2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

もう一度ハッピーエンディング ネタバレと感想 とにかく可愛いラブコメです

チャン・ナラさん主演のラブコメディ、【もう一度ハッピーエンディング】もあっという間に12話まで見終わってしまいました。早く感想を書こう書こうと思ってはいたのですが、あれこれ忙しかったのと、感想書くより先が見たくてここまで来ちまった次第です。というか、最近はかなりの宵っ張りとなったため、見るには見られるんだけど、さすがに夜書く気にはなれず(目がますます冴えちゃう)、ついつい溜まっちまうのでござる


と、前置きはそれぐらいにして、以下ネタバレの感想です。もう本当に可愛くて今やすっかりお気に入りのドラマです


主人公のハン・ミモ(チャン・ナラ)は、若い頃、アイドルグループ「エンジェルズ」のメンバーでした。当時の仲間とはアラサーになった今でも仲良しですが、ただ一人、性格の悪~いク・スラ(DARA)とだけは疎遠です。これは他のメンバーも同様です


ミモはアイドルを辞めて間もない頃に結婚をしていますが、多分、アイドルとしてのミモが好きで結婚した相手とはうまくいかず、すぐに離婚したようです。現在は「勇敢なウェディング」という再婚コンサルティング会社の代表を務めながら、交際中の恋人ジョンフンのプロポーズを待っているところでした


ああそれなのに、ジョンフンの経営するレストランからの情報で、てっきりその日が勝負の日だと思い込んで駆けつけたミモが目にしたのは、かつてのライバルク・スラにプロポーズしているジョンフンの姿でした。そう、ジョンフンはなんと二股をかけていたのですもう一度ハッピーエンディングのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


怒ったミモはブチ切れて大暴れ~そこへパパラッチがいることも知らずに。。。


そのパパラッチが、実はミモの幼馴染のソン・スヒョク(チョン・ギョンホ)でした。ふたりは小学校で「ロミオとジュリエット」の主役、ロミオとジュリエットを演じた間柄なのだそうです。この子役のチェ・グォンス君は将来すごいイケメンになりそうでしたね~確か華政にも出てましたよね


当時からスヒョクはミモが好きだったらしく、もちろん最後のキスシーンもうまくやり遂げたかったのに、ふたりに嫉妬した同級生に薬を盛られたスヒョクはそのシーンで腹痛と吐き気を覚えて退場してしまいます


ミモはそれ以来すっかり腹を立ててスヒョクに冷たくなったらしい。スヒョクはミモに、ミモが欲しいと言っていた宝石箱をプレゼントしようとしていたようなのに


そんなふたりが時を超えて再会したのですから、そりゃもう「赤い糸で結ばれた縁」としか言いようがありません


しかもふたりは酒に弱いらしく、酔った勢いで結婚しようと婚姻届けを出しに行ったのだそうです。ちなみにスヒョクも結婚歴がありますが、こちらは離婚ではなく、妻のスンスが息子のミヌを出産した際亡くなってしまったそうです。


ふたりの泥酔ぶりに気づいた職員が止めてくれたのは幸いでしたね~。


この時、この職員とともにスヒョクを諫めてくれたのが、後に三角関係になるスヒョクの親友で医師のク・ヘジュン(クォン・ユル)です。これは後に判明するのですが、ヘジュンはかつてスンスにも恋心を抱いていたのだそうです。既にスヒョクと付き合っていたスンスは、ヘジュンを厳しく咎めたそう。スヒョクはあなたのことをとても大事に思っているのに。気まずくなりたくないからこのことは忘れるわ


またヘジュンは、アイドル時代のミモの大ファンでもあったのだそうです。スンスにミモ、ともに、スヒョクとは女性の好みが一緒だったということでしょうか。ちなみにヘジュンもバツイチで、元妻のヨンス(ファン・ソニ~ハンナ・ブラウン@主君の太陽)は同僚の医師だそうです。


さて、そんな3人が一堂に会したのですから、お約束の三角関係が展開されていくわけですが、どこからどー見てもスヒョクが有利で、むしろヘジュンは気の毒でしたね


なにせスヒョクは元来の優しさに加え、若くしてスンスを失ってから男手ひとつでミヌを育てた経験から細やかな配慮のできる思いやりのある男性となったのに対し、ヘジュンは、多分昔から女の子にもてすぎて=尽くされることに慣れていたようなのです。


スヒョクは、スラとジョンフンを追っていた際、これがミモとの三角関係だと知ると、ミモが傷ついては可哀想だからとそのネタを伏せてくれたり、実際にはスラがジョンフンを横取りしたのに、そのスラがジョンフンとの子どもを流産したのはミモが原因だと騒がれた時も、スラのファンに、卵のみならず石までぶつけられそうになったミモを体を張って庇ってくれましたまさに不器用なヒーロー♪


ミモはでもヘジュンに一目惚れしてしまい、自ら気持ちを告白して付き合うようになるのだけれど、次第にスヒョクの優しさに惹かれていきます。というより、最初からそこそこ好きだったけれど、幼い頃の「ロミオ」のイメージが悪すぎて、どこかでストッパーが働いていたのかもしれません


その「ロミオ」と言えば、ミモとスヒョクが、母校の小学校へ行き、昔埋めたタイムカプセルの中身を取り出すイベントに参加した「ぼたん雪の告白」がまた可愛かったですね~。トイレに行こうとして理科室の骸骨に驚いて気絶したミモを助け出したスヒョクは、その傍らで眠ったままのミモに恋心を告白しますスヒョクが健気で泣けてくる( ;∀;)


今日はボタン雪だから


スヒョクは幼い頃、ボタン雪が降っている時に告白するとその恋が成就すると聞かされていたのだそう。


もちろん、ミモは狸寝入りで、この告白をすっかり聞いてしまいます。が、自分からヘジュンに告白したこともあり、そうそう素直になれるわけもなく、スヒョクがスラのファンから庇ってくれた時も、心が揺らぎに揺らいでも、ついつい意地を張って、スヒョクに目の前から消えるよう命じてしまいます


一方のスヒョクは、ミモのために世間の誤解を解こうと、大手プロダクションに所属するスラが最初にジョンフンを横取りしたという真実の暴露に踏み切ったことで、社内でも苦しい立場に立たされてしまいます


その上ヘジュンからも、最初は友達だと言っておきながら今さらなんだ!と卑怯者呼ばわりされたスヒョクはすっかり傷ついて、ミヌを連れて渡米することにしたのだそう


スヒョクがいなくなって初めて自分の気持ちと向き合うことになったミモは、ついに、ヘジュンに別れを告げました。最初はショックを受けたヘジュンが、それでもスヒョクに戻ってくるよう電話をしてくれたのは良かったですよね。そうそう、三角関係も、それが真剣な恋だったなら、いずれはきっと良い思い出になるのは間違いありませんからね


こうして戻ってきたスヒョクとミモは今、12話ではすっかりラブラブとなっています。残り4話は、スヒョクの幼馴染?が恋のライバルとして登場するようですね。


またこのドラマには、ミモのアイドル時代の仲間、コ・ドンミ(ユ・インナ)、ペク・ダジョン(ユ・ダイン)、ホン・エラン(ホン・イニョン)の恋愛模様も描かれています。キム・ミンジュンさん大好きなおばさん的には、たとえ詐欺師であろうとも、久しぶりに見られたのは嬉しかった~あのルックスなら騙されても当然よね(;^_^A。いやでも、スゴイ奥さんでしたね


ドンミは今、9歳年下の男の子のジョンウ(アン・ヒョソプ)と交際中で、エランは、結婚相手のドンベ(パク・ウンソク)がひどい浮気性だと判明したため、籍を入れようかどうしようか迷っているところ。そしてダジョンは、夫ゴンハク(キム・デフン~最近よく出てますね)との確執から離婚も視野に入れていた矢先に自らの乳がんが発覚~病を隠して離婚しようとするも、これを知ったゴンハクが、もう一度二人の仲を修復しようと努力をしてくれているところです


ありがちな三角関係を扱っていてもちっとも嫌みが無くて本当に可愛くて見やすいラブコメですよね。あと4話で終わってしまうのが寂しくてならないほどです。


もう一度ハッピーエンディング」は続きを見るのが楽しみですもう一度ハッピーエンディングが楽しい(^^)/


追記: 無事最終回まで見終わりました。もちろんみ~んなハッピーエンドです。最後はミモがスヒョクにプロポーズしてお・し・ま・いで、感想は最初の頃とまったく変わらず~とにかく可愛いラブコメでございました大満足(^^)/



これは是非ノーカットで楽しみたい

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ