2018/04
<<03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>

オクニョ-運命の女 あらすじと感想 第37~44話 すっかりご無沙汰してしまいました

韓国ドラマ、【オクニョ-運命の女】もようやく44話まで見終わりました。前回が36話だったので、もうずいぶんご無沙汰してしまい、もう残すところもわずか7話となってしまいました。以下簡単にネタバレをまとめておきます。


とはいえ、実質的な進展はあまりなかったですよね~。最大のポイントとしてはオクニョはやっぱり翁主だったこと、ぐらいでしょうか。これは、かつてカビが慕っていたという内禁衛のイ・ミョンホンがカン・ソノに打ち明けたことで明らかになりました。


カビとミョンホンはふとしたきっかけから親しくなるのですが、その後かビが中宗の寵愛を受けたことで二人の恋は終わったそうです。ここでイム・ホさんはカン・ソノ役なんだけど、やっぱり中宗が出てくるとイム・ホさんを思い浮かべてしまいますよね~


その上カビは当時の世子暗殺の陰謀を知ったことから命を狙われることとなり、ミョンホンとともに宮殿を抜け出して逃亡生活を余儀なくされたのだそうです。日に日にお腹の大きくなるカビを、ミョンホンはどんな気持ちで見つめていたことでしょう。王様の寵愛を受けた時点で、カビもまた、ミョンホンにとっては主人となってしまったのでしょうか。


ウォニョンの放った刺客に追いつめられたミョンホンはカビを逃がした後もずっと命を狙われ続けていたそうです。カビは典獄署でオクニョを産んだ後亡くなってしまいましたが、ミョンホンはずっとカビとその子供の身を案じていたそうです。カン・ソノから話を聞いたオクニョがミョンホンに会いに行けたのは何よりでしたね


こうしてようやくオクニョの素性がハッキリしたわけですが、大妃やウォニョン、ナンジョンという強敵を倒すめどがつかないうちは秘密にしておこうということで、事実は伏せられることになりました。知っているのはカン・ソノとハン尚宮、そしてミン尚宮だけです。


そのミン尚宮はナンジョンを毒殺しようとしますが、すぐに気づかれて逆に捕まってしまいました。あ~んなにすぐに効果が現れる毒じゃダメですよね。毒殺するならもっとじわじわ効く毒じゃないと、すぐに解毒されてしまいます


拷問を受けたミン尚宮はついに、カン・ソノに助けられて生き延びたことやカビが典獄署で死んだことなどを自白してしまいました。何とかオクニョのことは言わずに済んだものの、ニブちんのウォニョンはともかく、勘の鋭いナンジョンが気づくのはもう時間の問題と思われます。もう既に例の髪飾りとカビを結び付けていましたからね


オクニョもなんとかナンジョンを倒すべく、商団の大行首としてミン・ドンジュを罠にかけ、ナンジョンを破産に追い込もうとしています。これはトンジュがうまく引っかかってくれそうで楽しみです


そんな折り、大妃やナンジョンからオクニョを守ろうと苦心惨憺していた明宗が倒れてしまいました。まだ若いのに心筋梗塞を起こしたそうです。


大妃はさすがに胸を痛めますが、ウォニョンとナンジョンは即、次の王を誰にするか画策し始めます。それが以前登場した徳興君の息子です。ちなみに徳興君はこちらもかなりの早世(29歳)で既に亡くなっていたそうです。


自分の中では中宗と宜祖はいろんなドラマで見てかなり知っていたつもりですが、その中間の知識がほとんどなかったため、ここにナンジョンが絡んでいたというのがまた新鮮な驚きでした。宜祖については良いイメージがほとんどないので、さもありなんな感じですが


明宗危篤の知らせを聞いたオクニョは居てもたってもいられなくなって明宗に会いに行きましたが妹であることを明かさぬまま逝かせるわけにはいかないというオクニョの切なる願いが届いたのか、明宗は辛くも意識を取り戻します。が、そこに大妃がやってくるようで?大妃が怖い( ;∀;)


一方、平市署の長官を辞めて外知部として働き始めたテウォンは、ナンジョンの従兄弟=チョン・マノを殺そうとして捕まったオンノムという男の子の弁護を引き受けました。オンノムが犯行に至ったのは家族ともども理不尽な目に遭わされたからですが、隊長にはナンジョンからの圧力がかかっているため、どんな弁護も通用しません。しかもテウォンは「弱者を救えない法」を批判したことから隊長を怒らせて投獄されてしまいます


ちなみにこの間、オクニョとテウォンは相思相愛だということが明らかになっていますが、純情なふたりのロマンス的な進展はまだありません


それ以外では、パク・テスがジホンに遺した明の皇帝からの勅書が明宗の窮地を救ったこと、チョンドクとユグムが結婚したこと、チョングムがウォニョンの子どもを身ごもったというのは医者の見立て違いだったということを挙げておきます。このチョングムのシーンはほとんどコントですわね


来週はナンジョンたちがカン・ソノ殺害のためにチュ・チョルギを遣わすようです。チョルギはオクニョの前にも表れたようですが?!


さ~て次回はどんな展開となりますでしょうか。「オクニョ~運命の女」は続きを見るのが楽しみですね


関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ