2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

【空港に行く道】 ネタバレと感想 10~15話まで

キム・ハヌルさん主演の韓国ドラマ、【空港に行く道】も順調に視聴中です。以下ネタバレの感想です空港に行く道のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ふたりがついにキスをして「三無関係」を破った時はどうなることかと案じましたが、そこは期待通り、踏みとどまってくれてホッとしました。相手を恋しく思えば思うほどふれあいやぬくもりを求めたくなって当然ですが、その気持ちのままに突き進んでも、その後に残るのは罪悪感ばかりですからね。スアやドウのように、本来誠実な人間なら尚更です。


その上、スアは、ジンソクとミジンの、過去のみならず「現在進行形かもしれない関係」を知らされてショックを受けてしまいます


あそこでスアが、娘のヒョウンのことにかこつけて(?)別居に踏み切った、しかもドウとの連絡をも一切絶ったのもそういうことではないでしょうか。ミジンのことばかりを言えない。自分もまたミジンと同じことをしている、とミジンの指摘は正しい


またドウもヘウォンの嘘に耐えきれなくなり、離婚を決意します。ヘウォンはドウとスアの関係に気づいて反撃しようとしましたが、ドウは決してそれを許しませんでした。これは夫婦の問題だ。僕は確かに君を愛し守ろうとしてきた。その信頼を裏切ったのは君だ


ドラマだからかなりデフォルメされているけれど、このヘウォンみたいな人(嘘つき)って決して少なくないですよね。保身のために嘘をつき続けていたために、嘘をつくことが当たり前になってしまった


実際にはドウがスアより先に、ふたりの間に距離を置くよう(スアに)申し出ています。これもまたスアの決意に拍車をかけたのかもしれませんね。ドウは、たとえ離れていても連絡を取り合おうとしたけれど、スアはそれすらも断ち切ろうとした。ドウと話したくなった時は、自分宛にその内容をメールで送っていたそうです。スアの覚悟のほどが偲ばれます。


が、そこまでしても運命は二人を引き離せませんでした。スアはヒョウンを連れて生まれ故郷の済州島で暮らすことにしたのですが、ドウもまた、スアの故郷という理由で済州島に引っ越してきたのです。亡き母コ・ウニの遺言で、その作品を飾る場所を済州島に選んだのです。


その上、ふたりが住まいにと選んだ場所もまた、すぐに歩いて行ける距離にありました。ふたりが求めるもの=感性が同じ証ですよねドウとスアは本当にお似合い( *´艸`)


一方、置いて行かれたジンソクとヘウォンはというと、どちらもまったく凝りていません。離婚を切り出されたヘウォンはともかく、ジンソクには状況がまったく分かっていないからです。うざったい女房がいなくなって、これからは気楽なシングルライフが送れると喜んでいるほど


だからと言って、またしてもミジンにちょっかいを出そうというあの神経が分からんね。さすがに腹を立てたミジンが、スアの弟がふたりの関係を疑っているとジンソクに暴露したのは痛快でした


なんでまたスアみたいな素敵な女性がジンソクのようなク〇と結婚しちまったのかしらね。とはいえ、そうでなければ愛らしいヒョウンは生まれてなかったんだから仕方ありませんが。


ドラマでは「奇跡のような偶然がもたらした再会に、さすがのスアも意味づけせざるを得ない~なところまで来ています。ドウはもう心を決めていたみたいですよね。無事に離婚できたら、結婚するかどうかはともかく、スアをずっと守っていきたいと考えているに違いありません。


それに、ミジンにも良い男性が現れそうで一安心です。ケビン(キム・テヒョン)というジンソクの後輩はとても誠実そうで、アホなジンソクとは大違いですものね


ここまで見てきて、ふたりはきっと誰もが納得のいく形で幸せになれるに違いない~そう確信しています。「空港に行く道」は続きを見るのが楽しみです空港に行く道が楽しみ♪



これなら納得のいく結末を迎えられそう

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ