2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

NHK朝の連続テレビ小説、【わろてんか】の第8週は「笑売の道」です。これもまた山あり谷ありで実に楽しかったですね~。以下ネタバレのあらすじですわろてんかのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


どんなにお客を呼んでも寺ギンに7割も搾取されてしまうため、藤吉とてんのもとにはほとんど金が残りません。キースと万丈目は寺ギンの目を盗んでこっそりネコババしようとしますが、それも寺ギンに読まれて取り上げられてしまいます。利益は申告制だったのですね~。


そこで亀井が良い考えがあると言いだしました。夏だというのに寄席の中で火鉢を焚き、あまりの暑さで客が帰るよう仕向けたのです。そうすれば次の客を入れられるという訳ですが、これはまたなんとも浅はかでしたよね


案の定、風鳥亭は暑いしいつも同じ出し物ばかりやっているという悪評が立ったため、客足はぱったり途絶えてしまいました


これまでは黙って見ていた啄子も、もはや引っ込んでいられません。ふたりを厳しく叱責し、自ら半纏を着て寄席に乗り込んでいきました。


啄子から「北村屋の家訓」を思い出すよう檄を飛ばされたてんは、1つ1つ地道に信頼回復に努める傍ら、持ち前の「才覚」で新規の客を開拓する方法を思いつきます


それが「冷やし飴」です。てんは、芸人のひとりから暑い時は冷やし飴に限るから買ってきてくれと2銭渡されたのをきっかけに、寄席で冷やし飴を売れば儲かると考えたのです。お茶は1銭だけれど冷やし飴なら2銭で売れる!


啄子はこれに、寄席の外でも売れば客寄せにもなると付け加えました。さ~すがは船場のごりょんさんです。雑巾を最後の一滴までしぼるように銭も絞りに絞るそうで


試行錯誤の結果、てんは氷をたくさん張った箱に冷やし飴の瓶を並べて転がし、道行く人に呼びかけました。ひや~っこいひや~っこい冷やし飴!


冷やし飴のおかげでいったん途絶えた客足も戻ってきました。その上啄子は、藤吉と栞というタダで置いてはもったいないイケメン二人を使ってサンドイッチマンまでやらせます。啄子は近所にいる女性客を呼び込もうとしたのだそうです。オトコマエに誘われたら断られへん


栞が、より一層大きな蝶ネクタイを締めていたのに大笑いしたのはおばさんだけでございましょうか


この啄子のアイディアに加え、栞の勧めもあって、藤吉とてんは、女性や子供向けに昼も寄席を開くことにしました


その一方で、来てくれたお客さんに気持ちよく帰ってもらいたいと考えたてんは、雨の日も晴れの日も客の草履をきれいに磨きました。啄子はそんなてんを大いに見直します


と、それなりに順調に進んできたところに、悲しい知らせがもたらされました。儀兵衛が亡くなってしまったのだそうです。


風太から話を聞いたてんの顔からは、さすがに笑みが消えてしまいました。既に49日も過ぎたから来ても仕方ないという風太に、てんは一目でいいから父に会いたいと涙をポロポロ流します


啄子はそんなてんに芸人は親の死に目にも会えないというがそれをどう思う?と問いかけました。黙ってしまったてんに啄子は、親の自分が死んでも子どもが笑っているなんて、もうそれは親の本望だと伝えます。


そこでてんは儀兵衛が最後に「おまえは笑てるのか」と尋ねたことを思い出しました。儀兵衛もまた啄子同様、自分の死を知らせるなと命じたのは、てんに笑っていてほしかったからだと気づきます


てんはその夜藤吉と一緒に客席に行き、いっぱいいっぱい笑いました。それこそが儀兵衛への供養だと信じたからに違いありませんね。そしてそれは決して間違っていなかったと思います。


翌日てんは風太を見送った後、北村屋の家訓を実行に移しました。10銭の木戸銭を半分の5銭にすればもっともっと人が増えて結果的には儲かると「算段」すると、これに皆がこぞって反対したのを聞いた啄子がてんの背中を押してくれます。誰もやってないことをやることが「才覚」や


藤吉はこれを受けて寺ギンに、これまでの倍の売り上げを挙げることができたら、儲けを5分5分にしてほしいと申し出ました。そんなことはできるわけないとタカをくくった寺ギンはあっさり承知してくれます。


客足は予想以上に伸びたため、風鳥亭はすぐにてんてこ舞いの忙しさとなりました。もう人を雇わなければやっていけないというところに、トキが藤岡屋を辞めてやってきます


啄子は、戸惑っているてんをしり目に、渡りに船とトキを雇いました。そしてトキもまた、てん同様商売の才能を発揮します。トキは客席の座布団を小さくすればよりたくさんの客が座れる、塩辛いものを販売すれば冷やし飴がより売れる、と指摘したのです


こうして藤吉とてんはついに売り上げを二倍に伸ばしましたが、渋ちんの寺ギンは、6分4分にしか挙げてくれませんでした。それでもふたりは風鳥亭の1周年記念講演には、儀兵衛に借りた金もキッチリ返却できたそうです。儀兵衛の遺影を持って祝いに駆けつけてきたしずは、客席でその遺影とともに大いに笑っていきました


そして啄子は、てんの努力を大いに評価し、北村屋の家訓その4として「人は財なり=人財」という言葉を掲げ、免許皆伝を与えます。もちろんふたりの結婚も快く認めてくれました


ふたりはすぐに祝言をあげ、風鳥亭を会社組織にして「北村笑店」と名付けたそうです。


これですっかり満足した啄子は、もはや自分の役目は終わったと、ひとりでアメリカに行くことにしました。アメリカに知人がいるそうで、海の向こうでもう一旗揚げるつもりなのだそうです


あんたらも気張りなはれや


てんは、これからは啄子に代わって藤吉を厳しく仕込むと笑いました。どうやら来週はその言葉が現実のものとなるようで?


そうそう、隼也(しゅんや)という子どもも生まれたからにはいつまでも優しいばかりではいられませんからね。おばさんはこれからも目いっぱいてんを応援していきますよ~てん、頑張れ!( `ー´)ノ



ごりょんさん、頑張れ!

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
オッキー  
ご無沙汰です!

こんさん、こんにちは。お久しぶりです。

『わろてんか』、なんかいろいろ曲がりながらも文鳥師匠が出てから、方向性が見えてきて、楽しみになってきました。また、こちらでの感想を楽しみしております。

藤吉を今後どういかすかが、このドラマの分かれ道かなと思ってます。

2017/11/30 (Thu) 16:05 | EDIT | REPLY |   
オッキーさんへ  
面白くなってきましたね♬

オッキーさん、こんにちは~♪

わろてんかも面白くなってきましたよね~。
そうそう、文鳥師匠がまた良かった(^^)/。

今の藤吉は事業のことしか頭にないみたいですが
今後はどんな事業家になっていくのでしょうかね~。

またどうぞよろしくお付き合いくださいませね~(^◇^)。こん

2017/11/30 (Thu) 17:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.