2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

BG~身辺警護人~ネタバレと感想 5&6話 パシュート並みのチームワーク

木村拓哉さん主演のドラマ、【BG~身辺警護人~】の5話と6話を視聴しました


6話放送の日はちょうどオリンピックで日本女子パシュートが金メダルを取った翌日だったことから、報道ステーションの冒頭では、BGのメンバーも日本女子パシュート同様チームワークができてきたとまとめていました。単純なおばさんも思わずうんうん頷いちまいましたが


余談はさておき、この2話では島崎と村田、そして落合の過去が(たぶん)明らかになりました。以下簡単なネタバレですBGもまずまず楽しいよ~(^^)/


まずは島崎と河野純也(満島真之介)の因縁が明かされました。島崎は、空港で河野が落下事故に巻き込まれた時、河野より先に幼いふたりの子どもを助けてしまったのだそうです。島崎的にはとっさに彼らの方が河野より危険だと判断したからなのでしょう。現に子どもたちは島崎がいなければ死亡していたかもしれませんし、河野は、こう言っては何ですが、足を怪我しただけで済んだのだそうですからね。


とはいえ、海外クラブチームへの移籍を目前に大事な足を怪我したことで、河野は移籍を諦めざるを得なくなり、その後はずっと島崎を恨みながら堕落した生活を送っていたのだそうです。


終いには「犯罪者」になり下がった河野は、再びボディーガードとして働いている島崎に接触し、彼に警護をさせて海外逃亡を図ろうとしますが、島崎は懸命に河野に自首を勧めました。今度は絶対にそばを離れません!


つっぱってひねくれた態度を取っていた河野も、本心では、サッカー人生が終わったのは島崎のせいではないと分かっていたそうです。海外へ行くのが怖くて、足のけがを言い訳にしただけだと認めることができた河野なら、きっとまた立ち直れるに違いありませんね


そして村田は、かつて落合の先輩=SPだったことが分かっています。しかもどうやら落合の失敗をかぶってSPを辞めてしまったようです


村田はかつて丸腰の相手に発砲してしまったと島崎に打ち明けましたが、それは村田じゃなくて落合だったんですよね~きっと。それなのに落合は自分の非を認めず、ましてや村田への恩など微塵も感じていない様子でした。ま、これまた本心は分かりませんが


こうして少しずつメンバーの過去が明かされていく中、命懸けで任務にあたる彼らの結束が固まっていくのがまたええ感じどすな。最初は島崎を嘘つき呼ばわりしていた高梨も真実を知って、ようやく心を開いてくれます。とはいえ素直じゃないのは性格だから仕方なかね


それでも、飲み会の席で「誤差なしと言いながら取った写真は、なんとな~く不吉な予感をもたらしました。そしてその予感はどうやら的中するようなのです~次回、どうやら誰かが犠牲になるような雰囲気(思わせぶり?)でしたよね??


その次回のクライアントは、島崎の元妻の小田切仁美(山口智子)です。これってもしや、ロンバケを意識したキャスティングなんですかね~。おばさんもどっぷりロンバケ世代ですが、ああしてふたりが並んでいてもあんまりピンときませんでしたケド


それはさておき、仁美を狙っているのはいったい誰なのでしょうか。BGもいよいよ終盤ですね。続きもとっても楽しみですね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ