2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ファンタスティック~君がくれた奇跡~】は4話と5話を視聴しました。6話はレコーダーの不具合により録画できなかったので、これまた後でアマゾンさんにお世話になる予定でござる


以下ネタバレの感想ですファンタスティック~君がくれた奇跡~のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ジュンギに恋人がいると勝手に思い込んで落ち込んでいたソヘでしたが、そこはおばちゃん、虚勢を張って明るく病院を訪れました。ジュンギはそこでも女医と親し気に話しています。しかもその女医はジェイミーという乳がん専門の医師なのだそう。


ソヘが思わずジェイミーの胸元を見ちゃう気持ち、わかりますよね。相手は若くてキレイで、しかも健康な女医なのです


ジェイミーの診察を受けたソヘは乳がんの肺転移に効果が期待できる治験薬を勧められました。ソヘは実験台にはなりたくないと断りますが、治療中のQOLは確実に上がると勧められます。


これからはどう生きるかも重要でしょう?


決して良くなるとは言われないのもまた辛いところですよね。死は誰にでも平等に訪れるし、たとえ健康な人間でも事故や天災で死ぬこともあるのだからと頭では理解できても、心が納得できません


ソヘはなんとか気分を変えようと、雨の中傘もささずに帰宅したのが悪かった。ソヘはこれで肺炎を起こし、自宅で倒れてしまったそうです


ガンなどの重い病気にかかった場合、患者が抱える苦悩がまた深刻なストレスとなって、それでなくても落ちている免疫力を低下させ、病気の進行に拍車をかけるのも問題です。それにソヘはひとり暮らしなのでああして倒れても誰にも気づいてもらえません。


そこへたまたまシツコクうざったいヘソンが何度も電話をしてくれた、しまいにはドアの前まで押しかけてきたのですが、ソヘは苦しすぎてスマホを手に取ることさえできません。こういう時はやっぱり誰かの力を借りないといけませんよね。ヘソンは無理でも、アシスタントのサンファには事情を話せたら良いのに。


が、事情を知るジュンギがようやくこの状況に気づいてくれて助かりました。もうろうとする意識の中、ジュンギの顔はでもヘソンのそれに見えたようです


病院で目覚めたソヘは、これが地獄の始まりなのだとジュンギに語りました。こうして少しずつ死に向かっていくのだ、と


覚悟を決めたソヘは病院を抜け出し、ミソンを誘って思いっきり派手な買い物に繰り出しました。またしても出てこれないソルのためには革ジャンを贈ったそうです


ふたりでドレスをたっくさん買った後は脱毛ワックスにもチャレンジしました。美容院でネイルまでして全身コーディネートしたソヘは、そこでヘソンに遭遇しますが、それでますます苛立ってしまいます


どうやらヘソンはかつてソヘに内緒でジンスクの事務所と契約したらしいのです。それを知って怒った監督を何とかなだめようとして、ソヘはわざとヘソンの悪口を言ったのだとか。その悪口をヘソンが聞いてショックを受けた、ということらしい


ヘソンがどうして勝手にジンスクと契約したのかはまだ不明ですが、それにもきっと深い(浅い?)理由があったのでしょうね。ヘソンは確かに単純でマヌケだけれど、自分を最初に評価してくれたソヘを理由もなく裏切るような不誠実な人間には思えません


ソヘは、ヘソンを置いて店を飛び出して向かったクラブで、以前ジュンギと一緒にいた女性とばったり出会いました。ソヘは、男連れの彼女を非難がましい目で見ましたが、実は彼女がジュンギの妹だったことが判明します


逃げ出した患者がここにいるわ、お兄ちゃん


ジュンギが駆けつけた頃にはすっかり酔っぱらっていたソヘは、今日一日思いっきり贅沢をしたのだと明かしました。脱毛ワックスまでしたと恥ずかし気に打ち明けると、ジュンギは、抗がん剤を始めたらどうせ抜けるのに、と教えてくれます


女王になりたかった。そうすれば家臣が皆一緒に死んでくれるのに


ひとりで死に向かうのが怖いというソヘを、僕という仲間がいる、とジュンギが励ましました。そんなジュンギに、ソヘは付き合ってくれ、とも迫ったそう


その後ソヘは仕事で平昌へ行くことになりました。そこはどうやらヘソンとの思い出の土地らしく、ロケ地がそこに決まったのも、ヘソンが手をまわしたようでしたね。なんだかんだ言って、ヘソンはソヘに未練たっぷりなのです


ロケ地では、ソヘが崖から落ちそうになったのを体を張って一緒に落ちてくれたり~下には大きなクッションマットがあって幸いでした、その後ソヘが、かつて二人で泊まった山荘に行くと、それをひそかにヘソンがサンファから聞き出して後を追ってきたりと、ラブコメらしい楽しいシーンも見られました


ヘソンはずっと1年に一度はこの山荘を訪ねて世間に宣伝までしてくれているそうです。いつぞやはおばあさんも連れてサンチュを植えて行ったこともあったのだそう。あの顔ハメ看板には大笑いでした。隣の女性の元写真はソヘですよね?


そのヘソンが、もう大根と呼ばれたくなくて演技を習っていたのも可笑しかったですね~。たくさんのサイムダンを積まれたので嫌とは言えない先輩役者が、その下手くそぶりを目にする度に、札束を返したい衝動に駆られているらしいのも楽しかった。しかも、本人は上達したと思い込んでいるんですからね


一方、相変わらずの鬼家族に虐げられていたソルにも春がやってきます。ソルは偶然知り合った新米弁護士のキム・サンウク(ジス)とすっかり意気投合し、バイクであちこちに出かけるようになったのです


このサンウクがまた実に可愛いですね~。キレイでカッコいいソルにすっかり憧れて、ソルのバイクを預かった上、雨に濡れてはいけないと部屋まで運んでくれたのだそう


ただ、このサンウクの上司がバカ亭主というのが難ですね。今はその外面の良さに騙されてジンテを尊敬しているサンウクが、その本性を知ってソルをさらってくれたらいいのに。あ、ちゃうちゃう、オトコマエのソルならきっと自分で三下り半を突き付けて逃げ出しますねソルがカッコいい(^^)/


深刻な病に侵されながらもどこかすこーんと底抜けに明るいソヘと、見たまんま明るいヘソンがもうす~っかりお気に入りの「ファンタスティック~君がくれた奇跡~」は続きを見るのが待ち遠しいです



最近は困った時のAmazonPrimeです



ファンタスティック~君がくれた奇跡~ DVD-BOX1&2

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.