2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

カン・ジファンさん主演の韓ドラ、【モンスター~その愛と復讐~】も昨日放送の第5話まで視聴しました。ようやく面白くなってきたというのに、今日の録画に失敗していたことが判明し、ガッカリしてしまったおばさんです。仕方ないので、今日はアマゾンさんにお世話になるしかありません


以下はとりあえず3~5話の簡単なネタバレです韓ドラモンスターのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


チェリョンに再会したグクチョルは、MK2変種ウィルスの血清と引き換えに彼女の助けを借りることになりました。公式サイトの情報(人物相関図)によると、チェリョンは「秘密防衛産業組織」のロビイストなのだそうです。仲間にはチャウ(コ・ユン)がいて、ふたりともジョンウンは死んだと思っていたようですが、グクチョルには話せなかったようです。


グクチョルは渡米して目の手術受け、「カン・ギタン」として生まれ変わりました。以下、ギタンと呼ばせていただきますね。


ギタンはわずか2年でスタンフォード大学を卒業し、韓国に戻ってきました。その後図々しくもジスと再婚したらしいイルジェはトドグループの未来戦略事業部の法務チーフになったそう。この異例の出世はトドグループ会長のト・チュン(パク・ヨンギュ)がイルジェを家族として認めた証なのだそうです。


イルジェは義兄となったファン・ジェマンの選挙活動も支えたそうですが、どう見てもト・チュンと対等とは思えないジェマンの出世がイルジェの後押しをしたとは思えませんよね。やっぱり、イルジェがギタンの両親を殺したのはト・グァンウに命じられたからで、スド医療財団をトドグループに捧げるのが目的だった可能性が高そうです。


そのスド医療財団を売却して得られた500億ウォンはイルジェが無記名債権にしたそうです。当然ギタンはこれを取り戻そうとしていて、チェリョンはギタンに協力する代わりにその3割を要求していたようです。


ギタンは早速「復讐」に乗り出すべく、敵の懐ど真ん中に飛び込みました。トドグループの未来戦略事業部の試験を受けに行ったのです。


そこでギタンはふたりの人物に出会いました。ひとりは、渡米後もずっと捜していたジョンウン(ソン・ユリ)、そしてもうひとりは、ト・チャンもその存在を知らない彼の隠し子、ト・ゴヌ(パク・ギウン)です。


まずジョンウンですが、ギタンは最初、その特殊な聴力でジョンウンに気づくのですが、ジョンウンがオ・スヨンと名乗ったため、自分の勘違いだと思い込んでしまいます。いっそあそこで名乗ればよかったのに、韓ドラの神様は、なかなかそうさせてはくれません


ジョンウンがトドグループを受けようとしたのは(既に2回挑戦して落ちているらしい)弟と暮らす生活費を手に入れるためです。弟の面倒は自分が見ると、亡き父ジュンラク(キム・ミョンス)に誓っていたようです。


またゴヌはト・チャンの愛人が産んだ息子らしく、これに嫉妬したト・チャンの正妻でジェマンの妹、ファン・ギシャ(キム・ボヨン)がひそかにアメリカに追放したらしい


この事実を嗅ぎつけたイルジェはゴヌを韓国に連れ戻し、自分の「持ち駒」として使うことにしたのだそうです。まずはゴヌを未来戦略事業部に入れてその優秀さをアピールし、ト・チャンに会わせようとしているようです。まあグァンウが相当アホですからね、ト・チャンが他に後継者をと考えるのは時間の問題でしょう


3人とも試験には合格し、研修を受けることになりました。ジョンウンあらためスヨンの成績はひどいものでしたが、ギタンはトップクラスでゴヌのライバルと目されたため、イルジェから濡れ衣を着せられて追い出されそうになります。


が、そこはあらかじめ用意していたのか、ギタンは既にチェリョンを通してギシャを味方につけていたのでなんとか事なきを得ました


また研修生の中には、国家情報院のスパイ=ユ・ソンエ(スヒョン)も潜り込んでいるようです。トドグループでもスパイがいることには既に気づいていたようですが、その正体までは気づかれていません。


その後研修の一環として、トドグループ内のトド電子が係争中の相手=ククトン電子に控訴審で勝つ方法を見つけるという課題が出されました。イルジェには既に勝算があり、その方法をゴヌに伝授します。これまでも入社試験を初めとする筆記試験は皆回答を渡していたのです


それに気づいたギタンは、何としてもこの課題でゴヌを出し抜こうと奔走しました卑怯者めっ!( `ー´)ノ


その結果、ああ見えて根性だけは人一倍のスヨンや、さすがにできる女のソンエとも協力し、決定的な証拠を掴みます。トド電子の特許に関する秘密文書をククトン電子に渡したスパイ=オ・スンドクを捕まえたのです。もちろんそれにはギタンの類まれなる聴力も大いに寄与しています


その上ギタンは、研修担当の教官=ムン・テグァン(チョン・ウンイン)にイルジェとゴヌの不正も報告しました


~いつもは悪役が多いチョン・ウンインさんがなかなか良い役なのもひそかに嬉しかったりします


それ以外では、何をやらせても劣っていたスヨンが料理の腕だけは「最高」なのに対し、他はすべてが完璧で常に冷静なのに、料理だけはからっきしできないソンエがまたなかなか魅力的でございました


さ~て今日はどうなったのか、これからアマゾンさんにお世話になります。続きもとっても楽しみですkaeru



最近は困った時のAmazonPrimeです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.