2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

被告人 ネタバレと感想 第13&14話 プリズンブレイク

チソンさん主演の韓国ミステリー、【被告人】はついにその時がやってきました。プリズンブレイク=脱獄です以下早速ネタバレです(^^)/


ジョンウの計画はチョルシクに自分の腹を刺させ、それをミノの仕業に見せかけるという奇策でした。さすがのミノも不意を突かれ、ただ大騒ぎするだけです。俺はやっていない!はめられた!!ざまあみろでござったね( *´艸`)


刑務所内の医務課長、キム・ソンファ(ソ・ジョンヨン)は精神科が専門だから、外科的処置ができないと踏んでのことです


その思惑通りジョンウは外部の病院へ搬送されましたが、ようやく我に帰ったミノが他の病院ではなく、チャミョン病院に連れて行くよう手を回しました


が、幸いなことに、そこには肺炎を起こしたハヨンも来院しています。ソンギュはハヨンをウネに会わせようとしてウネの叔母の店に連れて行ったのですが、そこでハヨンの高熱を指摘されて、急いで救急車で搬送した先がチャミョン病院だったのです。


そんなこととは知らないジョンウは、護送に付き添った刑務官たちが去ると即、拘束を解こうと用意していた鍵を取り出しました。これはあらかじめ調達屋のタヌキから手に入れていたようです。が、ジョンウを恨んでいるタヌキは「偽物」をつかませたようで、用意してきた鍵では手錠を外すことができません


焦るジョンウの前に現れたのはテスでした。テスは「ハヨンは生きている」というジョンウの言葉を信じ、ジョンウの脱走を手助けしてくれます。手錠の鍵のみならず、目立たぬように病衣と白衣、それに携帯も渡してくれました。


早速ジョンウがそれでウネに電話をしたころ、ウネはウネで叔母からハヨンのことを聞き、友人の検事ヨ・ミンギョン(ハン・ジウ)に頼んでソンギュの通話記録から位置情報を調べてもらっていました。その結果、ソンギュはチャミョン病院にいることが判明します


ハヨンはチャミョン病院にいるわ!このウネもなかなかカッコいいな~きりっとして( `ー´)ノ


驚いたジョンウは早速病院中を捜し回りました。その頃ジョンウの失踪はもう刑務官たちの知るところとなり、ミノとともにチャミョン病院に向かっていた所長は烈火のごとく檄を飛ばしています。もっと早く飛ばせ!!


一方ジョンウはようやくハヨンの病室に辿り着きました。そこにはソンギュもいて、涙ながらにこれまでのことを謝罪します。事情を聴いたジョンウはソンギュを責めるどころか、これまでハヨンを無事匿ってくれた礼を言いました。


その後ジョンウはハヨンを背負って逃げようとしますが、追っ手が迫っていることを知ると、ソンギュにハヨンを託して自分が囮になって敵の注意を引きつけます。刺された傷が悪化して立っているのもやっとだろうに、ハヨンのために必死で走り回るジョンウが哀れでなりませんでしたね


俺はここだ!


結局ジョンウはミノの手下に捕まって、手術を受けることなく刑務所に追いかえされました。手違いで、別の場所で手術したため行方が分からなくなっていただけで逃亡を図ったのではないとミノが嘘をついたからです。


刑務所に戻ってきたジョンウはもう瀕死の状態で、これに気づいた医務課長のソンファはすぐに「元外科医の受刑者」を呼びました。それがミルヤンです。もう何(十?)年もメスを握っていない、と語りながらも、見事に傷を縫いあげたシーンは楽しかったですね~。毎日チクチクと皆の繕い物をしていただけのことはあります


翌日ミノが医務室にやってきて、自分は出所するがおまえはもうどこへも行けないとさんざん嫌みを言った挙句、所長に真実を明かした時も楽しかった。3866ことジョンウは脱走を図ったために手術を受けていないと聞いた所長が急いで確認に行っても、ジョンウの傷はきれいに縫い終わった後なのです


おのれ~こわっぱ、嘘をつきやがって!


もはや「ソウル」に呼び寄せるなどという約束は反故にされたと思ってよいでしょうな


それで所長は再度ジョンウに取引を持ち掛けました。刑務所内で快適に過ごしたいなら、「秘密」を暴露することだ


ジョンウは慎重に、でもちょっとだけその「秘密」を明かしました。チャ・ソノ代表が弟のミノを殺しました


ただし記憶がないので確証はない~思い出したらまた報告するというジョンウの言葉を信じた所長は、ジョンウに破格の待遇を与えました。ジョンウは食事や図書を配る係に抜擢されたのです。この辺はショーシャンクを思い出しますね


ジョンウはこの立場を利用し、チョルシクの協力を得て刑務所内の様子を徹底的に調べ始めました。それを同じ房にいる受刑者のムンチ(オ・デファン)が嗅ぎ付けて、自分も脱獄に加えてほしいと言ってきます。ムンチは逮捕される前に購入したロトで20億当てていたのだそうです。それでいつもそのクジを湿布を張って腹に隠していたのですね~。早く出ないと20億が無効になってしまう!


しかもムンチは、以前刑務所内で起きた騒ぎに紛れ、刑務官から鍵束を盗み取っていたのだそうです。鍵があればジョンウの計画が実行しやすくなるのは歴然です


仕方なくムンチを仲間に加えた3人でしたが、いつもこそこそ相談をしていたために、他の受刑者にも計画がばれてしまいました。刑務所暮らしが気に入っているというムロク(チョ・ジェリョン)とミルヤンは快く賛成してくれましたが、家族のために早く出所したいという房長だけは渋ります。帰りの船に乗ると連絡したから景気が伸びるのは困る~刑務所に入っていることは内緒なのです


~今気づいたのですが、「パンジャン」は固有名詞(名前)じゃなくて房長の韓国語読みですよね、きっと


その房長も、ハヨンが生きていたと聞いては協力せずにいられません。仕方なく、急きょ「大西洋に行く」ことにしたそうです


こうして21号室の受刑者たちが一丸となって脱獄準備にかかってからは実に楽しかったですね~絶対に脱獄するぞ!(^^)/。ショーシャンクやプリズンブレイクなど脱獄モノは大好きなのです


刑務官から信頼されているミルヤンは、防犯カメラの映像を見て、どの時間にどの場所が監視されるのか、そのパターンを割りだしました。ジョンウはこれに合わせて警備の手薄なところを探し、夜には鍵を使って房を抜け出して、脱獄に最適なルートを確認します


これを何度か繰り返した後、ようやくルートが決まりました。最も警備が手薄なのは所長室だったため、そこを通っていくのがベストのようです


が、予告ではどうやら所長本人がこの脱獄計画に気づいてしまうようですサミュエル・ノートンみたいなヤツだ( `ー´)ノ


でもそこはきっとテスが味方になってくれますよねきっとテスが助けてくれる(^^)/。ハヨンが生きていると知ってから、ずっとジョンウの行動に気を配っていたようですし。おそらくは既に脱獄計画についても気づいていることでしょう。


一方ミノは、ヨニの身代わりになって捕まったことで彼女の信頼を取り戻したようですが、会長からは体よく利用されそうな気配です。相手がソノなら庇ったかもしれませんが、出来損ないのミノですからね。蜥蜴の尻尾にされるのはまず間違いないことでしょう


「父親に愛されなかったがために道を踏み外した不幸な男」は韓ドラではお馴染みですが、あの年になったら親のせいにはできませんよ~やっぱり自業自得と言わざるを得ませんな


さてそろそろ今日の放送時間ですね~。続きが見たくてたまりません


 
立ち位置が入れ替わっているのがまた意味深でござるね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ