2018/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>

被告人 ネタバレと感想 第20話 反撃開始

チソンさん主演の韓国ミステリー、【被告人】は「反撃」モードに入ってからますます面白くなりましたね~被告人のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。なんで最初からこうできなかったのか、とついつい思っちまいますが、それは言わずもがなでござりまする


以下そんな痛快この上ないエピソードのネタバレです


ジョンウが復職してから2カ月ほどたった夜のことです。ジョンウは、それまでずっとキム・ソクを見張っていたチョルシクとともにソクの車を尾行しました。するとソクは、二人の隙をついてダンプに乗り換え、ふたりを追いかけてきます。どうやらジョンウの車の下に発信器を仕掛けておいたようです。


その勢いたるやすさまじい迫力だったものの、ジョンウは単なる警告だと推理しました。本気で殺す気なら、ライトを消してもっと静かに迫ってくるはずだ


一方でジョンウは、ミノの周辺で起きた事件を1つ1つ丁寧に検証し始めました。公的には「チャミョンには手を出さない」という約束で復職したようですが、そんなことは建前に過ぎません


ここでチェ部長が、ジョンウのために殺されかけた捜査官のコ・ドンユンを車椅子に乗せて連れてきてくれたのは嬉しかったですね。ジョンウは、じきにまた一緒に走れるようになる、今は居てくれるだけで勇気が出ると励ましました


ジョンウは早速そのドンユンとチェ部長の3人でミノを追いつめる計画を立てます。それには腹心のキム・ソクを利用するのが一番だと考えたジョンウは、唯一の「失踪事件」を利用することにしました。被害者は、ミノとの密会後、行方知れずになったジェニファー・リーです。


これを使ってキム・ソクを揺さぶる!ここからが実に楽しかった(^^)/


大衆食堂で食事をしていたソクは、ニュースでジェニファー・リーの遺体が見つかったとの報道を目にして驚きました。そんなばかな!


慌ててジェニファーの遺体を埋めた場所に駆けつけるソクを、ジョンウとチョルシクが追いかけますソクがまんまと引っかかった(^^)/。この近くにはミノの別荘がある


遺体を埋めたらしい場所で掘り返した跡が無いことに安堵していたソクの前にジョンウとチョルシクが現れました。ソクは騙されたことに気づいて反撃しますが、1対2では叶うはずもありません。あっさり捕まってしまったようです


その後ジョンウはこの切り札を持ってミノの会社に乗りこみましたミノの隠し部屋に現れます( ゚Д゚)。なんとジョンウは、ミノの秘書をしているキム・ジョンフン(キム・ギョンナム)を懐柔していたのだそうです。キム秘書は元々チャ会長の側近でしたが、その死をきっかけに、いつ自分を殺すか分からないミノを見限ったのだそうです


ジョンウはキム秘書の協力を得てミノの部屋に入って待ち伏せし、そこに現れたミノにジェニファー・リーを見つけたと明かしました。引き続き別荘からは血痕も見つかります


ミノは急いでジュニョクに電話をし、ソクの口を封じるよう依頼しますが、ジュニョクはソクを見つけることができません。なんとソクは、チョルシクが山の中に首だけ出して生き埋めにしていたのです。確かにあれでは絶対に逃げることなどできません


ダンプのおもちゃをリモコンで操作し、ソクの顔に何度もぶつけた挙句、ゴルフの的にしていたのは実に楽しかったですね~笑っちゃいかんかもしれんけど可笑しすぎ( *´艸`)。何せソクは、いくら命令されたとは言え、少なくとも解剖医とキム・ヨンジュ(チョルシクの親分)、そしてソンギュと3人も殺しているのですからね


ジョンウはソクの首に、このままだとお前は間違いなく死刑だが、ミノは証拠不十分で無実だ、と語りかけました。もし協力してくれたら、死刑だけは免れるようにしてやると司法取引したわけです。


ミノも検察に出頭し、ジョンウの取り調べを受けました。ここでソクがチャ部長の取り調べの途中でトイレに行ったらしく、ミノと鉢合わせします。ミノは厭味ったらしくソクを責め、すべての罪をかぶるよう促しました。ミノは6年前にソクを救った恩人なのだそうです。それもホントかどうか怪しいものです


いや~本当にひどい男でやんすね。そんな男の悪事を知りながら、自分と息子を守れと命じるヨニにも呆れてものが言えません


次回はそのヨニにジョンウが目を付けるようです。またハヨンがジュニョクの改心に一役買うようでしたね


今日はその21話もこの後引き続きアップしますね被告人が面白い(^^)/


 
立ち位置が入れ替わっているのがまた意味深でござるね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ