2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

西郷どん あらすじと感想 第17話 西郷入水

大河ドラマ、【西郷どん】の17話は「西郷入水」です。あの「西郷さん」が自殺未遂をしていたとは~ひとえに自分の勉強不足なのですが、いかに西郷隆盛のことを知らなかったか、毎回つくづく思い知らされています


以下ネタバレのあらすじです西郷どんのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


吉之助は月照を連れてなんとか無事薩摩に戻ってきました。実家に月照を匿っていた吉之助を案じた正助は、妻の満寿に頼んで山田に会いに行きます。この満寿がまた一を聞いて十を知る実に賢い女子なのでござる


山田は、吉之助がまたしても頭痛の種を持ち込んだことを知って頭を抱えながらも、藩としてふたりを匿ってほしいという正助の願いを渋々聞き入れて、上訴することにしました


一方の島津家では、久光が斉彬の遺志を継ごうとしていました。久光は、斉彬の息子を次の城主にしようとしましたが、病床にあった斉彬は、久光の息子、茂久(中島来星)を指名し、久光にその後見となるよう言い残したそう。斉彬は、自分の息子が前に出れば再びお家騒動が持ち上がると危惧していたのだそうです。


久光は、斉彬の遺志を継ぎ、いつか再び挙兵して幕府に対抗することを誓いました


が、江戸で隠居をしていたはずの斉興とお由良が薩摩に舞い戻ってきたことから、事態は急変してしまいます。斉興は、幕府に楯突くなどとんでもない、おまえごときに斉彬の真似ができると思うのか!と家臣の前で久光を叱り飛ばしたのです


久光はもとより、目の前でこれを見ていた山田ももう何も言えなくなります。結果、月照と吉之助には「日向送り」の沙汰が下りました。これは「日向」という国境にふたりを送って処刑するという意味なのだそうです


それが藩としての意向なら仕方ない、とあっさり諦める吉之助を、またしても正助が励ましました。おいが必ず何とかしてみせる!


正助は直接斉興に会いに行き、もし吉之助が月照を手にかけたら吉之助だけは助けるという約束を取り付けました。


それを聞いた吉之助は、正助の友情に感謝しますが、あの義理堅い吉之助が月照ひとりを死なせるはずがありません。吉之助は月照とともに入水(自殺)を図ってしまいます


これが今生の別れと覚悟を決めた吉之助は、家族に鰻のかば焼きを焼いてご馳走し、斉彬から貰った命より大切な短剣を飾って家を出たそうです


熊吉から事情を聴いた正助が地団太を踏んで悔しがるももう後の祭りです。吉之助は月照の手を取って海に身を沈めてしまいました。


でも、どうやら~少なくとも~吉之助は助かったようですね。しかもどうやら舞台は南国へと移っていくようです


吉之助のターニングポイントとなったという「奄美大島」での生活がどんなふうに描かれていくのでしょうか。


一方江戸では、家茂が第14代将軍となりました。天璋院と名を改めた篤姫は「母」として家茂に接しようとしますが、家茂はそんな篤姫への不信感を隠そうともしません。それでも江戸に残ると覚悟を決めた篤姫の立場を憂えた幾島は、自分が京へ帰ることで責任を取ろうとしたのだそう。


これまでずっと幾島を頼りにしてきた篤姫の心中、察するに余りありますね今後の篤姫の活躍にも注目です♪


あらたな局面を迎える「西郷どん」は続きもとっても楽しみですね



西郷どん 前編 (NHK大河ドラマ・ガイド)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ