2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

あなたには帰る家がある ネタバレと感想 第5話 いざとなると逃げだす茄子田に注目

中谷美紀さん主演の金曜ドラマ、【あなたには帰る家がある】は5話もひどい話でやんしたね。今回はでも、一層迫力を増した綾子ではなく、太郎の行動に大注目のおばさんでした。以下簡単なネタバレと感想ですあなたには帰る家があるのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


真弓の急な訪問を目撃した太郎は、ついに真実に気づきました。綾子が自分を拒んだのはなぜか、あの日帰宅が遅くなったのはなぜか、真弓が、いかにも意味ありげに「浮気はされる方に原因がある」と繰り返したのか、なぜ、秀明が茄子田家の担当を降りたのか。しかも、新しい担当の森永は、会社には秀明が不倫するような若い女子社員はいない、と断言したから尚更です


1つ1つ腑に落ちていく様子がまたリアルで恐ろしかったですね。しかも太郎は真弓と秀明を呼び出して、綾子と秀明の不倫に気づいたことをにおわせた上、その報復の矛先を麗奈に向けると仄めかしたのです


一方の綾子も、太郎が気づいていることに気づき始めました。綾子はまたしても秀明を呼び出し、いっそすべてを太郎に打ち明けるべきではともちかけます


秀明は、せっかく苦労して閉めた蓋が開いては大変だ余計なことをしてもらっちゃ困る!( ;∀;)!とばかりに慌てふためきました。家を新築するタイミングでの告白はどうかと思いますが


すると綾子は、家など建てたらもうあの家から出られなくなってしまう!と訴えました。もはや出る気満々です


これで最後にするから1分だけ~と手を握る綾子を、いまだに健気に思っていたらしい秀明は、自分の認識がいかに甘かったかを思い知らされます。なんと綾子は、麗奈が慎吾に送ったメールから佐藤家の家族旅行を知ると、即、太郎にねだって?同じ旅館に泊まりにやってきたのです


もちろん太郎は、全てを知った上でこれを承諾しているのです


当然、ここは修羅場になるものだと覚悟して見ていました。いつもあれだけ秀明を見下していた太郎ですから、綾子との不倫が明らかになれば、何をするか分からない~そうハラハラしていたのはおばさんだけではありますまい。


現に真弓も、カピバラ(=秀明)対ジャガー&アナコンダ!などと表現していたほどなのです。当然、ジャガー(太郎?)はカピバラをなぶって食っちまうのではないかと想像していました。


が、いざ3者が一堂に会したシーンでは、なんとなんとそのジャガーが、獲物のカピバラを前に逃げ出してしまいます。そこにアナコンダ、否綾子がいたからなのでしょうが、あれほど真弓や秀明には横柄に振る舞っていた太郎なのに、なぜ綾子とは向き合うことができないのでしょう?


太郎は確かにモラハラ亭主だけれど、あれはコンプレックスの裏返しなのかもしれませんね。口で言うほど誰からも尊敬されていないし慕われてもいない、だからこそ余計に虚勢を張る訳なんだけど、唯一綾子だけは違う、自分の庇護の下でしか生きられない、とタカをくくっていたのかもしれません。


それが、いつの間にか夫の下を離れ、他の男を好きになり、あろうことか、夫に反旗を翻すようになった。以前は「おい」で求めに応じていたのを拒絶し、いつもなら手の込んだ弁当を作るはずが、焼いた鮭を一切れご飯に乗せるだけ


よく女性が自らのアイデンティティを確立するのに、〇〇の奥さんとか〇〇ちゃんのお母さんなどと呼ばれたくない、と表現しますが~これは綾子も言ってましたね~、それとは逆の意味で、もしかしたら太郎は「綾子の夫」で無くなったら存在意義が無くなってしまう、と感じているのかもしれません。だからこそあれほど「お前たち家族のために家を建ててやるんだ」などと言わずにいられないのかも


そこへ行くと、確かに佐藤家の綾子や秀明は時に自分勝手だし、やることも中途半端だったりするのですが、基本的には相手のことを尊重しようとする姿勢が伺えます。もちろん文句は言うしケンカすることもしょっちゅうだけれど、だからと言って、相手を自分の思い通りに操ろうとはしていないし、自分の価値観で相手を縛ったりしていない。何でもぽんぽん言い合えるから、無言の圧力は必要ない(浮気発覚後にいびられるのは仕方ない)。


ふたりとも不完全な人間だけど、それでも相手を必要としている~料理が上手な妻だからでも、優しくて立派な夫だからでもない、ありのままの相手を愛している


相手にモラルを押し付け合っている茄子田家にはない「自由」が佐藤家にはある


太郎や綾子も自由に生きられるようになればよいのに~そんな風に妄想してしまったおばさんです。ま、温泉での綾子のたわごと~ホクロがどーとか~には腹立たしくて、真弓に代わってブチ切れそうでしたけどねドラマだから冷静に見られるけど実際側にいたらぶん殴ってます( `ー´)ノ。ま、何せこれは「ホラーコメディ」ですから、こうしたシーンはお約束で欠かせんのでしょう


そうした意味でも、来週はますます泥沼になっていきそうな予感でござるね。ま、怖いもの見たさで最後までお付き合いさせていただきますよ玉木さんのカピバラ秀明がサイコー(^^)/



原作も面白そうです

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ