2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

先に生まれただけの僕 第9話 あらすじと感想 求む転籍、求むシリーズ化っ!

櫻井翔さん主演のドラマ、【先に生まれただけの僕】もいよいよ9話となりました。これまた実に面白かったですね~。随所でうんうんと頷き、最後は思わずこう叫ばずにいられませんでした。(


以下ネタバレのあらすじです先僕のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは気になっていた「サプライズですが、前回の予告で見たシーンは、単にちひろの「妄想」だったようです。レストランの店内で、店員やお客まで総動員して踊り出した先頭には鳴海がいて、華麗なダンスを披露した後のプロポーズ、はちひろにはバッチリイメージできていたのだそう


最後に指輪を差し出す相手は、本当は自分であってほしいでしょうに、そんな気持ちを押し殺してわざと明るく振る舞うちひろって、本当に良い子ですよね~。う~ん、やっぱり島津にはもったいない


鳴海もあの後一応指輪だけは(1か月分で)購入していたようで、あとは渡すタイミングを待つばかりだったというのに、あろうことか、しびれを切らした聡美から別れを切り出されてしまいます


あ~れはでも当然と言えば当然ですよね。だって聡美はロンドンから帰ったばかりだというのに、そしてわざわざ鳴海のために食事を作りに来てくれたのに、いくら忙しいとはいえ、その顔をロクに見もせずに仕事に熱中しているのですもの


これが夫婦だったら聡美もそう不満には思わなかったかもしれないけれど、何せ聡美は今、ちひろのことで大いに不安になっているのですよね。聡美が、無くしたと思っていたアパートの鍵があったけど、鳴海に合鍵を渡しておく必要があるのか、と尋ねた時も、鈍感な鳴海はその意図にまったく気づきません


鳴海に言わせれば、サト=聡美と自分は固い絆で結ばれているから大丈夫、というところなんだろうけど、それでは女の子は納得してくれませんよね。まだ若いし、しかも仕事でミスしちゃって落ち込んでましたし。本当ならそんな話もしたいだろうに、仕事の邪魔をしちゃいけないと黙って帰ったのですから


せめて聡美の作ってくれた食事が辛かったけどうまかった!と、聡美の前で言ってあげたらよかったのに、と思わずにいられません。言わなくても分かるだろう、は男の勝手な思い込みです


あ~ちひろも聡美も素敵な子だけに、ここはヤキモキさせられますね~ふたりと付き合う訳にはいかんし(;^ω^)。でも鳴海の気持ちは聡美で決まっているのでしょうね。その辺はきっぱり揺るがなさそうですし


これに絡んで、鳴海が京明館に残るかどうかも気になります鳴海の決断やいかに?。加賀谷は鳴海に樫松物産に戻るよう命じたのだそうです。京明館に残りたいなら「転籍」しろというのです(点滴してどないすんねん)。その上(樫松物産にいればそう簡単に首にはならないが)、京明館の校長は理事会の決定次第で解雇もありうると脅します


自分で追い出しておきながら、まったくはた迷惑な話でやんすが、加賀谷は鳴海が京明館の校長でさえなければ娘が京明館に行かないと思い込んでいるのですよね~。ふん、校長が代わってもやっぱり行きたいって言ったらどないすんねん。もしかしたら、これを恨みに一生口利いてもらえなくなるかもしれんのに加賀谷をぎゃふんと言わせてやりたい( `ー´)ノ


さ~て鳴海はどうするかな。冒頭でも触れたように、このドラマをすっかり気に入ったおばさんとしては「シリーズ化」を心から望んでいるので、となると、やっぱり鳴海には京明館に残ってもらわねばなりませぬ。とはいえ、大事なのは鳴海の気持ちですからね~最後は彼が望むように決断してほしいと思います


また、これまた気になっていた「バスケットボール部へのクレーム」ですが、案ずるより産むがやすしでございましたね。生徒たちの親が問題視したのは、遠征費として5万4千円も請求されたからなのだそう


それでも、子どもたちがバスケに夢中になっていることは心から喜んでくれていました。そうですよね~何せ偏差値44の高校ですから、毎日これと言って打ち込むことも無かった子どもたちが、たとえ部活動とはいえ何か一つのことに打ち込んでいる姿を見るのは、親として本当に嬉しいことだと思います


だから遠征自体には反対しないが、費用は一部負担とし、残りは学校で負担してくれという話なのです。


鳴海がこれに応じた途端、案の定、他の部活動の顧問たちからも同じ要求が出されました。うちの部も遠征させてください!!


金のことはなんとかなるとしても、鳴海が気になるのは「生徒たちの自覚」だったというのがまたいかにも鳴海らしかった。鳴海は、たとえ相手が子どもとは言え、「借金」をすることに変わりないのだから、生徒たちにもその自覚を持たせたいと考えたのだそうです


試合に一勝するたびに1万円返済したことにするとは実にうまいことを考えましたね。子どもたちもそれなら必死で頑張るだろうし、頑張った結果が勝利に繋がれば、ますます自信が湧いてくる。インターハイ出場も夢じゃないっ!!子どもたちの夢が膨らむ(^^)/


あ~この相乗効果がもたらすワクワク感を、鳴海は果たして諦めることができるのでしょうか?諦めないでほしいな


生徒の勧誘も教師が一丸となって(?)頑張っていたようですし~綾野の「サオリンブログ」も楽しそうだし~やっぱり是非続けて行ってほしいですね~先に生まれただけの僕をシリーズ化してほしい(^^)/


先に生まれただけの僕」はいよいよ来週が最終回です鳴海、辞めないでっ!!( ;∀;)

関連記事

コメント 2件

コメントはまだありません
ヒデ  

おはようございます。9話目も良かった✨
特にバスケ部を集めて話をするシーンは
良くて何度も見てしまいましたー😄
予告で大体の予想はついてしまったのが残念ですけど😅 最終回は90分拡大とかでも良かったかもですねー

2017/12/11 (Mon) 07:34 | 編集 | 返信 |   
ヒデさんへ  
最終回、楽しみですね♬

ヒデさん、こんにちは~♪
いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます。

今回も良かったですよね~。
バスケ部、勝てるといいですね~。

終わってしまうのが残念ですが、
最終回を楽しみに待ちたいですね(^^)/。こん

2017/12/11 (Mon) 16:59 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ