2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

ブロードチャーチ S2 ネタバレと感想 第3&4話 証言

英国ドラマ、【ブロードチャーチ】の3話と4話はどちらも「証言」です。前者が刑事によるもの、そして後者は目撃者によるものです。いやいやこれまたとんでもない展開になってまいりました


以下ネタバレのあらすじです。前回同様、ブロードチャーチ事件とサンドブルック事件の2つに分けて語らせていただきまする


まずはブロードチャーチの事件から


ジョーは相変わらず無実を主張し続けていました。今では本人もすっかりその気になっているらしく、その鉄面皮の様子たるや、同じパソコンを使っていたエリーやトムが疑われてもまったく動じないほどです


それはきっと代理人のシャロン・ビショップの影響も大きいですよね


どうやらシャロンの息子のジョナ(Nakay Kpaka)は服役中らしく、以前のジョスリンとの会話から類推するに、ヨナもまた(有罪であるにもかかわらず)無罪を主張しているものと思われます。それなのにジョスリンはヨナの有罪を確信し、シャロンがどんなに頼んでも彼の弁護を引き受けなかった


ずっとそれを恨みに思っていたシャロンは、今回、ジョスリンへの当てつけのようにジョーの代理人を買って出たのではないでしょうか。それでジョスリンは「アンフェアだ」と言ったのではないでしょうか。


~あくまでもまだ推理(妄想)の範囲でござる、念のため


シャロンの目には、ジョーの姿に息子の姿が重なって、それが嘘だと分かっていても、事実を捻じ曲げてでも「無実」にしなくちゃならんのでしょう。それはアビーのこの台詞からも明らかです


Shit, Sharon, he totally did itI don't ever wanna hear you speak like that. We don't know for sure.
シャロン、彼は絶対にやってるわ


ジョーへの暴行を責められたばかりか、アレックとの不倫まで疑われたエリーがやりきれませんね。クレアに勧められて事に及んだ見知らぬ男との一夜はどんなにか虚しかったことでしょう。しかもベスはいまだにエリーを憎んでいますし


I am sick of everyone putting their shit on me and I'm not responsible for it. I'm sick to the back teeth of taking flak for stuff I haven't done!
私の責任じゃないのに責められるのはもううんざり。やってもいないことで非難されるのには辟易する


この言葉がすべてを物語っていますエリーが可哀想すぎてみてられない(;´Д`)。可哀想なエリー。唯一クロエやマークがエリーを信じて同情的なのが救いですね


でもジョスリンも負けてはいません。彼女の用意した切り札は2枚。ジョーの元同僚とルーシーの証言です


前者は、普段は大人しいジョーが、いきなり怒りだして男性を殴りつけたことがあると証言しました。皆で慌てて止めたものの、その男性はろっ骨を3本も折る大けがをしていたそうです


そしてルーシーは、ダニーが殺された夜にジョーが服を捨てたのを見たと証言しました。これまでは、男を見たが誰だか分からないと語っていたのに、今回ははっきりジョーだと特定したのです。以前もそう伝えたはずだけど?


これは明らかに偽証ですが、ここまで図々しいとシラを切り通しちゃうかもしれませんね。姉の嘘を知るエリーはハラハラです


こうしてジョスリンがまた優位に立ちましたジョスリン、負けるな(^^)/。噂通りの辣腕ですが、ジョスリンはどうやら目に問題を抱えているようで、膨大な裁判資料を読むのはかなり辛い作業のようです。しかもジョスリンの母は認知症で施設に入っているらしく、その支払いも滞っていたようです。


一方のシャロンもまたとんでもない切り札を用意してきました。スーザンです。証言台に立ったスーザンは、あの晩見たのは間違いなくナイジェだったと証言しました


スーザンはどうやらガンで余命9カ月と宣告されたらしく、せめてナイジェと和解しようと戻ってきたようなのですが、ナイジェからまったく相手にされなかったために、こんな逆襲に出たのでしょうか。それとも、ナイジェがモンスターだと確信し、自分が生きている間に葬ろうとしたのでしょうか


この間、ベスは無事に女の子を出産しました。ベスはこの子を、母の名、エリザベスにちなんでリジーと名付けたそうです。


マークは、こんどこそ「失敗」はできないと、これからは育児に専念すると約束しました。リジーと一緒にいるために、トムとの密会も断りますが、トムはこれで見捨てられたと感じていたようです。ジョーと言いマークと言い、子どもはおもちゃじゃないのですから、自分の都合の良い時だけ可愛がる、じゃすまないのにね


そしてベスには新たな道が示されました


ベスは亡くなったダニーのためにも同じ年頃の少年を支援したいと言い出しました。この話を聞いたマギーやオリヴァ―は、そのような団体は既に存在しているので、寄付は集まらないと助言します。


ポールを含めた3人は、子どもを狙った性犯罪者の更生を支援する団体ならベスにうってつけだと考えたそうです。被害者のベスが先頭に立てば、必ず寄付は集まるはず。


I'm not brave. I can't do that. I'm not that forgiving.
私は勇敢でもなければ慈悲深くもないからできない。


この活動を通してベスがエリーを心から許せる日が来ると期待したいものですが。


さて次はサンドブルック事件です。こちらもまた混沌としてまいりました。とりあえずは、いくつか気になった点をまとめておきます。


まず、あくまでも今のところですが、リー・アシュワースが犯人だというのは間違いなさそうです。クレアはエリーに、事件があった日の夜、アシュワースが自分に薬を飲ませたので朝の5時まで眠っていたが、翌朝アシュワースは家中を掃除していた、と明かしました。


でも実際には、これは回想シーンですが、クレアはアシュワースを問い詰め、なんらかの「自供」を引き出したようです。それでクレアはアシュワースが犯人だと確信して逃げることにしたのでしょう。


それはクレアの検索履歴を見ても明らかです。エリーがクレアの隙を狙ってスマホの履歴をチェックしたところ、キーワードにはアシュワースの名と「ペンダント」が残っていたのだそうです。ペンダントは証拠品ですが、押収してすぐに盗まれたはずですから、クレアが検索するのは不自然ですよね。検索するのはペンダントの行方を気にしている証ですから


そのクレアですが、理性はアシュワースが危険だと告げても、感情と身体はまだ彼を求めているらしく、クレアはあっさりアシュワースとベッドをともにしてしまいました。彼女が言っていた通り、アシュワースはクレアにとって「麻薬」なのでございましょう


そしてアシュワースは、これまたジョー同様、犯人は自分ではなく、被害者の父親たち、リッキーとデヴィッドのギレスピー兄弟だと主張します。


シーズン1にも登場したピッパの母、ケイト(Amanda Drew)もまた、夫のリッキー(Shaun Dooley)はうぬぼれがひどく、隣のクレアとも怪しかったと打ち明けました。しかもピッパが殺された当日は、出席した結婚式の花嫁付添人のティファニー・エヴァンスと浮気していたのだそうです


そんな破廉恥な男なら、娘を殺してもおかしくないかもしれない


アレックは、アシュワースの主張もあながち否定したものではないと思い始めます。その上、これもエリーが探り出したクレアの登録番号の相手がリッキーだったことが視聴者にだけ明かされます。ケイトの推理通り、やはりクレアとリッキーは不倫をしていたのでしょうか。アレックとクレアという話も、エリーとアレックよりは信憑性が高そうです


そしてそのリッキーの部屋に、例のブルーベルの花畑を撮影した写真が飾ってありました。クレアにブルーベルの押し花を送ってきたのはこのリッキーなのかもしれません


ピッパの遺体は数日水に漬かって腐敗し始めていたそうです。これを見つけたのはアレックだったそうで、アレックは自分の娘と同い年のピッパを抱きかかえて連れて来たそうです


今回はそのアレックの娘のデイジー(Hannah Rae)と元妻のテス・ヘンチャード(Lucy Cohu)も登場しました。テスはリッキーにアレックが来ることを知らせたらしいですが、リッキーがデイジーの目の前でアレックを責めているのをよくも平気で見てられましたよね


You're a failure! You can never put it right.
お前が失敗した!(たとえ再捜査をしても)もう取り返しがつかない。


ペンダントを無くしたのは自分のせいなのに、それを庇ってくれたアレックが責められているのを傍観しているなんてひどすぎやんかこのテスがまた図々しい


今回アレックも怒っていましたけれど、何故にこうも善人ばかりが割を食ってしまうのでしょうか


This is how people like Ashworth get let off, while decent people get treated like shit, having aspersions cast on them.
アシュワースのような男は野放しで、善人が中傷されてく〇のように扱われる。


次回はどうやらリッキーもブロードチャーチに乗り込んでくる気配です。というのも、オリヴァーが、マギーの許可を得ず勝手にブログで「サンドブルック事件の容疑者がブロードチャーチにいる」と公表してしまったからです。まったくこの息子はロクなことをしませんよね。シーズン1でオリヴァーを炊きつけていたカレンはもう出てこれんでしょうな


なんとか悪人が罰せられて善人が報われる裁きを期待したいものです



ブロードチャーチ ~殺意の町~シーズン1 コレクターズBOX [DVD]

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ