2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

This is Us~36歳、これから あらすじと感想 第11話 戸惑い

This is Us~36歳、これからのあらすじと登場人物はこちらからお探しいただけます: This is Us~36歳、これから あらすじと登場人物一覧


This is Us36歳、これから】の第11話は「戸惑い」、原題は「The Right Thing to Do」(正しいこと)で、ケヴィンがオリヴィアに言ったセリフのようです。


しばらくお休みをいただきましたがようやく語りだせそうです~最終回までに追いつければよいのですが。ちと厳しいかな、これは大事にゆっくり語らせていただきたいドラマの一つなので。


以下ネタバレのあらすじですThis is usのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回の「過去」は、ジャックとケイトが「三つ子」を授かったと医師から知らされた時のことです。ジャックとケイトは単にお腹の子どもの性別を教えてもらえると思っていたのが、思いもよらず「三つ子」だと聞かされて、すっかり戸惑ったのだそう。生活に余裕のないふたりが3人もの子どもを育てるなんて、最初は目の前が真っ暗になるのも当然です


ケイトの主治医のシュナイダー医師(Michael Albala)~お産の時に虫垂炎を起こした間の悪い彼が、オフィスでくつろいでいたカタウスキー医師にこの事を話すと、カタウスキー医師が、自分の患者でなくてよかったとジョークを飛ばしたのが印象的でした。まさに縁は不思議なものでござりまするね


困り果てたケイトは追いつめられたあまり、母、ジャネット・マローン(Elizabeth Perkins)の嫌みを我慢してもしばらく同居しようというその提案を飲もうとしました。が、ジャックは、ケイトが自分に気づかれぬようこっそり泣いていたのを見て、自分こそ我慢をするべきだと決意します。これまたケイトに内緒で、おそらくはずっと疎遠だったに違いない父のもとを訪ねて借金を申しこみました。


ジャックの父、スタンリー・ピアソン(Peter Onorati)はかなりの暴力亭主だったらしく、ジャックは母のマリリン(Laura Niemi)から、決してあんな風にはなるなと言い含められていたのだそう。


スタンリーが、ギャンブルの借金と決めつけてこれみよがしに嘲るのをじっと我慢しているジャックがまた実に健気でしたね。お前の母親も金遣いが荒かった。お前も同じだYou know, your mother was bad with money, too.


それでもスタンリーはかなりの金を融通してくれたようで、ジャックはその金で新しい家を購入することができました。その家は以前からジャックが仕事で改装していた家で、たっぷりお金のかかったとても住みやすそうな家だったそうです


レベッカは驚きながらもようやく笑顔を浮かべました。広々とした空間のその家でなら三つ子も育てられると自信が湧いてきたようです。


そしてその三つ子は今、またしても苦難に見舞われていました


ケヴィンは、ようやくスローンとの稽古も軌道に乗ってきたところに、またオリヴィアが戻ってきます。オリヴィアは、ケヴィンに「空っぽ」と言われたことがショックで、自分探しに出かけていたのだそうです。


誰もが自分を待っていたと疑わないオリヴィアでしたが、ケヴィンは、悩んだ挙句、「librarian sexy」な(図書館の司書的セクシーさを持った)スローンを選びました


ちなみにオリヴィアもイギリス人である故にこの手のセクシーさを生まれながらに持ってるそうです。この話を聞いたランダルが呆れるのも無理ありません


その時のケヴィンの台詞が副題となった「The Right Thing to Do」です。そうすることが正しいと思う~でもそんなことを聞かされて喜ぶ女性はおりませぬ。案の定、スローンはすっかり落ち込んでしまったようです。


またケイトは、元さやになったトビーがいきなり倒れてしまったことにひどく動揺していました。しかもトビーは心臓に穴が開いているという心室中隔欠損症だったことが判明したそうなのです


担当のシング医師(Duncan Bravo)は強く手術を勧めましたが、トビーは投薬治療にすると言って聞きません。


怒ったケイトはトビーを責めて病室を飛び出しました


I don't feel like yelling at man with a heart condition right now. And you are an idiot if you don't think about repairing it. Said gently and carefully, to the man who has a heart condition that can surgically be treated.
心臓が悪い人に怒鳴りたくない。治そうとしないなんてあんたは馬鹿よ。(体のために)優しく注意深くいうわ。外科手術をすれば治る心臓病の人にはね。


これでトビーも覚悟を決めて手術を決意しました。ケイトに急ぎのメールを送って呼び戻したトビーは、ケイトを愛していると告白します。


Uh, well, I do have to worry about it, Kate, because the thing is, is that I'm kind of in love with you is the thing.
あ~、こうして俺が心配するのは、君を愛しているからだ


ケイトは喜びながらも、それが最後の別れになることを怖れて何も言うことができませんでした。しかもトビーはこんなジョークを言うのですもの


You got a dying man to confess his love for you.
君は死にかけている男から愛の告白をされたんだぞ


それでも手術は無事成功し、ケイトも思い切って自らの本心を告白します


I love you, too. Just an FYI.(=fot your information) I've never said that to anyone I wasn't related to. Listen, this is scary. This is all just scary, honestly. But I want to spend the rest of my life with you, Toby.
私もあなたを愛してる。参考までに言っておくわ。こんなこと、家族以外に言ったことはない。聞いて。私、怖いの。正直言って怖いだけ。だけど私の残りの人生をあなたと一緒に生きていきたい。


もちろんトビーに異論のあるはずはありません


I would totally marry you if that's something you're down with. I'd marry the hell out of you, Kate Pearson.
君さえその気なら、俺はもちろん君と結婚したい。俺は君と結婚するよ、ケイト・ピアソン。


トビーとケイトがお似合い( *´艸`)


さて最後はランダルです。ランダルは、ウィリアムがゲイだと知って以来、ずっと戸惑っていました。性的嗜好に偏見は持っていないはずなのに、このもやもやは何だろうと悩んでいたランダルは、ジェシーが現れてからのウィリアムの態度にも原因があるのではと考えたようです。ウィリアムがランダルたち家族と距離を置き始めたように思えたからです。


そんなに恋人が大事なのか?しかもゲイだなんて!?


でも、ウィリアムの本心は別のところにありました。ウィリアムは、現在使っている抗がん剤の効き目がないこと、副作用にひどく苦しめられていること、そして余命が長くないと察したことなどを憂慮し、ランダルたち=家族に迷惑をかけてはならないと、ジェシーに頼んで介護施設を探していたのだそうです。ジェシーはそういうことに慣れているから。


それを聞いたランダルがどれほどがっかりし、憤慨したかは言うまでもありません。


Look, this is your home now. You've lived in this home, and if it comes to that, you can die in it. You're not gonna be crawling underneath someone else's porch like some dog. I don't want to do this to you. I can take it.
いいかい、今はここがあなたの家なんだよ。この家で生きて、その日が来たらここで死ぬんだ。その辺の犬みたいに他の家のポーチに潜り込む必要などない。僕がそうしてほしくない。僕が看取るよ。


現在我が家でも母が癌で闘病中です。でも、健康であろうと病気だろうと、1日は平等にやってきて過ぎていくもの~大切なのはその1日をいかに楽しく充実させて生きるかだと今はしみじみ思います。今後ウィリアムが、心の底から生きていてよかったと感じられる毎日を重ねていけるよう、心から願ってやみません


This is Us~36歳、これから」~続きを見るのが楽しみです


誕生日(第1話)
運悪く見逃してしまっていた方へ~Amazonで各話話100~200円で配信していますよ~



This Is Us: A Guided Journal For All of Us~出版予定日は2018年2月13日~ただいま予約受付中です



音楽がまた本当に素晴らしい

関連記事

コメント 3件

コメントはまだありません
ロン  
トビー助かってよかった

こんさん
こんにちは😊
非常に寒いですが、こんさんもお母様も大丈夫ですか?
このドラマは本当に良いですね。
やっと1話見ました。1話を見ていないと色んな話がスッと入ってこなくて😅
やっと酸っぱいレモンジュースの話も心の中に入ってきました。
流れの中でこのセリフを聞くとグッときますね。
トビーも無事で良かった。
キャシーのbig Cもそうですが倒れて次回ってもう気になってしょうがないですね。

こんさんも少しずつドラマ見てますか?
私は今回日本のドラマは見ていないのですが、奇皇后見始めました。面白いですね。

キャシーのbigCはGYAOで見てますが、こんさん見るまで言いません。でも病気が病気なのでこんさんが見るのは辛いのかもと思ってしまいます。
私の母も癌で3年前に手術しました。手術は成功したのですが、高齢で大手術だったので、回復に時間がかかり本人もこんなに大変なら手術しなければ良かったと言っていましたう。
色々難しいですね。
こんさん大変だと思いますが、自分の身体一番にいたわって頑張って下さいね。

2018/01/25 (Thu) 14:05 | 編集 | 返信 |   
ロンさんへ  
おかげさまで元気です

ロンさん、こんにちは~♪

こちらも最強寒波のおかげでどっさり雪がふりましたよ~。
でもおかげさまで母も私もまずまず元気にしております。
お気遣いありがとうございますv-22

This is usは本当に良いドラマですよね~。
ようやく続きも見始めましたよ~。そのうち語ります。

奇皇后もなかなか面白かったですよね~スケールが大きくて。

キャシーのbigCも気になりますが、なかなかGyaoまでは難しいですね。

そうですか~ロンさんのお母様は手術をなさったのですね~。
そうそう、高齢になると外科手術の体への負担も心配ですよね。
どうぞお大事になさってくださいね。

ロンさんも風邪などひかれませんようくれぐれもご自愛くださいませませv-22。こん

2018/01/25 (Thu) 18:52 | 編集 | 返信 |   
ふくさんへ  
拍手コメントをありがとうございます

ふくさん、いつもブログをご利用頂きましてありがとうございます♪

そうですか~。ふくさんのお母様も療養中でらっしゃるのですね。

どうぞくれぐれもお大事になさってくださいね。
ふくさんやご家族様もお疲れが出ないようどうぞご自愛くださいませ。

おっしゃる通り1日1日を大切に~私もあらためて心に刻みたいと存じますv-22。こん

2018/02/07 (Wed) 14:43 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ