2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道- あらすじ 第1話 始まり

ローレンス・ライト原作のノンフィクションをドラマ化した作品、【倒壊する巨塔-アルカイダと「9.11」への道-The Looming Tower: Al-Qaeda and the Road to 9/11】を見始めました。何か硬派の作品が見たいと思っていたところ、アマゾンプライムでの配信を知り、早速視聴した次第です倒壊する巨塔のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


アメリカでもようやくシーズン1全10話が先月終了したばかりだということで、このような良作を数カ月遅れで、しかも無料で視聴できるなんてアマゾンプライムにはいつも驚かされますね


実話を描いたノンフィクションのドラマ化、しかも内容が内容だけに、じっくり時間をかけて味わいたいと思っています。1~2週間に1本ペースで視聴できれば上々ですかね。


以下、第1話「Now it Begins...」(始まり)のあらすじです。


ドラマは、CIAがアハマド・サラマ・マブルク(Aladeen Tawfeek)のアジトを襲撃し、マブルクを捕らえてHDDを手に入れたところから始まりました。マブルクはエジプト人で、アルカイダの戦略責任者、アイマン・アル・ザワヒリ(Nasser Faris)を支えてきた人物だそうです。


この攻撃はCIA単独で行われ、協力体制にあったはずのFBIは蚊帳の外に置かれたそうです。ビン・ラディン担当のCIAアレック支局の責任者、マーティン・シュミッド(Peter Sarsgaard)は徹底してFBIへの協力を拒み、情報を共有しようとしなかったそうです。FBIは小物ばかりを追いかけて大物を逃がしてしまうからというのがシュミッドの言い分です。


情報共有さえしていれば、9.11の惨劇を防げた


通称9/11委員会(the 9/11 Commission)と呼ばれる米国のテロ対策国家委員会(the National Commission on Terrorist Attacks Upon the United States )でそう証言したのは、FBIエージェントのアリ・スーファン(Tahar Rahim)です。その静かかつ確固たる語り口から、イスラム教徒であるスーファンの無念さがひしひしと伝わってきます。


If members of the CIA testified that the Agency properly shared information with the Bureau in the manner in which they are by law directed to, then you've been lied to.
CIAが法で示されている通りにFBIと情報を共有したと証言したなら、それは嘘だ


1988年当時シュミッドが手に入れたHDDにはアルカイダの工作員と50名以上のターゲット候補の名が記されていたそうです。


FBIの責任者でアリの上司だったジョン・オニール(Jeff Daniels)は怒りを露わにし、CIAがその気なら、FBIも単独行動をとると宣言します。オニールは、アレック支局とのパイプ役だったヴィンス・スチュアート(Louis Cancelmi)とトニー・アン・マリノ(Jamie Neumann)の報告から、アフリカにいくつかの拠点があることを確信しました。


ボビーことロバート・チェズニー(Bill Camp)はケニア、ナイロビへ飛び、ビン・ラディンの秘書だったワディーフ・エル・ハッチ(Vincent Ebrahim)とエイプリル・ブライトスカイ・レイ(Wendy Mae Brown)の家を訪れます。彼らの家にあったコンピューターを押収したボビーは、偽造パスポート用と思われる写真の中にアイマン・アル・ザワヒリの弟、ムハンマド・アル・ザワヒリの顔があるのを発見しました。


一方、マブルクが誘拐されたと知ったアイマン・アル・ザワヒリはもう警告は終わりだと言い放ち、報復を開始することにしました。その時に呼ばれていたのが義足の男です。男は早速、ナイロビにあるアメリカ大使館の下見を行っていました。


またパキスタン、イスラマバードではふたりの実行犯がテロの準備を始めています。アフガニスタンのヒンドゥークシュ山脈で行われたビン・ラディンのインタビューの際は顔を出していたのに、アイマン・アル・ザワヒリの依頼により編集で消された男たちです


ボビーから連絡を受けたオニールは、早速、テロ対策大統領特別補佐官のリチャード・クラーク(Michael Stuhlbarg)に連絡し、GFのヘザー(Ella Rae Peck)とデート中のアリをアルバニア、ティラナのムハンマド・ザワヒリの隠れ家に行かせましたが、ザワヒリは不在でした。容疑者4人を逮捕し、爆薬やバッテリーを押収したものの、めぼしい資料などは発見できなかったそうです。


オニールは、アルカイダが襲撃を計画していたのは間違いないし、CIAが押収したマブルクのHDDにはアルバニアが最も緊迫した案件だと示す証拠があったはずだ、と断言しました。おそらくは大使館を狙っていたに違いない。


そしてその予感は不幸にも的中してしまいました。東アフリカで、アメリカ大使館が次々と襲われたのです。最初はダルエスサラーム、次はナイロビ。


が、実行犯だったうちのひとりは、最後の最後に来て恐れをなしたのか逃げ出してしまいました。


オニールは早速現地へ向かい、途中でアリを呼び出します。Now it begins.(これが始まりだ)



ビデオ視聴はこちらから


 
時間ができたら是非原作も読んでみたいものです

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
ロン  
面白そうですね

こんさん
こんにちは🙂
その後いかがですか?

このドラマ面白いそうですね。読まずに今度見てみます。ウォッチリストに入れました🤔

私はアマゾンのBIG LITTLE LIESを見始めたました!面白いと言う記事を読んでやっと無料で見れるようになったので。
1、2話私にとっては苦行でしたが、3話あたりからやっとストーリーが動き出しちょっと面白い兆しが見えてきました😅
もう少し見てみようと思います。でも映画スターは皆美しくテレビドラマの枠に収まらないですね。
目の保養になりますよ。

又面白いドラマがあったら教えて下さいネ🤗

2018/05/08 (Tue) 22:20 | 編集 | 返信 |   
ロンさんへ  
そちらも面白そうですね♪

ロンさん、こんにちは♪

おかげさまでまずまず元気にしております。
お気遣いいただきありがとうございます^^。

そうなんですよ~
原作がノンフィクションなので迫力満点ですよ。
それだけにかなり心して見ないといかんのですが。

BIG LITTLE LIESも面白そうですね~。
ちょっとデス妻風なのかな。
私も今度見てみますね~。

季節外れの寒さで体調崩されませんように🍀。こん

2018/05/09 (Wed) 12:07 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ