2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想 第4話 父と息子

開封府~北宋を包む青い天~のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想、登場人物一覧


中国ドラマ、【開封府~北宋を包む青い天~】の第4話は「父と息子」です。これがまた涙無くしては見られないエピソードでございました開封府の周懐仁が気の毒すぎて泣けた( ;∀;)。以下ネタバレのあらすじです開封府のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


牢から連れ出された包拯はそのまま釈放となりました。雨柔はやはり包拯を覚えていたのだそうです


端午はその後どうしたのかと尋ね、包拯が家に引き取ったというと「嫁に貰ったのか?」と重ねて聞いたところを見ると、雨柔も多少は包拯に関心があるようでしたね


雨柔は開封府に向かう包拯に、父で開封府の尹である尹若朝への手紙を託しました。尹というのは長官の意味もありますが、雨柔の姓でもあったらしいです。つまり父親は尹尹??


包拯は、自分だけではなく、冷清も釈放してほしいと頼みました。彼は父親に会いに行く途中で、決して悪人ではないから


が、これがまた包拯に災難をもたらします。冷清の捜していた父親とは、なんとなんと皇帝の真宗だったのだそうです!?


皇子を騙る輩の連れということで、包拯はまたしても杖刑を受ける羽目になりました。冷清には、もし万が一本物だった場合のことを考えて、酒とご馳走が振る舞われたというのに


知っていることをすべて白状しろ!あの男は本当に皇子なのか?!洗いざらい白状せんか( `ー´)ノ


どんなに痛い目に遭わされようが、包拯に答えられるはずがありません


冷清は、皇帝の息子だという証に、着物をはだけ、胸にしていた赤い前掛けを見せました。これは、皇帝の寵愛を受けた女性が賜る品なのだそうです。冷清曰く、母の名前は福珠と言い、沈妃の侍女をしていたのだそう。つまり真宗はしょっちゅう侍女に手を出していたというわけですな


皇帝のお手付きとなったことが沈妃に知られた福珠は、すぐに後宮から追い出されて故郷に戻ったところで、冷青の妊娠に気づいたそうです。その後福珠は冷青を連れて他の男と結婚したそうです。


皇宮では早速その真偽が問われましたが、福珠という次女は実在し、冷青の話は真実だったことが判明します。


が、問題なのは、果たして冷青がその時生まれた子どもかどうかということですよね。


それでなくても真宗は今、ようやく会えた益児にすら疑心を抱いていたのです。益児があまりにも周懐仁を慕うからです。益児は本当に私の子どもなのだろうか?


また妃たち~楊妃と劉妃も、本物の皇太子に気にいられようとして会いに行ったのに、周懐仁に警戒されたのが気に入らなかったようです


そうそう、食事の際、周懐仁がいつも青女に先に食べさせていたのは、乳母や青女を大切に思っていたからだと思っていましたが、どうやら「毒味」の意味合いもあったようです


腹を立てた妃たちは真宗に、今でも益児は裏で周懐仁を父と呼んでいると告げ口しました


真宗は、今はまだ自分が生きているから良いが、自分が死んだらどうなるかと憂え、陳林に命じて周懐仁を殺すことにします


陳林は周懐仁の皇帝や益児への忠誠心を信じていましたが、皇帝の命令では逆らうことができません。沈痛な面持ちで毒酒を運んでいくと、周懐仁は既にすべてを予測していて、酒を断り、自らの首を斬って果てました真宗の人でなし!( `ー´)ノ。最期に益児のことをよろしく頼むと陳林に頼んで


翌日周懐仁の姿が見えないことに不安を抱いた益児に、陳林は、周懐仁は故郷に帰ったのだと嘘をつきました。もう戻ってこないかもしれないと言ったそのすぐ後に、周懐仁の遺体を納めた棺が運ばれていきます。


益児がずっとその棺を見つめていたのが何とも哀れでなりませんでした。陳林は、あれは奴婢だと語ったけれど、周懐仁も奴婢だということは益児にも分かっていたのですから。


夫が殺されたにもかかわらず、山の中での4人の生活を懐かしみ、青女の父は周懐仁だと語った乳母も気の毒でしたね乳母役の女性が桜井ユキさんに似てる( *´艸`)


それでも乳母は、周懐仁が益児を実の息子のように大切に思っていたことをよく知っていて、だからこそそのために自害したのだと理解していたようです。その周懐仁のためにも、青女ともども、今後もずっと益児を守ってくれることでしょう


話を冷青に戻しましょう


真宗は尹に真相を突き止めるよう命じましたが、尹は、事が大きすぎるので、王延齢の力を借りたいと申し出ました。その頃張徳林は真宗が牽制の目的から辺境に追いやってしまっています。


果たして冷青は本物の皇子なのか?包拯への誤解は解けるのか?


予告によれば「雨柔の婿」とか更なる誤解を受けていましたよね。きっとまた雨柔が手紙に余計なことを書いてきたに違いありませんね。でも確かに劉復はロクな男じゃありませんでしたから、嫁に行きたくない気持ちは分りまするが


生真面目な包拯をついつい応援したくなる「開封府~北宋を包む青い天~」は来週の放送も楽しみですね



開封府~北宋を包む青い天~ DVD-BOX1~3

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ