2018/05
<<04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  06>>

コンフィデンスマンJP ネタバレと感想 第6話 古代遺跡編

古沢良太さん脚本のコメディ、【コンフィデンスマンJP】の6話は「古代遺跡編」です。これはまた、ボクちゃんの言葉を借りるなら、ダー子がキレッキレで実に楽しかったですね~長澤まさみさんのコメディサイコー(^^)/。最後のオチも、そろそろ来るかな~の期待通りで面白かったです


以下ネタバレのあらすじですコンフィデンスマンJPのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回のお魚はコンサルタントの斑井満(内村光良)。話を持ち込んだのはまたしてもボクちゃんです。


故郷を持たないボクちゃんは、時々自転車に乗って「心のふるさと」探しに出かけるそうです。今回訪れたのは十色村という山村で、そこで食べた「限りなく普通のラーメンに感動したボクちゃんは、ラーメン屋「多幸」の夫婦、川辺守夫(野添義弘)と美代(長野里美~こう@真田丸)から、もうじき「ふれあいモール」ができる予定だと聞かされました。


そうしたらこの村は昔のように活気づくはず!


その頃にまた来てくれと言われたのが2年前だそう。今回ボクちゃんはその活気づいた村を楽しみに訪問したところ、ふれあいモールどころか、産廃処理施設の建設が進められていたことが判明します


早速斑井を調べたところ、コイツがまたひどい詐欺師だったことが分かりました。斑井は田舎の人にうまい話を持ち掛けては騙して土地を安く買いたたき、ほとぼりが冷めた頃に計画はとん挫したと嘘をついて産廃業者に土地を転売していたのだそうです


ゼッタイに産廃処理上の建設を止めてみせる!


最初ダー子は金にならない話には乗り気ではありませんでしたが、ボクちゃん推薦の「うまいラーメン」には興味があったらしく、人肌脱いでくれることになりました。建設を中止させるなら「遺跡」が手っ取り早いわ


ボクちゃんは早速、たまたまリチャードが大事にしていた貴重な縄文土器を借り、あたかも建設現場から見つけたように振る舞いましたが、斑井は、これを地面にたたきつけ&足で踏みつけて粉々にしてしまいます


何でも斑井の父親・万吉はアマチュアの考古学者で、斑井自身、幼い頃は万吉に連れられて発掘作業を手伝っていたのだそうです。当時は万吉同様、発掘に夢中になっていたのが、発掘ばかりで家庭を顧みない万吉に怒りと嫌悪が湧いてきて、考古学そのものを忌み嫌うようになったのだとか。


が、そこは人間~単純には割り切れません。ダー子は、万吉の著書を手に入れて読むうちに、考古学には「抗いがたい魅力」があることに気づきます。ダー子が、いつにもまして、キレッキレの演技をしたのも「考古学の神」が降臨したからかもしれません


考古学とは取り憑かれるもの


斑井もすっかり騙されて、もうすぐ建設も中止!という段に来て、またしてもボクちゃんが裏切ります。遺跡の発掘を聞いた川辺夫妻のあまりの喜びように、斑井のみならず彼らをも騙していることに耐えられなくなったのだそうです。


ボクちゃんがそう言うならそれでいいさ


こうしてすべての努力が無駄になったかと思われたところで、思いもよらぬ展開が待ち受けていました。なんと斑井本人が、打算だらけの生活に嫌気がさして、万吉と同じ発掘一筋の人生を送ると決意したのです!


たった数日間とはいえ、ダー子扮する常滑や発掘マニアたちの生き生きとした表情を見せつけられた斑井は、女の子たちと酒を飲んで儲け話に花を咲かせる自分の顔が、いかに生気のないつまらない顔であるかに気づいたのですね


ダー子から3億で山を買い取った斑井は、毎日「Do the 発掘!にいそしんでいるそうです発掘はロマンだ!(^^)/。ちなみにその山をダー子は1億で購入したそうです。どんな時でもちゃんと利益を出すのがプロですよね。ま、時には赤字も出しますが


ボクちゃんも川辺夫婦への激励金をもらって、再び十色村を訪ねました。斑井は手を引いても、産廃処理施設の建設は開始されたらしいから、ふたりともさぞかし気を落としているに違いない


が、そこでボクちゃんが目にしたのは、これまで見たことも無いような笑顔を浮かべた川辺夫婦が、実に生き生きと働いている姿でした。建設現場で働く作業員が皆こぞってラーメン多幸に押し寄せてきていたのです。忙しすぎて大変だからと、アルバイト募集の貼り紙までしてありました。


だから言ったじゃない。産廃処理施設も捨てたもんじゃないって


いやいや、ダー子様はさすがでござるね


劇中、3人で土器を作っていたシーンで、BGMのレキシに合わせて皆がアフロだったのにも大笑いでした縄文土器、弥生土器、どっちが好き?どっちもドキ<br />。特にリチャードが似合ってましたね~


来週は「家族編」ということで、どうやら遺産相続絡みのようです。予告を見る限りでは、1時間で終わるのはもったいないような雰囲気でしたね


コンフィデンスマンJP」は続きもとっても楽しみですねコンフィデンスマンJPもなかなかです♪



コンフィデンスマンJP(上) (扶桑社文庫)

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ