2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

グッド・ドクター あらすじと感想 第1話 コミュニケーション能力とは他人を思いやれること

山﨑賢人さん主演の【グッド・ドクター】を見始めました。以前韓国版を見てものすごぉ~く感動したので、楽しみにしていました


山崎さん、これまではどちらかというとキツイ役しか見たことが無かったのですが、今回は雰囲気をガラリと変えてきましたねグッド・ドクターが面白かった~(^^)/。話し方や仕草ももちろんですが、目の表情がまた素晴らしいですいつも穏やかに微笑んでいて邪気の無い様子がサイコー(^^)/。もうすっかり湊の応援団長になった気分で見ていました


以下第1話のネタバレのあらすじです。


主人公の新堂湊(山崎賢人)は自閉症でありながら飛びぬけて優れた才能を持つというサヴァン症候群の青年です。幼い頃から周囲の理解不足が原因で苛めを受けてきましたが、兄の奏太(田中奏生)と診療所の医師だった司賀明(柄本明)だけは湊の才能を高く評価し、将来は立派な医者になれると励ましてくれたそうです


特に奏太は手彫りのメスを作ってプレゼントしてくれました。その後まもなく不幸な事故で亡くなったその兄お手製のメスを、湊は今でも大切に持っています


大人になれない子どもを無くすそれが湊の願いです♪


子どものうちに死んでしまった兄のような子どもを無くしたいと固く誓った湊は、東大医学部を首席で卒業し、医師国家試験にも合格して、司賀が現在院長をしている東郷記念病院のレジデントとして小児外科で働くことになりました。


その東郷病院ではちょうど高いスキルと人格の双方が必要とされる小児外科の赤字経営が問題視されていました。父亡き後理事長に就任した東郷美智(中村ゆり)は、小児外科の予算を削ると言い出しましたが、当の小児外科からは反対の声が上がります。それでなくても少ない人員で頑張っているのに!


そこで司賀は待ってましたとばかりに湊の話を持ち出しました。美智は湊が自閉症だと聞いただけで猛反対しましたが、副院長の猪口隆之介(板尾創路)は司賀の意見を支持します。司賀がすべての責任は自分が取ると言ったからです。猪口は湊を口実に司賀を失脚させようとしているのです


一方湊は、そんな思惑などまったく知らず、初出勤のバスに乗っていました。バスを降りたところで事故に遭遇した湊は、事故に巻き込まれて倒れていた男の子の治療にあたります。最初はやはり通りがかって医師を名乗った男性が手当てをしようとしましたが、彼の治療は大人向けで子どもには適しませんでした。


それでは死んでしまいます!


湊は、やはり幼い男の子が事故に巻き込まれたシアトルでのケースを思い出し、その時に使われた代替用具をかき集めました。緊張性気胸の緊急治療にカッターやボールペンを使うのはドラマでも良く目にするところですが、お酒の瓶を使って、空気が逆流しないようドレナージするのは初めて見ました


応急処置が終わり、救急車が到着したので湊は立ち去ろうとしますが、子どもの母親が湊にも付き添ってほしいと言い出します。幸運にも救急車は東郷記念病院へ向かっていました。


湊が少年を救った様子はすぐに動画にアップされ、経営陣の知るところとなります。動画に対するコメントも絶賛の嵐で、とりあえずは誰も文句が言えなくなりました


一方で、病院に到着した湊は少年の心臓に異変が生じていることを一生懸命訴えようとしますが心エコー!、誰にも相手にされません


ただ一人、小児外科医の瀬戸夏美(上野樹里)だけが、その声に気づきました。最初は無視してしまったものの、実際に主任外科医の高山誠司(藤木直人)がこの異変に気づいた時、はっと思い当ります。さっき「心エコー」「心嚢」って言ってた!?


それもあって、ようやく入ってきた新人が自閉症だと知った医局員たちはぶつくさ文句を言いましたが、夏美は彼らを注意しました。あんた達よりよっぽど優秀かもよ


これを小耳に挟んだ科長の間宮啓介(戸次重幸)は、夏美を湊の教育係に指名します。


夏美は、着任早々、医局員や患者のデータから病院内の配置・構造にいたるまですべて把握していた湊に驚きますが、湊の能力はそれだけではありませんでした。高山を初めとする皆が危惧していた「コミュニケーション能力」も、湊なりの方法ではあったものの、誰よりも卓越していたことが徐々に分かっていきます


目にしたものすべてを一瞬で記憶できる湊は、横紋筋肉腫という小児ガンで闘病中の少年、柏木将輝(まさき~嶺岸煌桜)が短冊に書いた願いも見て取っていました。ウルトラマンが好きだという圭太は3年に渡る抗がん治療をようやく終えてやっと念願の小学校に入学できると喜んでいた矢先、ガンが再発していることが分かったそうです


将輝の母親の祥子(安藤聖)は、小学校へ行ける日を楽しみにして辛い治療を乗り切った将輝にどうしても真実が告げられずにいましたが、それを湊があっさり告げてしまいます。将輝君は再発したため小学校へはいけません


これで湊は祥子は元より間宮や夏美からも顰蹙を買ってしまいましたが、湊には彼らが怒っている理由が分かりません。湊には、ほかならぬ将輝自身が誰よりも「真実」を知りたがっていたことを素早く見抜いていたからです


大人でさえも辛い治療を頑張って耐え抜いた将輝は誰よりも強い精神力の持ち主でした。将輝が早く退院したかったのも、小学校に行きたいのはもちろんですが、母親の誕生日を我が家で祝いたかったからなのだそうです。その願いが病棟の廊下に飾ってあった短冊に書かれていたのだそう。


しかも湊は将輝の急変に誰よりも早く気づきました。イレウスです!その痛みはイレウスです!( `ー´)ノ


将輝の主治医は間宮でしたが、大事な会議と偽って接待ゴルフに出かけていたため、電話をかけても、朝見た時は何でもなかったから放っておけ、と答えます


絞扼性イレウスです。早く手術をしないと死んでしまいます!!早く手術しなくちゃ!


ちょうどその頃高山と夏美は別の手術に入っていました。残りはフェローとレジデントしかいないらしく、皆オロオロするばかりです。湊が意を決して将輝をオペ室に運ぼうとしても、必死で止めに来る始末なのです


心電計の警告音が鳴り響く中、苦しむ将輝を前に何もできずに突っ立っていた看護師の橋口太郎(浜野謙太)は、ついに覚悟を決めました。湊を止めるレジデントの中島(浅香航大)を突き飛ばし、湊とともにベッドをオペ室へと運びます将輝君を救え!( `ー´)ノ


が、さすがに手術をするまでには至らず、事情を知った高山が二つの手術を掛け持ちすることになりました。なんとか無事2つの手術を終えた高山は、手術室の前で将輝を心配していた湊を突き飛ばして厳しく叱りつけます自分のしたことが分かるか!( `ー´)ノ。お前は医者失格だ!今回は運が良かったが、運が悪かったらふたりとも死なせていた!!


それでも湊は将輝が助かったことを喜びました。湊が将輝に再発を告知して以来ずっと湊を恨んでいた祥子も、湊が気づいてくれたおかげだ、湊のおかげで助かった!と礼を言います


とりあえずはゴルフを切り上げたのか、のこのこと帰ってきた間宮は、高山から将輝の主治医の変更を告げられました。この期に及んで科長のメンツなど知ったことではありません


また夏美は、自分と同じようにずっと食事を取れずにいた湊を病院近くの食堂に誘ってくれました。夏美が焼いてくれたお肉を食べながら、湊はおにぎりを注文するのも忘れません。湊はおにぎりが大好きなのです


韓国版を見始めた頃、ちょうどこの高山役にあたるドクターを演じたチュ・サンウクさんが憎らしくてならなかったことを懐かしく思い出しました。ネタバレする気はありませんが、彼があんなに厳しいのにもそれなりの理由があるのですよ。それが彼が眺めていたあの写真なのです。もうちょっと我慢してやってくださいね


気に入ったドラマのリメイク版は、楽しみな反面ちょっと心配だったりするものですが、この「グッド・ドクター」に関してはまったくの杞憂でございました。続きもとっても楽しみです



韓国版もまた見たくなっちまいましたチュウォンさんのグッドドクターも絶品でした(^^)/

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ