2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

今週の【ブラックリスト】(THE BLACKLIST)は11話「善きサマリア人」(The Good Samaritan Killer)と12話「錬金術師」(The Alchemist)です。番組開始当初、あれほど

2話ずつ放送するなんてひどい!

と怒っていたのが嘘のようで、今では2話ずつ放送してもらっていることに感謝している今日この頃です。とはいえ、すべて2時間放送にされてはこちらの身が持ちませぬが


以下ずばり「内通者」の正体です。ネタバレされたくない方はここでご遠慮くださいますように


内通者はレッド側とFBI側双方にいたそうです。そのうちレッド側の裏切り者がグレイでした。突き止めたのはレッドです


レッドはギャリックに殺されたルリを丁寧に弔う一方、ギャリックに協力した救命士や医師から情報を入手しては次々に殺していきました。彼らの口ぶりでは、雇い人の意図を知らずに金で雇われ、ただ命じられるままにレッドに注射をしたり、首に埋め込まれたチップを取り出しただけらしいのですが


その後レッドはつてをたどって「金の流れ」を追いました。その結果浮上したのが、レッドの腹心だったグレイです。グレイはまたの名をニュートン・フィリップスと言い(それともこっちが本名?)、家族を人質に取られて脅されていたそうです。


レッドは自分が家族の面倒を見ると約束し、グレイの願い通り「事故に見せかけて」窒息させました。ギャリックの話でもそうでしたが、レッドは自分を裏切った人間を決して許さないのですね。でも忠誠を誓った者には最後の最後まで面倒を見る~まさに任侠の世界でやんすね。


一方でレッドは、裏切り者はFBI内部にもいると確信し、最初はアラムに辿り着きますが、呑気なアラムは単に利用されただけのようで、内通者ではなかったことが判明します。


レッドはボラコフ(Dan McCabe)という技術者をリーダーにした「スパイ追跡基地」を作り、事あるごとにそこであれこれ調査させているらしいのですが、今回もありとあらゆる情報を集めさせて内通者を追わせました。その結果出てきた「覚書」の書類から、ミーラ・Mという名前が浮上します。つまりはマリクです


レッドは早速マリクの家にやってきます


You're here to kill me because I'm the mole.
あなたは私を殺しにやってきた。なぜなら私がスパイだから。


果たして本当にマリクはスパイなのでしょうか?


それ以外の個々のエピソードもごく簡単なネタバレをまとめておきます。


まず「善きサマリア人」は、幼い頃に母から虐待を受けたカール・ホフマン(Frank Whaley)という看護師でした。ホフマンは職業柄虐待を受けている人物に接するたびに、彼らに代わって「復讐」をしてきたそうです。虐待の被害者が受けたのと同じ暴力を加害者に加えるものの、息の根は止めず、最後の最後で通報して助かるチャンスを与えるそう~それでマスコミは彼を「善きサマリア人」と呼んだのだそうです。


レッドはプロファイリングに行き詰ったリズに、犯人像を追うのではなく、被害者に焦点を当ててみるよう助言しました。そこで「虐待」に気づいたリズがホフマンに辿り着きます。ホフマンが、昔自分を虐待し、今や車椅子生活を強いられている母親を殺そうとしたところをリズが発砲して阻止しています


また「錬金術師」は、依頼人を逃がすために、彼らにそっくりな「身代わり」を作って殺すという犯罪者でした。彼は整形のみならず、必要とあらば歯形も偽装するし、DNAまで本人のものを注入するのだそうです。今回はめずらしくレッドがリズに彼を捜すよう依頼してきました。


またしてもレッドの協力のおかげで錬金術師がエリック・トレドル(Ryan O'Nan)という人物だと突き止めたリズは、エリックの元妻モリー(Elisabeth Waterston)と娘のアニー(Aimee Laurence)の居場所を捜し当てました。エリックは、このふたりにも「身代わりの遺体」を用意しますが、リズはふたりは生きていると確信してその後を追います


アニーは糖尿病でインシュリンポンプを使うことから、それが発する周波数が彼らの位置を特定しました。


エリックはこれまでの顧客情報を渡す代わりに証人保護プログラムを用意するよう要求しますが、娘を心配したモリーがエリックを撃ってしまいます。ちなみにこの顧客のリストは、リズからレッドの手に渡りました。リズの推察通り、レッドはこのリストが欲しかったようですね。


また「内通者」ではないでしょうが、前回レッドに会いに来た「影社会の大物=アラン・フィッチ」(Alan Alda)の表の顏も明らかになりました


なんと彼はファウラーと同じ長官クラスの役人らしいのです!? そ~れでレッドに正体を明かさぬよう釘を刺していたのですね~。とはいえ、フィッチが裏で何をしているのかはまだ不明でやんすが


それ以外では、レスラーがオードリーと元さやになりそうなことや、トムがジョリーン・パーカー(Rachel Brosnahan)という自称写真家とデートに出かけたことを付け加えておきまする。オードリーもジョリーンも、特にジョリーンはかなり怪しい感じですが、レスラーはともかく、トム自身がめっちゃ怪しいので何とも言えないですよね~ここは


シーズン1は全22話だそうなので、ちょうどこの辺で折り返しですねブラックリストは続きを見るのが楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
ロン  
No title

こんさん
こんにちは😃

これは2話連続良いですよね😙
見終わると続きが気になります。2話見ると又来週って感じ丁度良いですね。

今回も色々集中して見ていたのですが、どうも私は人の区別が出来ず😅
オードリーも怪しそうでジョリーンも怪しいですよね。でも似たような雰囲気なので最初同一人物かと勘違いしてました。
プロデューサーの好みなのか、女性陣髪の毛色とか似てますよね。
判別困難な私には困ります。

来週も楽しみに集中して見ますね。

2017/11/18 (Sat) 18:04 | EDIT | REPLY |   
ロンさんへ  
実は私もです( *´艸`)

ロンさん、こんにちは~♪

今日は店じまいがちと遅くなってしまいました(;´∀`)。
でもそのおかげでロンさんのコメントを拝見して大喜びです(^^)/。

そうそう、実は私もなんですよ~。
オードリーとジョリーン、似てますよね~(笑。

一応キャストを調べて初めて違う人だと知り、
再度顔を見比べて確認した次第ですv-411

>プロデューサーの好みなのか

あはは~確かにありそうですね~( *´艸`)。

来週の放送も今から楽しみですね~。

どうぞステキな日曜日を!(^^)/ こん

2017/11/18 (Sat) 19:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.