2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】の35話はまた新たな展開が望めそうでなかなか面白かったですね~。以下早速ネタバレのあらすじですオクニョのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


オクニョは濡れ衣を着せられたチョンドクを救おうと東奔西走していました。が、捕盗庁の調べによると、チョンドクに不利な証拠ばかりが次々と出てきたそうです


お~のれ~それもまたミン・ドンジュの仕業かっ!どこまでも卑怯な奴めっ!


と思っていたらそうばかりとも言えず、チョンドクもまた疑われても仕方ないような行動をしていたことが判明します。チョンドクは殺されたチン・スミョンの賭場に足しげく通って借金までしていた上、そのスミョンを釈放した後ふたりで素素楼へ行き、派手な喧嘩をしていたのだそうです


その喧嘩の理由はスミョンがオクニョをモノにしたいと嫌らしげに語ったからで、チョンドクが怒るのも当然=まtったく非はないのですが、役人からしたら、それが原因で殺した、と短絡的に考えるのも無理ありませんよね


そこでオクニョはチョンドンに命じ、スミョンの「裏帳簿」を探させました。スミョンは事あるごとに、自分はチョン・ナンジョンの金庫番だと吹聴していたらしく、裏帳簿を手に入れれば何か分かるに違いないと考えたのです。


その推理は見事に的中していました。やはり、ミン・ドンジュはスミョンと結託し、ナンジョンに内緒で賭場の儲けをくすねていたのだそうです。スミョンが捕まってこの事実の発覚を恐れたトンジュはデシクを利用し、スミョンを牢から出してすぐに始末させたのだそう


賢いオクニョなら、チョンドクが見つけてきた裏帳簿からその辺のからくりも見抜くに違いありませんね


またオクニョは人殺しなどの役目を果たすのはトンチャンに違いないと目をつけ、その行動を見張らせました。これまたオクニョが見抜いた通り、トンジュはトンチャンに後始末を命じていたようなので、この辺からも足がつくかもしれませんね


一方でオクニョは、またしても大妃に呼び出されました。そこでオクニョはついに大妃から真相を聞き出します。あの髪飾りは中宗から寵愛を受けた証だ


たまたま大妃を訪ねてきていたナンジョンは、オクニョが大妃と何を話したのか気になって探りを入れてきますが、逆にオクニョから、スミョンのことを聞かされて愕然としたのは楽しかった~


そんな大切なことをどうして私に知らせないのだっ!


ナンジョンから厳しく問い詰められたトンジュとマッケはこれを何とかごまかしましたが、それで騙されるナンジョンではありますまい


一方、朝廷改革に乗り出したジホンは明宗に「昭格署の廃止」を提案しました。あ~そうそう、確かチャングムの誓いでも、当時の大妃(貞顕王后)が、中宗が趙光祖の言いなりになって昭格署を廃止させて以来自分を軽んじてばかりいるとハンガーストライキをしたのでしたっけ


それなのに中宗の死後復活してここに至っていたのですね~。昭格署は自然を重んじる道教が基本理念らしいので、理性を尊ぶ儒学者からは仏教同様敬遠されていたようです。


またカン・ソノはイ・ミョンホンを探しに出かけたようですが、なかなか苦戦しているようです。


そしてテウォンはチョンドクが冤罪で捕まったことを知り、外知部(ウェジブ)という今でいうところの弁護士ならチョンドクを救えるかもしれないとオクニョに教えてくれました。が、その外知部は大分前に皆都から追放されたらしく、オクニョは自らその外知部になると決めたようです


なんとまあ今度は「弁護士オクニョの誕生!」ですか。これまた楽しくなりそうですね~


それ以外では、チョングムがついにウォニョンと枕をともにする気配です。も~この辺は関心がないのでどーにでも好きなようにしてくれ、で感じでやんすが


以前は、特に時代劇はがっつり骨太ドラマしか見たくなかったものだけれど、こうして安心して見られる時代劇も良いものですね。続きもとっても楽しみです


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.