうだけで横入りしても良いんですかねそれっておかしくないですか?


柴崎が得意気に話し出した藤堂の「華麗な経歴」を聞いていた智子は、思わずマイクを手に自分の経歴を話し始めました


私は高校中退です!父親はギャンブル狂で母親は男にだらしないホステス。生まれるべくして生まれた高校中退です!生まれた時から運命が決まるっておかしくないですか?


グレそうになった時もあったけど、幸せになりたくて必死で頑張って働いた結果、結婚して子供も生まれてやっと幸せになれた。時給950円で幸せなんだって。うちの息子は卵焼きをステーキだと思って食べている。上を見ちゃダメ、下を見て幸せなんだ、ってずっと我慢してきたけど、もうヤダっ!!


だって、それって本当に幸せなんですかっ!


途中でメガホンが壊れても、地声で叫び続けますあなた本当に幸せですか!?


ずーっとふざけんなって思ってたんです!だっておかしくないですか?生まれた時点で自分の人生決まっちゃうなんておかしくないですか?

時給950円の生活も知らない奴らが市民の幸せ語るなっ!!自己責任、わけわかんない。卵焼きはどう頑張ったってステーキじゃないんだよっ!!本物のステーキが食べたいっ!!誰にだってステーキ食べれる権利ありますよね?あるでしょ?あるんですっ!!

だから、幸せなふりは止めて。本当の、本当に幸せになりましょうよっ!!


真っ先に拍手を送ってくれたのは選挙カーに乗って、今まさに演説を始めようとしていたジュニア、藤堂です。


佐藤候補のご健闘をお祈りしております!これからともに頑張っていきましょう!!


いやいやさすがコロンビア大学卒業は爽やかどすな~。モデルは小泉進次郎氏でしょうか


この智子の話に共感していたのは藤堂ばかりではありません。その場で演説を聞いていた和美もまた「幸せのふりをするんじゃなくて本当に幸せになりたい石田ゆり子もはまり役♪と痛感していたようです。


和美はその夜早速智子のアパートを訪れ、智子を応援すると宣言しました。私がママ友たちを集めるわ!ママ友はSNSが得意なのよ(^^)/


そのママ友がまた実に頼もしかったのですよね~。皆、今は育児中で休業を余儀なくされていますが、それまではバリバリと第一線で働いていた女性ばかりだったそう


小山田香(江口のりこ~向井祥子@コウノドリ)は出版社で校閲()、もとい、上場企業の総務で働き、西田マキ(菜葉菜)は会計士、和泉いずみ(松岡璃奈子)は広告代理店でイベントの企画をやっていたそうです。


そうそう、育児中のママたちはいわゆる9時5時という決められた枠の中で働くのが難しいだけで、時間さえある程度自由にできれば十分働けるのです


その後智子の人気はうなぎ上りとなりました。智子自身もまるで水を得た魚のように生き生きと皆の信頼を勝ち得ていきます


が、それを面白く思わないオヤジどもが足を引っ張り始めました。元市議会議員の磯部真蔵(笹野高史)です。磯部は以前、待機児童を減らすという公約を掲げておきながら、これを「保留児童」という言い方に変えて世間の目をごまかし、自分のおかげで待機児童が減ったと大ぼらを吹いていたのだそうです


この磯部を焚きつけたのが、市議会のドンと言われている犬崎和久(古田新太)です。あんな主婦に負けたら恥だと言わんばかりにこき下ろされた磯部は、同じ主婦層を使って嫌がらせを始めました。これがまた実に幼稚で嫌らしかったですね~。嫌がらせする方のレベルが露呈するってもんです同性として恥を知れ!


でも、彼らの主張には一理あったことが判明します。智子たちが住んでいるあおば市では、両親が無職の場合、子どもを保育園に預けることができないのだそうです。確かに今の佐藤夫婦は無職なため、ズルをした!と責められても致し方ありません


ママ友たちは公平は確かに無職だけれど、公平が皆の子どもを預かってくれているから選挙活動に打ち込めるのだから、彼も選挙スタッフと言えるのでは?とごまかそうとしますが、正義漢の智子にはどうにも納得できません。智子は、ネガティブキャンペーンを繰り広げている磯部の選挙カーに上り、正々堂々と謝罪しました


一方で智子は、そのルールを知らなかったし、そもそもその決まり自体がおかしくないか?と問いかけます。こんなに不安定な世の中なのに、両親が職を失ったら子どもが保育園を辞めなくちゃいけないなんてルールそのものがおかしくないですかっ!?子どもが可哀想でしょ!


ルールには従わなくてはいけないけれど、おかしいルールなら変えなければならないと訴える智子に、観衆に交じってこれを聞いていた和美が「その通り!と声をあげました


そのエールを受けて、智子のスピーチはますます熱を帯びていきます


私を応援してくれているのはママ友たちです。すごく優秀でホントはもっともっと社会で活躍できる人たちなんです。でも子育てがこんなにも大変だから、能力を発揮できる仕事に就けないでいるんです。そんなのおかしくないですか?だって、子育て優先したら自分の人生二の次なんて、そんなのおかしくないですか?

しょうがないなんて諦めないで!ひとりでやってもどうしようもないことを変えていくのが政治家の仕事。

私、頑張りますから。皆さん、一緒に幸せになりましょう!!


どこからともなく湧きあがる拍手に胸が熱くなってしまったのはおばさんだけでございましょうか智子負けるな、頑張れ~!


残念ながら智子の得票数はあと一歩伸びず、磯部に負けて落選してしまうのですが、その磯部が健康上の不良を訴えて当選を辞退したため、見事次点当選として復活します智子が見事市議会議員に!( `ー´)ノ


公平から贈られた黒いスーツに身を包み、初議会に出席した智子が、後ろで寝ていた議員を起こしたのは痛快でしたね~。いっそのこと

議会中に居眠りした議員は報酬カットだ!仕事中に居眠りしちゃいけないなんて小学生でも知ってるぞ!

と言ってやればよかったのに


また、智子ならきっと当選すると思っていたと語るなど、好感度抜群の藤堂ですが、輝かしい経歴とは裏腹に、アパートにはテレビすらなく、部屋を訪ねていた女性の莉子(今田美桜)はどうやらそっち系(風俗)のようでしたよね?


智子や藤堂の他には、元グラビアアイドルの小出未亜(前田敦子)、市長の推薦を受けていた岡本遼(千葉雄大~新一@わろてんか)や園田龍太郎(斎藤司)が新人議員として名を連ねていたようです。


現実社会ではなかなか打ち砕けない閉塞感を、せめてドラマで「おかしなことをどんどん指摘して正すことでぶち破っていただきたいものです


民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?」は続きを見るのが待ち遠しいです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.