2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

ブロードチャーチ S1 ネタバレと感想 第2話 母親の告白

英国ドラマ【ブロードチャーチ~殺意の町~】の第2話は「母親の告白」です。以下早速ネタバレですブロードチャーチのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ダニーの殺害現場が特定されました


アレックが、ダニーの配達区域だったブライア・クリフを歩いていると、ダニーの遺体が見つかった現場から1.5マイル(2.4キロ)ほど離れたところに小屋が見つかったそうです。小屋の主は「アンソニー・ライアン」でしたが、どうやら連絡が取れなかったらしく、アレックは、この小屋を掃除しているという女性=スーザン・ライト(Pauline Quirke)から鍵を借りることにしました。


このスーザンこそ、1話にちょこちょこ登場し、いかにも意味ありげな表情を浮かべていた女性です。どうやら彼女はビーチ沿いにあるトレーラーハウスに住んでいるらしいのですが、そのロッカーにはスケートボードが入っていました。どう考えても彼女がスケボーをするとは思えませんから、あれはやはりアレックたちが必死に探していたダニーのスケボーなのでしょうね


そしてアンソニー・ライアンの小屋からも、ダニーの血のついた指紋が発見されました。これだけでもここがダニーの殺害現場であることは間違いなさそうですが、これに加えて、なんとなんと、台所のシンク(流し)からはマークの指紋が検出されたそうなのです!?


そのマークは、やはりあの夜は仕事ではなく、海岸で誰かを待っていたようでした。この様子は監視カメラに収められていたそうですが、予算削減のため、テープは1日1本しか使えないそうで、マークが誰に会ったのかまでは分からずじまいでした


アレックがマークに確認したところ、マークは「友人」(a mate)に会ったとしか答えません。これではそれが男なのか女なのかすら分かりませんが、マークは、息子が殺されたショックで寝不足が続き、思い出せないとごまかします


でもさすがに「流しの指紋」はごまかせませんよね。ただ、マークはなにせ配管工なので、修理に呼ばれたと言われたら終わりでしょうが


マイクの秘密に関してはダニーも何か知っていたようです。今回押収されたダニーのPCから、SNSの投稿記録が手に入ったのです。ダニーはマーク宛にこんなメッセージを送っていたそうです


12th May: dear Dad, remember me? I'm the one you used to play with?
5月12日、親愛なるパパへ。僕を覚えている?昔よく遊んでくれたよね。


その次に、これは実際エリーが読んでいたプリントアウトには書かれてはいなかったのですが、こうも投稿していたそうです。


12th May: I know what HE's doing.
5月12日、僕は彼(=パパ)が何をしてるか知っている。


ここで「remember me」や「I'm the one~~」が使われているのがまたなんとも切ないですよね。マークは、少なくとも最近は、全然良き父親じゃなかったということですからね


ちなみにダニーは、クロエとBFのディーン・トーマス(Jacob Anderson)の関係も知っていたようです。また部屋に鍵をかけたいとも書いていたのは自分にも秘密があるからでしょうか。


一方、副題にもあるように今回は「母親=ベスの告白」も紹介されました。ベスはどうやら妊娠しているようなのです。それも今回バスルームに行ったシーンで確認したらしい。


ダニーを亡くしたばかりの今、しかも夫に秘密があるかもしれないという時に、素直に喜べないらしいのが気の毒でしたね。ベスはこれを、ちょうど通りかかった牧師のコール・ポーツ(Arthur Darvill)にだけ打ち明けています。


このコールはどうやらまだブロードチャーチに来て間もないらしく、町民との交流もさほど親密ではないようです。信心深いリズはコールを励ましていましたが、息子のマークは、ラティマー家の力になりたいと語ったコールの好意を曲解していたようです。マークの解釈が間違っていると決めつけるのは時期尚早かもしれませんが


またクロエは、コカイン販売の仲立ちをしていたことが判明します。クロエというより、ディーンが行っていたようですね。


今回ダニーのことでラティマー家の家宅捜索が行われた結果、クロエの部屋からはコカインが、ダニーのベッドからは500ポンドが見つかったそうです。コカインはもちろん、そんな大金を11歳の男の子が持っていたら怪しんで当然です。


エリーはこっそりクロエを呼び出し、誰からコカインを手に入れたのか問い詰めました。クロエは、ホテル経営者のベッカ・フィッシャーだと答えます。ベッカは、VIPの客から頼まれたと供述しましたが、真相のほどは分かりません。500ポンドについてはクロエもベッカも知らないようです。


またアレックは、ジャック・マーシャルからダニーについて思い出したことがあると言われて会いに行きました。ジャックは、ダニーも所属していた少年団、シーブリゲイドの責任者でもあるようです。これはアレックもダニーの部屋でネーム入りのグッズを見つけてましたよね。


ジャックの話は、先月の終わり頃、水曜日の朝7時45分頃に、リントン・ヒルに向かう途中の崖の上で、ダニーが郵便配達員のケヴィン・グリーン(Jack Ashton)と口論をしているのを見かけたということでした。


アレックとエリーは早速ケヴィンに話を聞きに行きますが、ケヴィンは、ダニーとはしばらく会っていないと答えます。事件のあった日のケヴィンのアリバイはまだ確認が取れていません。


一方で、意外なヒントも与えられます。なんと「死者と交流」できるという人物、スティーヴ・コネリー(Will Mellor)がやってきて、ダニーの死は水に関係があるとのお告げがあったと言い出したのです!?


I've been told it's something to do with water. He was he was in a boat. Like he was he was put in a boat.
彼はボートに乗っていた。押し込められたといったほうがいい。


最初はこれを信じなかったアレックも、どうやら知人らしい人物からのメッセージには、驚きが隠せませんでした


She says she forgives you. About the pendant.
彼女はあなたを許すと言っている。ペンダントのことだ。


スティーヴが聞こえるのは死者の話らしいですから、この「彼女」は亡くなっているのですよね。最初はサンドブルックの被害者かとも思ったけれど、他のシーンでリズが首にかけた十字架(ペンダント)を触っていたところがクローズアップされたのを見ると、もしかしたら同じ年代の女性=アレックの母親を暗示していたのかもしれません


いかにも人間臭いエリーと、もともと根暗らしいのに過去の事件でますます陰気臭くなった?アレックとのやり取りも楽しいですよね。どうやらスコットランド人らしいアレックは健康にも問題があるように見えましたが?


小さな町特有の様々な人間模様がミステリーに絡み合ってきて、実に見ごたえのあるドラマでござるね


果たしてマークの秘密は何なのか~第3話「父親の嘘」で明らかにされそうです



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ