2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

猟奇的な彼女 ネタバレと感想 1~3話 このラブコメ楽しい!

韓国ドラマ、【猟奇的な彼女】を見始めました。これほど有名なタイトルですが、残念ながらまだ一度も(何も)見たことがなかったのでござる。チュウォンさんとオ・ヨンソさんのラブコメなら楽しめるかな~と秘かに楽しみにしていました


それが、いきなり現れた本格時代劇シーン、しかも、母娘ともに大ファンだったキム・ミンジュンさんの登場に、大げさではなく狂喜乱舞してしまったおばさんですミンジュンさんだ!( ;∀;)。いや~お母さん、見てたかい?相変わらず、お兄ちゃんはカッコよかね~


この「猟奇的な彼女」は時代劇仕立てなのですね~。時代劇好きとしてはますます&大いに気に入りました。ま、ミンジュンさんは、1話だけみたいでしたが。


以下簡単なネタバレのあらすじです猟奇的な彼女のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


朝鮮時代、王のフィジョン(ソン・チャンミン)は、王妃のハン氏をこよなく愛していましたが、奸臣のチョン・ギジュン(チョン・ウンイン)の罠にはまり、ハン氏を廃位するはめになりました。ギジュンは、ハン氏がフィジョンの叔父のチュソン大君(キム・ミンジュン)と密通したと密告したのです


当時ハン氏は身ごもっていましたが、ギジュンが放った刺客に殺されそうになったところにチュソン大君が颯爽と現れましたきゃ~オラボニ!(^^)/


ハン氏は救えなかったものの、そのお腹の子を無事助け出したチュソン大君はその子をフィジョンのもとに送り届け、自分とハン氏は濡れ衣を着せられただけだと訴えますが、力及ばず、処刑されてしまったようです


ギジュンは王の側室(淑媛)だった親戚の娘、パク氏(ユン・セア)を王妃に据え、息子を産むよう命じました。そうすれば宮中での実権をすべて手中に収めることができるからです。


が、それから10年経ってもその命令は実現されなかったようです。王妃となっても息子のいないパク氏は、廃妃ハン氏の娘のへミョン公主(オ・ヨンソ)とフィジョンの母、チャヘ大妃(ユン・ソジョン)の前ではまったく頭が上がりません。常に穏やかな笑みを浮かべ、元子(チェ・ロウン)にも優しく接していますが、心の中では虎視眈々と彼らを排除する機会を伺っています


まだ幼い元子はともかく、このへミョンが一筋縄ではいきません。この子が「猟奇的な彼女」なのですが、まさしくその名にふさわしいぶっ飛んだ性格なのです


酒と自由と庶民を愛し、頻繁に王宮を抜け出しては居酒屋でエイや鶏の足をつまみに酒をかっ食らい、大いに酔っぱらってはお付きの内官、ヨンシン(リュ・ダム)や護衛のピョリ(テリ)を悩ませていたそうです


もちろん、ギジュンもへミョンを邪魔に思っていて、隙あらば始末しようと狙っていました。何せ素行が素行ですから、いつ廃位されてもおかしくない姫ではあるのですが


一方、このへミョンのお相手となるのが両班のキョン・ウ(チュウォン)です。キョン・ウは大提学キョン・ピリョン(チョ・ヒボン)の息子と家柄も申し分ない上に朝鮮一の天才で、清への3年の留学を終えて帰国したばかりでした。その実力たるやフィジョンからも「朝鮮の国宝と称えられているほどです。


ルックスも良いため、ギジュンの娘のチョン・ダヨン(キム・ユネ)を初めとする女子が大勢群がりますが、本人は涼しい顔をしてその状況を楽しんでいたようです。まだまだ女性との真剣交際には興味がないといった風情でしたね


が、そこへ現れたのがへミョンです。へミョンは酒を飲み過ぎて、橋の上で吐きそうになっていた所、それを身投げと勘違いしたキョン・ウが助けました。哀れなキョン・ウは、そのまま、へミョンの吐しゃ物を浴びせかけられてしまいます。いやはや、なんとも気の毒です


挙句、酔っぱらって記憶の無いへミョンは、キョン・ウを痴漢だと思い込んだ上、自分が無くした指輪をキョン・ウが盗んだと誤解してしまいました。キョン・ウは、愛する弟元子の師匠に任命されたばかりだというのに。


その後これを知ったヘミョンは、ことあるごとに元子の前に現れてはキョン・ウを変態呼ばわりしましたこんな男が元子の師匠だなんて!( `ー´)ノ。もちろんキョン・ウも黙ってやられてばかりいられません。指輪を見つけたら見る目を変えてもらうよう約束を取り付けます


ふたりは早速、街で悪徳高利貸しのドチ(キム・ヤンウ)が経営している質屋へ出かけました。扱っている品はほとんどが盗品のようです。


残念ながら指輪は見つかりませんでしたが、へミョンはドチが付けていた貸付の帳簿をこっそり盗んでしまいました。正義感あふれるへミョンは、弱い立場の庶民が高利に苦しんでいる姿を見ていられなかったのです


このドチをギジュンが利用することになるのは「蛇の道は蛇」ってやつでしょうかね。ギジュンの腹心らしいウォルミョン(カン・シンヒョ)はドチに近づき、へミョンを誘拐して始末するよう命じました。ちょうど天灯祭で町が大いに盛り上がっている時です


この時キョン・ウは、へミョンの指輪がこともあろうに妹のキョン・ヒ(チョン・ダビン)を通してダヨンの手に渡っていたことを知り、早速返してもらおうとしていたところでした。へミョンはそうとも知らず、キョン・ウとダヨンが一緒にいるのを見て嫉妬(?)し、ふたりの邪魔をしに行きます。ソバニム!ダーリン♪


またダヨンがいかにも鼻持ちならない嫌な感じの女なのですよね。やはり父親に似たのでしょうか


傍若無人なへミョンの行動に腹を立てたキョン・ウは、祭りの人ごみの中にへミョンを置き去りにしてしまいました。


とはいえ、どうしてもヘミョンのことが気になっていたところに、従事官のカン・ジュニョン(イ・ジョンシン)がへミョンを捜しにやってきます。どうして王宮に帰さなかったのですか!


キョン・ウは必死でへミョンを捜し、ついにドチのアジトに現れましたキョン・ウは武芸も達者らしい( *´艸`)。怪我を負いながらもヘミョンを救おうとするキョン・ウを、へミョンも今度こそ少しは見直してくれるかもしれませんね


猟奇的な彼女」は一見相反する深刻な時代劇の要素とラブコメ要素がうま~くかみ合って実に面白いドラマに仕上がっていますよね。続きを見るのが楽しみです


 
これは是非ノーカットで見てみたい

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ