2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

西郷どん あらすじと感想 第13~15話 殿の死まで

大河ドラマ、【西郷どん】もようやく15話まで見終わりました。先に、渡辺謙さんと鈴木亮平さんによる特別番組を見ていたため、斉彬と西郷の絆が一層深く伝わってきましたふたりとも役になり切っていたのが伝わってきました(^^)/


以下簡単なネタバレのあらすじと感想です西郷どんのネタバレ行きますよ~(^^)/


安政の大地震のために篤姫の嫁入り道具がめちゃくちゃになってしまったことから、吉之助は斉彬から再度それらを調達するよう命じられました。吉之助は混乱のさなか、必死で江戸の町を駆けずり回ります。時には自ら斧をふるって家具作りも手伝ったそう


こうして何とか準備を整えた篤姫は、無事家定のもとへと嫁ぎました。ふたりはその後、大変仲睦まじく暮らしたそうですが、この縁談の本来の目的である一ツ橋慶喜を世継ぎにする話はなかなか切り出せなかったようです


そうこうするうちに、頼みの綱だった老中の阿部正弘が急逝してしまいました。焦った斉彬は幕府に「建白書」を送ったそうです。そこで世継ぎの話にも触れたため、篤姫は、彼女が一橋派から送られた間者だと見破った本寿院の怒りを買ってしまい、家定に会うこともままならなくなってしまいました。


それでも家定は篤姫に会いに来てくれたため、篤姫はなんとか家定を説得し、慶喜を世継ぎにと約束させましたが、その直後に家定の容体が急変したことから、井伊直弼に邪魔をされてしまいます。なんと直弼は家定の遺言を捏造し、慶福を世継ぎに指名してしまったそうです


冬が来たら御台(篤姫)に甘い柿を食べさせたいと、柿の実を2つ描いた家定の愛情を己のいいように利用するなんざ許せんね


皆からうつけと呼ばれていても、家定の自分への愛情に嘘偽りはなかったと信じていた篤姫が、遺言書を見せろと必死で直弼に食い下がったシーンがなんとも健気でございました


一方で、篤姫の輿入れを機に一旦薩摩へ戻っていた吉之助もまた斉彬の命を受けて再び江戸へ戻り、左内とともに慶喜を将軍にすべく奔走しました。とはいえ、何せ慶喜自身が将軍になりたくなかったため、翻意を促すのに一苦労~吉之助はそのために生まれて初めて人を殺めてしまったそうです


最終的には、直弼が刺客を送ったことに腹を立て、そんな視野の狭い人間に日本国を任せてはおけぬと腹をくくった慶喜がついに覚悟を決めたところで、家定が亡くなってしまうのですが遅すぎた(;´Д`)


万策尽きて帰郷した吉之助は庭方も免じられ、すっかり憔悴していましたが、その吉之助の口添えでようやく広い世界を目にした正助から檄を飛ばされてしまいます


やっせんぼ!俺の知っている吉之助どんはそんな男じゃなかったはずだ女の気持ちが分からないなら女装し、殿を公然と投げ飛ばした吉之助はどこへ行った!( `ー´)ノ


誰も考えつかぬようなドエライことをやってのけるのが吉之助だと叱咤された吉之助は熟慮に熟慮を重ねた結果、斉彬に直談判にやってきます。吉之助は、兵を挙げて京に乗り込み、帝の詔を手に入れようとしたのだそうです


斉彬はこの上洛計画に感銘を受け、早速その手はずを整え始めましたが、その過程において急死してしまったそうです。


今からお前はわしになれ!ここはよかシーンじゃったね( ;∀;)


それが斉彬から吉之助への最後の言葉となってしまいました。志半ばで倒れねばならなかった斉彬も、己の分身ともいえる吉之助にその夢を託して逝ったに違いないと思えたことがせめてもの慰めでございました


吉之助がこれからどのように斉彬の遺志を継ぎ、斉彬となり、否、斉彬を超えていくのか、今から楽しみでなりませぬ。その大きな力となってくれるのが、今回登場した月照(尾上菊之助)だそうです。彼は清水寺の住職だった頃に近衛忠煕(国広富之)と親交があったそうで、この忠煕を通じて島津家とも懇意にしていたらしいです。篤姫が嫁入り前に養女となったのがこの忠煕だそう


その篤姫~家定の形見として柿の絵を受け取った篤姫の今後の活躍にも注目ですね


また細かいところでは、薩摩藩の定宿だった鍵屋に「お虎」(近藤春菜)という女性が登場していました。西郷隆盛には2人の妻の他に、大変親しかった「豚姫」と呼ばれる女性がいたと聞き及んでおりますが、このお虎がその女性なのでしょうか?


西郷どん」は今後の展開に期待大です



西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ