2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

私はラブ・リーガル5 あらすじと感想 第1&2話 待ってました!

私はラブ・リーガルのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 私はラブ・リーガル(Drop Dead Diva)あらすじと感想


私はラブ・リーガル5】(Drop Dead Diva S5)がようやく放送開始となりました。いや~実に待たされましたね。シーズン4の最終回からもうほぼ3年ですよ


それも2話ずつ放送だということなので、いっそこのまま一気にファイナルシーズン(S6)まで突っ走ってくれることを期待しておりまするが


以下早速、第1話「本物のジェーンをさがせ!」(Back from the Dead)と第2話「ジェーンvsジェーン」(The Real Jane)のネタバレです私はラブ・リーガル5のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは最も気になるオーウェンですが、無事でいてくれてホッとしました。最初は心臓発作を起こしてそのまま天国へ行った上、オールドジェーンの魂が入り込んだかもしれないなどと、とんでもなく複雑な構図ができそうだったのですが、それはルークの勘違いで、オーウェンは生きていたことが明らかになります。


ジェーンがオーウェンを捜していた時、ステイシーにグレイソンとのキスを告白したシーン、可笑しかったですね~。オーウェンに愛を誓ったのにグレイソンとキスしてしまったと嘆くジェーンに対するステイシーの台詞はいかにもステイシーらしくて思わず大笑いしてしまいました


Matthew loved Lavinia, but he still ended up with Lady Mary.
マシューはラヴィニアを愛していたけど、メアリーと結婚したわ


ダウントンアビーは不朽の名作なのでござる


そこへ、ジェーンが飛び出した後、式場のあれこれを整理してくれたらしいテリーがやってきます。


I dismissed all your wedding guests. I put your mother in a cab. I paid the band. I got the drummer's phone number. I boxed up all the catered food and had it sent to a homeless shelter, except for the wedding cake. That's now at my apartment. Raspberry-glazed amaretto I couldn't just let it go, so don't judge.
ゲストを皆帰して、あんたのママをタクシーに乗せて、バンドに料金を払い、ドラマ―の電話番号を手に入れ、ケータリングの料理は全部箱詰めしてホームレスのシェルターに送ったわ。でもラズベリーがけのアマレッティだけは私のアパートにある~どうしても食べたかったから。だから責めないで。


でもテリーが来た目的はこの報告をするためではなく、テリーのママの親友のいとこがジェーンの助けを必要としているからなのだそう。


Jane, sometimes, it's not all about you. This is a matter of life and death.
人は自分の事ばかり考えてはいられない。これは生死にかかわる問題なのよ


依頼人はケヴィン・ジェイコブス(Shane Callahan)という男性で、ケヴィンの息子のマイケルのことで相談に来たそうです。リンパ腫との診断を受けたマイケルは抗がん剤を試しても効かなかったため、ウィティング製薬が開発したフォトフェレーシス療法の治験を受けたところ、これが見事に奏功したのだそうです。


週一の治療で日に日に回復していったのに、ある時突然、ウィティング製薬から治験の中止を言い渡されてしまいました。マイケルは現在入院中だそうですが、治療が再開されなければ回復は見込めず、そのまま死に至るというのが医師の見解だそうです


ジェーンはなんとか治療を再開させようと奔走しますが、倫理的問題はともかくとして、治験の続行はあくまでも提供側の裁量に任せられているため、判事のアメリア・サンダーズ(Sharon Garrison)もウィティング製薬に続行を命じることはできません。


が、そこでテリーが突破口を見つけました。法廷にウォルター・クラーク(Gary Hudson)という億万長者が見学に来ていたことを目ざとく見つけたのです。なぜここに彼が?


ウォルター・クラークは、抗がん剤ビジネスで有名なハンブリッジ製薬の筆頭株主だそうで、マイケルに試して効かなかった抗がん剤も、このハンブリッジの製品だったのだとか。しかも彼は近々ウィティング製薬を買収する予定なのだそうです


抗がん剤というビッグビジネスがウィティング製薬のフォトフェレーシスに脅かされそうになったクラークは、これを潰しにかかったという訳です


The man is a killer. My son is gonna die.
その男は人殺しだ。息子はもうすぐ死んでしまう


ジェーンはケヴィンのこの一言にヒントを得、クラークに会いに行きました。あなたは3日後に第2級殺人罪で起訴されるわ


Second-degree-murder charges against you for the murder of Michael Jacobs.


その後ハンブリッジ製薬の弁護士から電話が来て、マイケルの治療が再開されたと伝えたそうです


またその間、オーウェンがジェーンに会いにきました。リアルジェーンがオーウェンに入り込んだ夢を見たジェーンが、しつこくオーウェンに確認したのがまた笑えましたね


優しいオーウェンはジェーンに裁判でのヒントを与えに来てくれたのですが、グレイソンとのキスは別問題です。


I'm I've never been this angry in my entire life.
かつてこんなに怒ったことはないほど怒ってるんだ


ステイシーが言うように、オーウェンなら、真実を知ったら分かってくれそうなものですが、これを言えないところがまた辛いとこでやんすね


しかもルークは、この件がもとでお役御免になったそうで、代わりにチャラいポール(Justin Deeley)がやってきます。あんなんで守護天使が務まるのか?かなり不安でござりましたね


さて2話では、今度こそ本当にオールドジェーンが現れます。それもとびっきり可愛い下着モデルのブリトニー(Natalie Hall)に憑依したのだそうです。あの世でまたしてもフレッドがジェーンに翻弄されていたのが可笑しかったですね~。フレッド、久しぶりで懐かしかったですね


オールドジェーンことブリトニー(以下ブリトニー)は、自分の体を乗っ取ったジェーンをいまだに許せずにいましたが、今回の目的は、ジェーンへの復讐ではなく、自分が撃たれて死ぬ前に担当していた冤罪事件の片を付けることだったのだそう。ブリトニーは、マシュー・トーマス(George Kaiser)という殺人犯の濡れ衣を晴らそうとした寸前に亡くなってしまったのだそうです。


このブリトニーが、久しぶりにテリーを見て抱き着いたシーンがまた楽しかったですね~。当時事務所内で孤独だったジェーンの、テリーは唯一の味方であり友人だったのだそうです。そうそう、最初の頃を思い出しますね


ふたりのジェーンという最強コンビ?が乗り出したからにはもう安心です。マシューの無実は見事に証明され、即時釈放となりました。「頭脳」のみならず、ブリトニーのセクシーポーズが事件解決を促したというのも、いかにもこのドラマらしい展開でしたね


I'm a big fan of the flip-and-flatter," where you flip your hair like this and then you flatter him.
髪かきあげ作戦の効果は絶大よ。こんな風に髪をさっと払って彼をおだてるの


ブリトニーはついにジェーンを認め、自分もまた新しく貰ったブリトニーの身体で自分らしく生きようと決意します


When I take off my bra nothing happens. My boobs, which are real, just stay in place!
ブラを外しても落ちてこない本物のおっぱい

には大爆笑でございましたね


今後はずっと行きたかったけど行けなかったパリに行って新たな人生を始めるそう。ブリトニー付きの守護天使も、実にキャラが濃そうでございましたね


The best advice I can give you you have a second chance. Make the most of it.
2度目の人生を目いっぱい生きて


フツー、少なくとも今世では2度めは無いものだけれど、誰もがいつ死んでも悔いの無いよう、目いっぱい生きなくてはなりませぬねそれがこのドラマのメッセージだから


さて、それ以外では、キムがピンチに陥りそうです。パーカーはキムに子どもができたと聞いて喜んでいたはずなのに、エリックのみならず、エリーサとの時間を共有するうちに、どうやら戻る気を失ってしまったようなのです??


この際ですから、いっそのことパーカーのことなどスッパリ諦めて、事務所を慰謝料代わりに頂いてしまったらどうかしらねパーカーは当てにならんで(-_-;)


またグレイソンは、ジェーンのことが諦められずにいたようです。個人的には、グレイソンがルックスではなくジェーンの本当の良さを分かってくれたのなら、後はジェーンの気持ち次第~ここはどちらとくっついてももはや文句はございません


私はラブ・リーガル」は続きもとっても楽しみですね私はラブ・リーガルが楽しみ♪


   
関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ