2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

そろばん侍-風の市兵衛 あらすじと感想 第4話 雷神(第二部・上)

向井理さん主演の【そろばん侍-風の市兵衛】、今週は4話目で第二部の「雷神」(上)です。一部の「春の風」が実に象徴的だったので、今度の「雷神」は何を表しているのかがまた気になるところでござりまするが、予告を見る限りではどうやら(天外の?)背中の刺青のようでしたね


さて今回市兵衛が雇われた先は、内藤新宿の目抜き通りにある磐栄(いわさか)屋という呉服屋でした。そろばんのみならず「腕っぷしも要求されたという仕事は破格の待遇だそうですが、その分危険なにおいもぷんぷん漂ってきます。何せ磐栄屋の主人の天外(高橋克実)は暴漢に襲われたばかりなのです


この「内藤新宿」とはいかなる場所か気になってwikiさんを覗いてみたところ、ちょうど現在の新宿1丁目から3丁目のあたりだそうです。元々は三河松平家の家臣、内藤家の領地だったことから「内藤宿」と呼ばれていたのが、徳川綱吉の時代に日本橋-高井戸宿間に新しい宿場が必要だという要請によって作られたのがこの「内藤新宿」なのだとか。


ところがその後、吉宗の時代に風紀が厳しく取り締まられたため(享保の改革)、次第に岡場所としてもにぎわい始めた内藤新宿も廃止となってしまったのだそうです。


それが田沼意次の時代を経て取り締まりが緩くなったのをきっかけに、家斉の時代(文化)には宿場が再開されたのだそうです。それ以来この地は繁栄を続け、現在の新宿となったらしいです。


余談はこれぐらいにして話をドラマに戻しますると()、他に引き受け手が無いから俺に白羽の矢を立てたのだろうと図星を刺された矢藤太はでも、あくまでも、市兵衛にうってつけの仕事だから取っておいたのだと主張しました


迎えに来たシッカリ者の丁稚、丸平(がんぺい~坂田響)とともに磐栄屋へ向かった市兵衛は、早速その「腕っぷし」を披露します。天外が怪我をしたため、代わりに娘のお絹(小芝風花~千代@あさが来た)が店を切り盛りしていたところ、いかにもチンピラ風な男たちが因縁をつけてきたのです


早速市兵衛が「腕っぷし」に物を言わせると、お絹は隣近所に迷惑だと咎めましたが、いかにも優男風な市兵衛ではどうにも頼りないとを不安視していた丸平は大喜びでした。矢藤太の言う通り、人は見かけによらんのだす。


市兵衛が頼んでいた渡り用人だと知ったお絹は早速彼を天外に引き合わせました。そこで市兵衛は、お絹がなぜ「腕っぷし」を必要としたか、その理由を明かされます。お絹は天外に代わって秩父の絹市に出かけようとしていたのです。


磐栄屋では、白絹を秩父から仕入れては練りや染めなどの細工を施して反物にし、裏のだんご長屋に住む縫い子に頼んで着物や羽織を仕立てているのだそうです。それにはどうしても白絹を仕入れねばなりませぬ。


が、天外にとって店は確かに宝だが、お絹は命なのだそう。


大切な一人娘を危険な目に遭わせることなどできない!


そこで市兵衛が用心棒に雇われたという訳ですね。矢藤太の主張通り、市兵衛にはうってつけの仕事でござったね


旅のお供には秩父出身だという丸平が選ばれました。丸平は、同じく秩父の出身だという天外をたいそう尊敬しており、その天外が怪我をした隙を狙って磐栄屋の番頭や手代を何人も引き抜いたらしい麹町の大店、岸屋新蔵(山中崇)の仕打ちにひどく憤慨していました。


きっと卑怯な手を使ったに違いないんだ!


その岸屋は尾張藩家老=鳴瀬家の御用達をしている一方で、内藤新宿への進出計画を着々と進めていたようです。いかにも如才なさそうな岸屋は日本橋商人の問屋仲間寄合にも参加し、賭場を開いて彼らのご機嫌を取ることも忘れません。


同心の鬼渋が、天外は物取りではなく「怨恨」で襲われたに違いないと見当をつけていたことからも、丸平の推測は当たっている=岸屋が裏にいるのは間違いなさそうです。磐栄屋は今、お上から菩提寺を立てるという理由でその土地を返上するよう命じられているらしいのですが、菩提寺建立は建前で、岸屋がこの土地を狙っているのでございましょう


岸屋以外にも、一見天外をひどく心配していたかに見えた大黒屋重五(阪田マサノブ)も、キャストがキャストなだけに怪しくなかったですか?


絹市に着いたお絹は、最初は「若い女」という理由だけで誰からも相手にされませんでしたが、市兵衛からここはお絹が頑張るしかないのだと励まされ、積極的に声をかけた結果、ようやく質の良い白絹を仕入れることに成功します


一度の敗北や失敗がすべての首尾ではない。己の都合のいい手立てや場など誰も用意はしてくれない


幼い頃から苦労を重ねて来た市兵衛ならではの金言でしたね


行きとは打って変わって足取り軽やかなお絹と市兵衛たちを、またしてもあの「青」ともうひとりの猪吉(松田慎也)が襲います


生きていたのか!?


果たして市兵衛は岸屋(と大黒屋)の陰謀を阻止することができるのかそろばん侍は次回もとっても楽しみですねそろばん侍が面白いよ~(^^)/



風の市兵衛シリーズは全21巻もあるのだそう~ドラマも是非シリーズ化してほしい

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
オッキー  

やっと昨日見ることができました。
回を重ねることに面白さが増してきました。
子役の丸平くん、いい味だしてます。最初、女の子と思いましたけど。

ブルーとの戦い、途中で終わるところがなんともじらします(苦笑)。
かっこいいわ、ブルー。

ほんとうにぜひともシリーズ化、願いますね。

2018/06/21 (Thu) 07:11 | 編集 | 返信 |   
オッキーさんへ  
リアルですよね

オッキーさん、こんにちは~♪

大坂地震、大変でしたね。
オッキーさんとこは被害少なさそうで何よりでした。
まだまだ余震には気をつけてくださいね~。

そろばん侍の丸平くん、実に可愛いですよね~。
もうすっかり気に入りました(^^)/。

おお、青(せい)は「ブルー」なのですね( *´艸`)。
やはり実際の武闘家だけあってカッコいいですよね~。
サムライブルーも好発進ですし(^_-)-☆。

今週の放送も楽しみですねv-343。こん

2018/06/21 (Thu) 09:09 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ