2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ドクターX~外科医・大門未知子のあらすじと感想一はこちらからご覧いただけます: ドクターX~外科医・大門未知子 あらすじと感想一覧


ドクターX5は6話も面白かったですね~。おばさんは海老名のファンなので、その海老名が自分の「役割」を自覚して陰ながら活躍したのが実に楽しかったです。以下ネタバレのあらすじですドクターX5のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回の患者は、未知子と博美がよく餃子を食べに行く中華料理店の店主、六浦良夫(平泉成)とその妻、敦子(松金よね子)のふたりです。六浦夫婦は、最初、長年透析をしていた敦子が腎癌に侵されたために未知子がオペをすることになったのですが、敦子に付き添っていた良夫も腹痛で倒れたため未知子が早速検査したところ、膵臓に複数の腫瘍が発見されてしまいます


その頃東帝大では蛭間が留守をしていたことから、猪又が院長代理を務めていました。猪又のオペに入った博美は、その手技のお粗末さにあきれていた所、案の定術後の回復が遅いことで患者から叱責された猪又から、その責任を転嫁されてしまいます


博美は東帝大への出入りを禁じられ、代わりに「ウリ坊」こと瓜田慎吾(今野浩喜)が麻酔科医として呼ばれました。


この瓜田はこれまで登場したキャラの中でもかなりあくどい腹黒人物で、蛭間の留守中に猪又を唆し、業者からの賄賂を貰うためにオペ後の化学療法を施すよう勧めてきます。そのためには、オペは全摘ではなく部分切除にしなければなりません


また博美は、未知子に最後の餃子を横取りされたことをきっかけに、日ごろ溜まった不満を爆発させてしまいます。大体大門さん=外科医は身勝手なのよ!!


また未知子も、自分は給料制なのに博美は歩合制だと聞いて怒りだしました。も~ここはもっと早く気づけよって感じでござるが


勝手に術式を変えられては迷惑だ、と博美は言ったけれど、未知子がオペの途中で術式を変えるのは、他でもない患者自身のため、患者にとってベストな治療を施すためだということは、博美自身が一番よく知っているはずなんですけどね


良夫の手術にしても、未知子は「生きるための全摘」を主張しますが、良夫はこれ以上妻に面倒をかけたくないと断ります。博美もまたすい臓全摘後のQOLを考えれば良夫の話も無理からぬことだと未知子に食って掛かりました。


そして猪又と瓜田は、この良夫の気持ちにつけ込んできます。患者は術後1日も早い復帰を望んでいる。それには化学療法だ!


術前カンファレンスでこの様子を見ていた海老名は即座に未知子に加勢しました。蛭間の留守は自分が預かるべきだと思っていたのに猪又にこれを横取りされたのがよほど面白くなかったに違いないことはさておき、ああ見えて海老名は結構患者思いのグッドドクターでもあるのですよね~少なくともそうありたいとは思ってる


大門が正しい!大門、頑張れ!大門、猪又に負けるな( `ー´)ノ


先週は失恋旅行でお休みしていた森本と原はかたずをのんで成り行きを見守りましたが海老名がついにやった!((((oノ´3`)ノ、結局海老名は猪又の迫力に押されて負けてしまいます


それでも打たれ強い海老名は未知子に「患者のオーダーに応えて命も救う方法」を考えろと促しました。


俺に分かる訳はないけれど、他の医師の力を引きだすことはできる。それが俺の使命だっ!!頑張れ頑張れ大門!!俺はお前の応援団だ( `ー´)ノ


その上海老名は、解雇された博美を慰めようと、やっすいレストランに博美を誘います。そこに良夫が倒れて緊急オペになるという連絡が入り、それを聞いた博美は、ここは自分が奢るから、代わりに頼みを聞いてほしいと申し出ました。博美は海老名に「出禁」を解いてもらうよう頼んだのです。もちろん海老名は快諾しました


その日はもともと敦子の腎癌手術の日だったため、未知子はそのオペに入ろうとしていた所でした。良夫のオペの知らせを受けた未知子は、敦子の手術に博美が戻ってきたのを見て


「こんな麻酔科医とはオペ出来ない!


と言って出て行ってしまいます。


もちろんこれは博美を信頼してのことですから、別段驚きませんでしたが、驚いたのは、色々事前に未知子から指示を仰いでいた西山はともかく、未知子はきんちゃん(原)をも結構信頼していたらしいこと


一方、これ幸いにと良夫のオペに入った猪又は開腹して即、自分の手に負えないことを悟りました。そこへ未知子が乗り込んできたことを良いことに、猪又は瓜田とともにオペを放り出して出て行ってしまいます。失敗したらお前のせいだからな!


こうして良夫のオペに取り掛かった未知子は自分で麻酔まで行いました。私、麻酔もできるので


その未知子が最初に行ったのはどうやら膵体部を切り取って病理診断を仰ぐこと。切離断端の結果報告によると、膵体部(中央)の腫瘍は悪性ではなかったことが判明しました


そこで未知子は再度術式変更を宣言しました。膵頭と膵尾にある腫瘍を根治切除して中央を残し、これを胃とつなぐことで膵臓の機能を温存することを思いついたのです


上から見ていた海老名に送ったいかにも意味ありげな視線は「良い考えが浮かんだよ!と語っているかのようでしたね。海老名もさすがに外科副部長だけあって、未知子の意図を察します。助手についていた森本はやっぱり理解が遅かったですね~


そこへ博美もやってきました。リスキーなオペの成功にはやっぱり未知子と博美のタッグが欠かせません。


もちろんオペは見事に成功しました。ふたりの腕もさることながら、今回ばかりは海老名にアッパレと言わざるを得ませんね


やったー!海老名可愛い~( *´艸`)


そう叫んでいつものポーズを決めて(右腕を突き上げて)笑った海老名の横では、猪又も、最初は渋い顔をしながらも「やるな」の笑顔を浮かべていたのもなかなかでしたね


とはいえ、海老名が博美を「パートナー」に指名するにはまだまだ百年早いと言われちまいそうですが


お約束の請求書の額は1千万と格安でした。神原の言う通り、患者を捨てて逃げ出すなんて言語道断でござりまする。猪又も彼なりには反省していたようで、瓜田は即刻東帝大を追い出されてしまいました


という訳で今週もめでたしめでたしです。あ、そうそう、未知子からも手術を褒められた西山と看護師の長森陽菜は付き合ってるみたいでしたね


さて来週は「マッサン」で一世風靡したシャーロット・ケイト・フォックスがゲスト出演するそうです。しかもきんちゃんの恋人という役回りだそうで???


こ~れはまた面白くなりそうでござるね。「ドクターX5」は続きを見るのが楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.