2018/01
<<12  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

カン・ジファンさん主演の韓ドラ、【モンスター~その愛と復讐~】もようやく8話まで見終わりました。単にギタンの復讐のみならず、このトドグループでの研修の課題がスパイ活動みたいで楽しかったですね~


以下ネタバレのあらすじですモンスターその愛と復讐のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ギタンは、ククトン電子のスパイ、オ・スンドクを法廷に引きずり出して見事、トド電子を勝訴に導きました。グァンウは、土壇場に追い込まれたイルジェをとことん非難する一方で、その当てつけにギタンをべた褒めします


が、ギタンはそこで、すべてはイルジェの指示によるものだったと偽りました。せっかくイルジェの鼻を明かしてやったのに~と思うものの、まだ正社員にもならぬ序盤でイルジェを怒らせてもロクなことはないと思ったのでしょうか


こうしてギタンを初めとするゴヌやソンエ、そしてスヨンも見事海外研修の権利を勝ち取りました。彼らの課題はまたしても実践です


どうやらトド製薬が輸出していた薬の偽造品が出回っていたことが発覚し、株価が暴落したことから、その偽造薬を作って儲けているマイケル・チャン(チェン・ボーリン)に接触し、その偽造工場を突き止めるというのが課題らしい


チャンが麻雀好きだという情報から、こうした場合のお約束、ハニートラップも絡めての作戦がまた楽しかった


キレイどころを代表してソンエとスヨンがハニートラップに挑みました。スヨンの最初の扮装はそりゃあひどいものでしたが、それをギタンが見事にアレンジして(破いて)素敵な美女に変身させます。元はすっごく可愛いんですから当然ですわね


ふたりはチャンのタイピンを「監視カメラ付き」にすり替えるのが任務です。ソンエは失敗しましたが、スヨンは身体を張ってなんとかこれに成功しました。スヨンを心配したギタンとゴヌがボーイに扮してやってきたのも可笑しかったですね~


が、そうしてせっかく取り付けた監視カメラも、普段は負け知らずのマージャンに負けたことで熱くなったチャンがネクタイを外してしまったために役に立たなくなってしまいます。


ここでギタンが、さすがに中国で習っただけあって、いかさまなしでもチャンに大勝利したのには大喜びでした。大三元なんてすごいですよね~。さすが強運の持ち主は違いまするね


それでもチャンはスヨンの方を気に入ったらしく、ギタンもゴヌも一向に声をかけられず、スヨンがデートに誘われました。もちろん、ギタンとゴヌも見張りにつくのですけど、あまりに近づきすぎてチャンにバレそうになった時、ギタンがゴヌを抱きしめてキスしているように見せかけたのにも大笑い


と、ここらへんまではコメディとして楽しかったのが、その後は迫力を増していきます。なんとなんと、ゴヌがイルジェに命じられて、スヨンとギタンがトドグループの回し者だとチャンに教えてしまったのです。それでチャンがゴヌを信用するというのは単なる言い訳で、イルジェはなんとしてもゴヌに手柄を立てさせたいだけです


案の定、チャンはスヨンとギタンを捕らえ、ギタンに自白誘導材を注射しました。その結果、ギタンはほぼすべてを自白してしまいましたが、必死で精神の統一を図り、なんとか一矢報いようとします。ギタンはチャンもゴヌとその背後にいるトドグループのピョン・イルジェに騙されているのだと教え、自分はイルジェに両親を殺されたことでトドグループに復讐を誓っているから協力したいと申し出ました。


何せ自白誘導財を使っての告白ですから、チャンも信じない訳に行きません


そうとは知らないゴヌとイルジェが公安を連れて乗り込んできたのに、その公安にも既にチャンの手が回っていたのは実に楽しかったですね~。しかもチャンは、連行されるイルジェの前で、ギタンには手を出さぬよう命じたのです


その一方でギタンがムン・テグァンにだけ目配せしていたのもワクワクしました。ああきっとテグァンは既に報告を受けているのだろうな、と


チャンはイルジェたちトドグループが偽札を作ったと告発したそうです。中国で偽札は重罪だから、トドグループは大打撃を受けた上、イルジェたちは下手をすると一生出てこれないのだとかそのまんまでよかったのに( `ー´)ノ


チャンがギタンに礼をしたいと申し出ると、ギタンは早速偽造薬のビジネスを任せてほしいと切り出しました。が、チャンはとても用心深く、ギタンをイルジェに会わせてその腹を探ろうとします。両親を殺されたのなら、良い機会じゃないか


ギタンはその優れた聴力を使ってチャンが自分を試そうとしていることを知り、大芝居を打ちました。ギタンはイルジェに面会し、お前に両親を殺された、と言ってのけたのです。でも~名前が違ってましたね。きっとあらかじめ別人の名を調べておいたのでしょうね~


チャンはこれですっかりギタンを信じ込み、偽造薬工場に連れて行きました。もちろんそこには中国公安が乗り込んできます。ギタンは、チャンを監視していた時に同じようにチャンを見張っている人物を見つけ、彼が公安だと突き止めていたのだそうです。いやいや実に楽しいですね


チャンはすぐにギタンが裏切ったと気づき、彼に銃口を向けました。ギタンはこれを奪ったのに、チャンを逃がしてしまいます。


欲しいものは手に入った、ゲームは公平にしないといって


となると~チャンはまた登場するかもしれませんね~。チェン・ボーリンさん、なかなかオトコマエなので、是非また出てきてほしいですね


さて、こうしてギタンはついにトップでトドグループへの入社を許可されました。ちなみにスヨンを初めとする海外研修に参加した全員が一応は入社を許されたようです。でも、トドグループの中でも花形らしい秘書室に配属されたのはギタンとソンエだけです。しかもその秘書室長はテグァンだそう


一方のイルジェは昇格どころかすっかり形無しです。しかも、この間、ギシャとジスの話を立ち聞きした執事のコン・ボクシン(ソン・ギョンチョル)が、かつてのト・チュンの愛人のユン・ジャヨン(キム・イェリョン)に息子がいたとト・チュンに明かしてしまいます。


どうやら当時、ジャヨンが追い出されたのは、ジャヨンがト・チャンの部下と浮気した、とコン執事とギシャがでっちあげたからなのだそうです


コン執事は、当時はそれがトドグループのためだと思ったけれど、まさか子どもがいたとは知らなかったと謝罪しますが、あにはからんや、ト・チャンはそんな話は聞かなかったことにすると言い切りました。その頃イルジェはゴヌをト・チャンに会わせようとしていたようですが、とんだ勇み足となってしまいましたね~。ト・チャンがゴヌの存在を認めないなら、今までの苦労は水の泡です


こうなったら、ゴヌがいないと困る状況を作り出さねばならんでしょうな。となると狙われるのはグァンウでしょうかね


一方、今回はジョンウンがなぜスヨンとなったのかも明らかになりました。(とはいえ、おばさんが見逃していただけかもしれません


ジョンウンの父が亡くなった時、ウィルスの犠牲となった人々の遺族が大勢押しかけてきたのだそうです。おそらくはそれで損害賠償を請求されたのか、他に借金があったのかは分かりませんが、その後火事に遭ったジョンウンは、同じ火事に巻き込まれて死んだスヨンの遺体を「ジョンウン」と証言して入れ替わったのだそう。


今回はギタンもこれをチェリョンから聞き、ジョンウンの墓参りをしてその死を悼みました。


あ~これでまた真実が遠くなる~とヤキモキしていたら、スヨンがチェリョンにばったり遭遇しました。そうそう、ギタンがジョンウンに気づかないのは、ジョンウンの顔を見たことが無かったからなのですよね。さすがのギタンも、声だけでは確信が持てなかったようですが、チェリョンは顔を知っているから(だいぶ変わってますが)、すぐにジョンウンと気づきました。もちろんスヨンも同様です


さ~てこの辺はどうなるかな。


一方で、ギタンがトドグループの問題児、ト・チャンの娘のシニョン(チョ・ボア)のお守を頼まれました。昔のギタンそっくりの生意気なク〇ガキのシニョンを、ギタンが軽々とあしらうのがまた楽しいですね~。となると、シニョンはギタンに恋するようになるんかな


それ以外では、トド化学の問題なども浮上してくるようです。夫のパク議員がトドグループに殺されたと疑っているチェ・ジヘ(イ・アヒョン)が、ホスピスでボランティアをし、司法解剖の同意書を貰おうとしているところを見ると、おそらくは薬害だったりするんでしょうかね


モンスター」は回を重ねるごとに楽しくなってきましたね~。来週の放送も楽しみですね


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.