2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

篠原涼子さん主演の社会派ドラマ、【民衆の敵世の中、おかしくないですか!?】は4話も面白かったですね~。以下ネタバレのあらすじです民衆の敵のあらすじ感想行きますよ~(^^)/


一馬が今仕事をしていないことを心配した智子は、何とか力になろうとします。だって一馬君を幸せにしようって決めたから


智子は目の前の一人一人を幸せにしていけばいつかは皆を幸せにできる、それが「政治」だと自分なりに悟ったそうです。


が、一馬は、今さらそんなことを言われてもと反抗的です。一馬は5年間、たった一人で母親の介護をしてきたのに、その時行政は何もしてくれなかったのだそうです。


介護そのものに不満があった訳じゃない。でも、朝から晩まで家にこもりきりで母の面倒を見ていた自分は、社会から完全に見放されていた。


そんな状態を解決するのが政治家だとなんとなくは分りながらも、具体的に何をしてよいかが智子には分かりません


一方、地元の商店街を活性化させるというマニフェストを掲げて当選した岡本は、その岡本を中学時代からよく知っているという小出とともにランチを食べに行きました。岡本は馴染の洋食屋=「アザレア」に入りたかったようですが、店は閉まったままです。そう、この商店街はいわゆるシャッター商店街と化しているのです


岡本が仕方なくファミレスへ向かうと、そこにはアザレアのおばちゃんの克枝(鷲尾真知子)が他の商店街の仲間たちと陣取っていました。店を開けても赤字になるため、皆で朝から暇をつぶしているのだそうです。


岡本と小出が役所に戻ってこの話をすると、園田は、世の中うまくいかないものだと嘆きました。こっちには、子どもを見てほしいと陳情する母親がごまんといるのに


双方の話を聞いた智子は即座に閃きました。一緒にしちゃえばいいじゃん!!


智子は早速克枝たちのもとへ行き、商店街で近所の子どもたちの面倒を見てもらうよう頼みました。克枝たちは二つ返事で引き受けます。だって昔はいつもそうしてたから


そして克枝は、どうせやるなら「子ども食堂」を開きたいと言い出しました。智子ももちろん大賛成です。それならすぐにも実行できるわ!


でも岡本や園田、そして藤堂たちは「政治家として」決議案を通したり、ゆくゆくは条例化したりするべきだと主張しました。その上小出は、「市長派」の岡本と「犬崎派」の自分達で一緒に活動はできないとも言いだします


そんな政治要らないだろう?と問いかける智子には、キレイごとだけでは何もできないと悟ったからこそ、智子も犬崎派に入ったのだろうと止めを刺した小出は、単なるアイドルもどきに見えますが、なかなかしたたかな女性なのです。


それでも智子は、たとえ一人でも「子ども食堂」を始めると意気込み、早速行動に移りました。材料費を浮かせるために、安い食材を手に入れようと朝から走り回っていたようです。


商店街の協力もあって、子ども食堂はすぐに回転し始めました。アザレアには一馬やかのんもやってきます


ひとりでいる君へ。学校へ行くのがどうしようもなく辛かったらここへおいでよ。ひとりで悩んでないでここへおいで。


智子はこの食堂を「子どもの居場所」としても活用しようとしたのです。そしてそれは立派に成功したように見えました


が、それから(おそらくは)数日後、克枝から岡本に連絡が入ります。最初は大勢いた商店街の仲間が、あれこれ理由をつけて来なくなり、今や自分と夫の昭二(山本龍二)しかいなくなってしまったのだそうです


子ども食堂の評判だけはSNSでも広がっていき、もはや収集の出来ないところまで来てしまいました。智子も懸命に頭を下げて謝りますが、一旦「預かる」と言ったのに今さらできないとはどういう訳だ、と母親たちから総スカンを食らってしまいます


智子は「子ども食堂」さえ立ち上げれば何とかなると考えた自分の浅はかさに落ち込みましたが、藤堂は、あなたには奥の手があるだろうと教えました。あなたならできる。あなただからできることがある


なんと藤堂は智子に、犬崎に協力を仰ぐよう入れ知恵したのだそうです。智子が必死で頭を下げると犬崎は快く引き受けてくれたそうです。が、もちろんこれは「貸し」だと念を押すことも忘れません


こうして議会では、岡本の提出した決議案が満場一致で可決されました。藤堂は会派を越えた活動を高く評価します。


とはいえ「貸し」がどれほど高くつくのかは、考えただけで恐ろしいですが。多数派とか思惑とか抜きにして「是々非々」で協力し合うことがどうしてそんなに難しいのか、智子同様単純至極なおばさんは頭を抱えてしまいます


一方、その犬崎は自身が先頭に立って進めてきた「ニューポート計画」を巡り、あくまでも水面下で、市長と激しく対立していました。市長は必要のない港など造る必要がないと公言し、犬崎は、腹の中は煮えくり返っていても口では市長に従うと答えつつ、虎視眈々と逆襲の機会を伺っているようです。今や前田が使い物にならないため、その「代わり」を探しているのだそうです。


どうやらその「代わり」が智子になりそうな気配でしたね?予告に遭った「内部告発」をきっかけに事態は急展開していくそうですよん。智子、ひいては「民衆の敵」は犬崎か市長か、はたまた藤堂なのか?


その犬崎もそろそろ動き出してきそうですから、ドラマとしては大いに盛り上がっていきそうです犬崎が暴れ出すと面白くなりそう( *´艸`)


それ以外では莉子に「渡辺」の正体が藤堂という市会議員だと知られてしまったこと、小出は中学時代はかなりのおデブちゃんだったことなどが明らかになっています。


民衆の敵~世の中可笑しくないですか!?」は続きもとっても楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.