2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

anone ネタバレと感想 第7話 家族

最近はオリンピックとミステリー三昧だったため、この独特なanoneモードanoneのネタバレ感想行きますよ~(^^)/になるまでにはちと時間がかかってしまいました。今回は皆が偽札作りにいそしんで大きな進展はなかったのですが、彼らの心情という点から見ると、いつも通り、否、いつも以上にタップリ見せてくれたと確信してやみません特に亜乃音さんがええわ~♪


以下ネタバレの感想です


冒頭でも触れたように、最初は持本が、次には亜乃音とるい子、そして最終的にはハリカも偽札作りに参加することになりました。


最初からずっと「犯罪」には反対し続けていた亜乃音がそれに手を染めたのは、前回分かったように、血のつながらない娘、玲とその息子陽人のためであり、るい子は、事情は知らないけれどあの亜乃音が決意したのだから余程の理由があるに違いないと、何も聞かずに協力します


が、亜乃音はまだ若いハリカだけは巻き込みたくない、と心に決め、皆にもきつくそう言い渡していたのですが、元々金が必要だったハリカは、持本と中世古がこっそり仕事を進めていたのを知って、積極的に加わってしまいます


どんなに友だちを助けたいからと言って、罪を犯しちゃダメなのよ。あなたはもっと楽しんでいいの。自分のために生きていいのよフツーの高校生らしいことを楽しみなさい


事実を知った亜乃音は厳しくハリカを咎めますが、ハリカは決して譲りません。ハリカは、大切な友達=彦星を救えないなら、生きている甲斐がないと訴えます。もう一度一緒に流れ星を見ると彦星とした約束はそれほど大事なものだから、その約束を守れるなら、一生牢屋に入っても構わないそんなに大切に思えるものはそう多くない


この世に生まれてうん十年、自分のすべてをかけてまで守りたいと思った何かがあっただろうか、ふとそんな風に顧みざるを得ません。以前にも感じたことだけれど、若くしてそう言い切れるハリカは、人生において最も大切なものが何かを知っているハリカは、本当は誰よりも幸せなのではないだろうか、そう思わずにいられません


亜乃音もついにハリカに根負けしてしまいます。この子がそこまで言うのなら、私が全力でこの子を守ろうこれは勘違いじゃないわよね?


ハリカはまだ未成年ですから、もし犯罪が露見しても自分が罪をかぶればいい、亜乃音はそう考えていたのでしょうか。


かつて、玲に注ごうとした愛情をはねつけられて苦しんだろう亜乃音が、ここに来てようやくその愛情を受け止めて、否、文字通り乾いたスポンジのように吸収してくれるハリカに出会えたのも、亜乃音にとっては幸せなことだったに違いありません


このドラマではいつも「食卓」のシーンが登場し、たわいもない会話が展開されています。これが「家族」の象徴なのは言わずもがなでしょうが、つながっているのは「血」だけで、ともに食卓さえ囲まない、もしくはほとんど会話すらない希薄なつながりの肉親(家族)より、毎回食事をともにする時間を心から愛おしんでいる彼らこそ本物の家族だというメッセージが伝わってきます世界中のどんな家族にも負けない( `ー´)ノ


今回はそこにこれまた血のつながらない陽人も加わりました。玲が何と言おうと、陽人はもう亜乃音の家族なのです。一方で、たとえ「仕事」では協力しても、中世古はその場に呼ばれません。以前は花房も来ていたことから、誰よりも愛情深い亜乃音を支えてくれるとしたらこの花房をおいて他にはいないかもしれません。


そして、今回亜乃音はその花房へのお茶代に、誤って偽札を渡してしまったことに気づきました。花房に偽札を使わせるわけにはいかないと、もう心臓をドキドキさせながらその隙を伺い、こっそり財布からこれを抜き取って本物と差し替えます亜乃音の鼓動が伝わってくるようだった( ;∀;)。もちろん花房はこれにしっかり気づいていたようです。何とか花房が彼らの犯罪を未然に防いでくれるとよいのですが


さてその偽札作りでも少しだけ進展が見られました。彼らは手始めに千円札を作り、これが上手くできたかどうかを自販機に入れることで試していたのですが、1枚だけ戻ってこない千円札ができたのだそうです


中世古からは、これはあくまでも試験だから、もし通過しても返却レバーを使うよう言われていたのに、興奮した持本がつい、ボタンを押してしまいます


本来なら、特に亜乃音にとっては偽札など完成しないほうが良いはずなのに、亜乃音も続けざまにボタンを押して、皆にも何か買うよう勧め、それで一緒に乾杯をします。


ここはこの「偽札」「偽の家族」がリンクしているということなんかな。でも、偽札はどんなに言い訳してみても偽物でしかないけど、彼らが今築いている「絆」は決して偽物なんかじゃないのにね


また、こちらは本物の家族のはずの中世古の妻が、偶然、中世古のアジトに来て偽札を目にしてしまいました。夫の秘密を知った結季はどうするつもりでしょうか?


楽しんで見てきた「anone」もいよいよ終盤ですね。来週はどんな展開を見せてくれるのか、次回の放送が楽しみです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ