2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

anone ネタバレと感想 第6話 中世古が来りて笛を吹く

anone】の6話では中世古の「闇」が明らかになりました。いや~マジで怖かったです。以下早速ネタバレです瑛太さんの怪演がお見事!(^^)/


IT会社の社長を解任された中世古は、弁当屋でレジを打っていた時ある男に出会ったそうです。その男は二度やってきて、二度とも1万円札で千円以下の弁当を一つずつ買い、お釣りをもらって行ったそうです。


型通りの応対をしていた中世古がようやくその不自然さに気づいて男が使った一万円札を調べところ、見た目は本物そっくりでしたが、2枚とも同じ番号だったそうです


それが偽札だと気づいた中世古は、自分も偽札を作ろうと決意し、そのために林田印刷所で働くことにしたのだそうです。でも、素人がそう簡単に作れるものではなかったようです。


そこで中世古は社長の京介の力を借りるために、そのアキレス腱である玲と陽人を利用することにしたらしい


きっかけは、陽人が火事を出したことに中世古が気づいたことのようです。話が飛び飛びなので確実ではありませんが、多分、当時玲が一緒に暮らしていた男~もしかしたら陽人の父親かもしれない~が、その火事で亡くなってしまったそうです。


疑問に思ったことを何でも口にし、賢く好奇心の強い陽人は幼稚園の先生から嫌われて辞めさせられそうになったらしいのですが、陽人はその通知を母に見せたくなくて、ライターで火をつけて燃やしてしまったのだそうです。陽人は玲が京介から渡された亜乃音からの住所の無い手紙をライターで燃やしたのを見ていたのです


火事の原因は明らかにされなかったそうですが、中世古だけはピンと来て、誰にも言わないからと陽人を問い詰めたところ、陽人は「ライターしたけど熱かったからゴミ箱に捨てた」と打ち明けました。陽人は本来左利きだそうなのに、左手は使うなと命じられたために、この時も右手で「ライターした」のだそうです。


この会話を録音した中世古は京介に動画を見せてこう脅したそうです。陽人が事実を知ったら、人を殺した罪を一生背負うことになる。


京介は中世古を口止めする代償として、偽札作りに協力させられてしまったそうです


そして亜乃音もまた、中世古が玲の傘を持っていたことから、玲や中世古にふたりの関係を問い詰めますが、玲は中世古が妻帯者なのはとっくに知っていると言い放ち、中世古は、偽札作りに協力すればすぐにも玲と別れると言ってのけます。つまり、中世古が玲と付き合ったのも、すべては偽札作りのためだったのです


そうなると、幼稚園からの手紙も実は中世古の嘘で、わざと火事を出すように仕向けたのか?などと疑いたくなりますね


また今回は、京介は玲という子連れで亜乃音と再婚したのではなく、玲は京介が亜乃音を裏切り&浮気してできた子どもだということが明らかになりました。あ~だから玲はあんなにひねくれちまったのですね~。亜乃音みたいな良いお母さん、なかなかいないのに


でも亜乃音に対しては冷たい玲も、陽人には優しい母親なのに違いありません。亜乃音も言っていたように、陽人があれだけのびのびと育ったのは、玲がたっぷり愛情を注いだ証にほかなりません。口ではこの子のせいで苦労しているとは言っていたけど、それは意地っ張りのへそ曲がりだからでしょう


案外ハリカも、幼い頃は可愛がられていたのかもしれませんよね。だけど両親が不仲になるにつれ、その犠牲になっただけなのかもしれません。陽人が皆から変わり者扱いされた上に無視されているという話を聞いたハリカが過去の自分と重ねて涙ぐむ姿がまた何とも気の毒でなりませんでした


中世古から真実を聞かされた亜乃音は、京介同様、玲と陽人のためにその脅迫に屈することにしました。最初は猛反対したるい子も、亜乃音が決めたのならどこまでも付き従うと約束します。ハリカはあいかわらず彦星のために大金が必要ですし、舵も、多分自分が生きた証としてでっかいことをやってみたいと思っているらしい


その彦星ですが、今回彼にも救世主?=香澄茉歩(藤井武美)が現れたようでしたね?助けに来たよ、というからには、単なる見舞いではありませんよね


亜乃音やハリカが飛びぬけて純粋なだけに、対極にいる中世古がいかにもどす黒く見えますよね「犯罪者がする目」を見るのが嫌になったと語っていた万平なら、中世古を一目見ただけでそのどす黒さが分かるのでしょうか。のみならず万平なら、図らずも中世古の共犯者となったことでうしろめたさを抱え込んだ亜乃音の目つきにも気づきそうですいっそ気づいて止めて!( ;∀;)


万平はどうやら亜乃音と結婚まで考えているらしく、亜乃音も満更ではないらしいのに


また、前回亜乃音がハリカの前髪を切ってあげてましたよね。多分、美容師以外の他人に髪など切ってもらったことの無かったハリカは、それがどんな出来栄えであろうと気にしない~ただ単純に嬉しかったに違いないのですが、それを今回彦星に言わせるのがまた上手かった


普通の19歳の悩みは前髪がうまくできないとかいうもので、誰かの病気のことで悩んだりはしない。君の前髪のためにも僕は頑張る。あと1年は生きられるらしいから。1年は長いです。


ハリカならずとも何とかしてあげたいと思ってしまいますよね。それに「誰かの病気のことで真剣に悩むことのできるハリカ」は、若いうちから人生の儚さや尊さに触れてより深い人生を生きているとも言えますから、むしろそれはそれで幸せだとおばさんは思います


ドラマとは分かっていてもついハラハラさせられてしまう「anone」は続きを見るのが待ち遠しいです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ