2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ドクターX~外科医・大門未知子のあらすじと感想一はこちらからご覧いただけます: ドクターX~外科医・大門未知子 あらすじと感想一覧


ドクターX5の7話では「きんちゃん」こと原守が大活躍でございました。以下ネタバレのあらすじですドクターX5のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回未知子は、内神田会長の愛娘だという犬のナナを手術することになりました。ナナは癌に罹っていたそうですが、内臓脂肪がつき過ぎていたためにオペが困難となり、そんじょそこらの獣医には手の施しようがないと言われたのだそう


獣医の資格も持つ未知子は、通常とは違ったアプローチで手術に臨み、見事にこれを成功させました。喜んだ内神田会長の妻の小百合(戸田菜穂)は、早速霜降り肉を食べさせてお祝いだと喜びます。


肉好きな未知子なら、これを聞いたら「私にも食べさせて!私も霜降り肉食いたいっ!と手を挙げるかと思いきや、意外にも、そんな贅沢な食事ばかりさせているから病気になるのだと言い放ちます。さすがに未知子、相手が誰だろうと容赦しません


蛭間より数段迫力のある華ちゃんこと華子は、同じく権力者の妻、小百合の機嫌を取るべく大声で未知子を怒鳴りつけた上、次なる小百合の要求を聞き入れました。小百合の従妹の萌々香(小飯塚貴世江)が内気なために婚期を逃してしまったから、医局の独身医師の誰かと見合いさせてほしいというのです。


この白羽の矢が立ったのが原守でした。原は二つ返事でこれをOKして見合いに臨みましたが、そこに「元カノ」の(また)ナナことナナーシャ・ナジンスキー(シャーロット・ケイト・フォックス)が現れます。


マーさん!!


これは絶対「マッサン」を意識してのネーミングですよね~。マッサンよりマーさんのほうが間延びして聞こえるのも、原守のキャラにピッタリでしたね


アメリカ人のナナはロシアで守と一緒に働いていたそうで、その時ふたりは恋人同士だったのに、原はナナに振られてしまったのだそう。ナナへの思いはロシアに置いてきたのにどうして今さら!?


困った原が「神原名医紹介所」にやってきたシーンも楽しかった~。原はナナとはきっぱり別れて萌々香と再度見合いをするよう蛭間に命じられてしまったのです。もしそれでクビになったらここで雇ってもらおうかと思ったそうなのに「名医」じゃないため、あっさり断られてしまいます。きんちゃんは名医じゃないから


また、前回海老名が執拗に出張への「お供」に誘っていた博美は海老名の破格の提示額に負けて金沢に同行したそうです。原はその博美の代わりを務めよう(麻雀に参加しよう)としたらしいのですが、未知子が盛んに鳴いて發と中を集めていたのに、そこで白を捨てるようじゃ麻雀の腕もたかが知れてますよね医師としてのスキルも麻雀のスキルも大したことない(;´Д`A ```


その後(人間の)ナナも癌、しかも脳腫瘍だったことが判明します。ナナは、腫瘍が原因の手の震えでオペに失敗したため外科医を辞め、患者の側に立って初めて「患者に寄り添う原」を思い出して日本にやってきたのだとか。


ナナが原を愛していたことは間違いなさそうですが、それだけで会いに来たのではなく、たとえオペをして命が助かったところで、外科医としての再起は不可能と悟ったから、それならいっそこのままオペをせずに優しい原に寄り添ってもらって最期を迎えようと考えたらしい


そして原もそんなナナのために、ほとぼりが冷めるまでしばらく休暇を取れという蛭間の命令に従うことにしました。これが過ぎて戻ってきた暁には準教授にするとも約束されます。


でも未知子はそんなふたりを激しく非難しました。患者に寄り添っても病気は治せない!外科医の癖に命を諦めるの!?


原は最後の最後まで迷っていましたが、「日本の桜が見たいけれどそれは無理」と悲しそうな顔をしたナナのために立ち上がりました。原は蛭間の命令を無視して術前カンファレンスの席に乗り込み、ナナを手術させてほしいと訴えますナナを救うのが外科医の務めだ( `ー´)ノ


患者は生きたがっている。生きたがっている患者を救うのが外科医の務めだ!


未知子は自分もそのオペに参加すると手を挙げましたが、蛭間はそんなふたりに、手術をするなら解雇すると脅しました。「鳥井の乱」の後、情けなくも「謹慎をして東帝大に戻ってきたという鳥井は何とか蛭間をとりなそうとしましたが、何せ反乱の直後なため、強いことが言えません


手術は未知子と原の他に、森本と西山も加わりました。見学室には鳥井の他に猪又もやってきます。ああ見えて結構「外科医」としてのプライドは持っているのですよね~ふたりとも


手術は未知子の判断で「覚醒下」で行われました。こうすれば、ナナの命だけでなく「外科医生命」も救うことができるからです


これぞ患者のQOLを何より大切に考えた処置ですよね。未知子ほど、本当の意味で患者の心に寄り添ったオペをしてくれる医者はいませんよ


もちろんオペは大成功です。そしてナナは再度原を置いて帰国してしまいました。可哀想な原はこれからもまた森本ともに外科医として精進あるのみでござるね。ナナもそれを願って敢えて別れを選んだのでござりましょう


さて、お約束の「お支払い」ですが、蛭間は、今回ばかりはびた一文払わん!と強気でしたが、そんな蛭間に負けるような神原ではありません


ナナは、犬のナナ同様アメリカ医師倶楽部会長の令嬢だったそうで、常々この会長との親交を深めたいと願っていた内神田にとって、今回のナナ(人間)のオペ成功は願ったりかなったりだったのだそうです。情報通の「アキちゃん」は既にこれをウッチーに売り込んできたそうで


こうなっては蛭間に逆らえるはずもありませんね。むしろ喜んで1千万振り込ませていただくそうです


でも華子は、相変わらず萌々香の見合いのことで文句をつけてきた小百合に負けてませんでした。病院のことは夫たちのことであり、「部外者」である妻は口を出すべからずとお説教までしたようです原守への処罰~いたしません( `ー´)ノ


いやいやなかなか楽しかったですね~


今週は海老名不在でちと寂しかったですが、来週はまた戻ってくるようです。果たして博美は海老名の魔の手にかかってしまったのか?(ありえん)。予告では未知子と内神田がご対面~するようでしたが、そろそろ終盤ですから大波乱の予感もしますね


ドクターX5は続きもとっても楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.