2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

健康で文化的な最低限度の生活 あらすじと感想 第1話 誰かのために汗かく夏

吉岡里帆さん主演のドラマ、【健康で文化的な最低限度の生活】(略して「ケンカツ」)を見始めました。火曜は既に1本決まっていたのでよほどのことがなければご遠慮しようと思っていたのが、これが「よほど以上()のドラマだったため、またしても見る羽目になってしまったおばさんです。いや~良いドラマになりそうです


テーマは福祉~生活保護を受けている人々とそのケアにあたるケースワーカーの日常を描いた作品です


副題に使わせていただいたのは公式HPに書かれていたフレーズです。今時、自分のことで精一杯、他人のことなど知ったことじゃないというせちがらい世の中で、真剣に他人のために汗をかいている人々がいる~自分もまた昨年来母の介護を通じて、こちらは介護保険関係の方々ですが、実に献身的なその姿には本当に頭が下がりました被災地でのボランティア活動も素晴らしいです


劇中にもあったように、たとえケースワーカーとはいえ、時々は自分を大切にして逃げ場を作らないと擦り切れてしまうのは当然ですが、主人公の義経えみる(吉岡里帆)は、それではいけない、と自分を戒めます。何か人間として大切なものを失ってしまう義経えみるの成長物語♪


きれいごとだけでは済まないのは百も承知ですが、酷暑のこの夏、このような爽やかなドラマに出会えて本当に感激です。以下ネタバレのあらすじです。ちなみに、公式HPにあったスピンオフも視聴したので、その情報もプラスしてあります。


主人公の義経えみるは、学生時代に自主製作の映画を作ったほどの映画マニアです。母親曰く、芸術的才能はなかったけれど、好きなものにぶつかっていける才能だけは持ち合わせているそうです


そんなえみるが選んだのは「安定」を約束された公務員でした。が、生活保護を扱う「生活課」に配属されて110世帯を担当するよう命じられるとひどく困惑してしまいます


同期の仲間たちも暗い顔をしていました。やっていけるか心配。不正受給とかも多そうだし


その不安は的中し、職場は蜂の巣をつついたような大騒ぎなのに、指導係の半田明伸(井浦新)は、今日はまだ静かな方だと説明しました。


何せ全国で約213万人の方が生活保護を受けているのですからね


ただ普通に会社勤めをしていれば、他人の人生にそう深く関わることはありませんが、ケースワーカーは違います。人生の深い部分、しかもどちらかといえば「人に知られたくない部分に関わるのが仕事なのです。問題点を見つけ、できることなら解決に導く手助けをする。


リストラや就職難のみならず、覚せい剤にDV、虐待に自傷、統合失調症に解離性障害などなど、メモを取ろうにも取れないほどの「問題」が山積みです


えみるが担当することになった受給者のひとり、平川孝則(堤匡孝)は、平凡なサラリーマンだったのが、ある時妻がガンを発症したため看病に専念したのだそうです。4年後、妻の他界を機に会社を辞めて3か月後、生活保護を申請したそうです。


看病のために辞職したならともかく、亡くなるまで席を置いていたのなら、なんとか頑張ってこの悲しみを乗り越えてほしかったですが、逆に辞めずにいたことが亡き妻や職場の同僚への罪悪感となり、辞めざるを得なくなったのでしょうか


平川はすっかり憔悴し、周囲に電話をかけては「自殺」を仄めかしていたそうです。ケースワーカーや親戚もこれには慣れっこになっていて、放っておけと言わんばかりでしたが、えみるはどうにも気になって数時間電話で平川の話に付き合った挙句、とにかく会って話をしようと説得しました。


あ~疲れた!自分にご褒美!!もうやってらんない!( ;∀;)


帰宅してお気に入りの映画をスクリーンで見ていても、やっぱり気が晴れません。それでも最後のヒロインの決め台詞で、なんとか自分を励ましました。


Tomorrow is another day!なんとかなるさ


が、現実はそんなに甘くはありませんでした。平川は本当に自殺してしまったのだそうです!


いくら君のせいではないと言われても、なかなかそうは思えませんよね。あの時もっと親身になって話を聞いてやっていれば。会いに来いなどと言わずに、自分から訪ねてやっていれば、自殺などせずに済んだかもしれないのに私のせいだ!


ぼんやり座っていたえみるを励まそうと、面接相談員の川岸彩(鈴木アメリ)が声をかけてきました。


責任を感じることないよ。国の税金から出ていた月13万の生活保護費が減った訳だし。自分の抱えているケースが1つ減ってよかったじゃん


半田とともに訪れた平川の部屋はきれいに片付けられていて、美しい花や亡き妻と撮った写真がたくさん飾られていました。健康な時と闘病中の姿~そのどちらからもふたりの仲睦まじさが伝わってきます。その空間に身を置くことで、妻を亡くした平川の絶望が伝わってきます


だめだ。それ言っちゃダメだ。それ言っちゃったら、何か大切なものを失う気がする人の命は13万に代えられない( `ー´)ノ


えみるは同期の栗橋千奈(川栄李奈)に自分の気持ちを打ち明けました。私、平川さんの電話、面倒だと思ってた。サイテーだ!ケースワーカーやる資格ないわ


千奈はこれには答えず、自転車に油を差しておいたとだけ告げました。えみると千奈は同じ、ペダルをこぐとキーキー言う古い自転車を使って家庭訪問をしているのです。


この時えみるは丸山幸子(小野和子)という孫と二人暮らしの高齢者も担当していました。幸子はどうやら認知症らしく、家のことはほとんどできていないようで、その食糧はまだ幼い孫のハルカ(永岡心花)が調達していたようです。


最初の訪問では何もできなかったようですが、2カ月後には、おそらくは介護保険と連携を取ったのか、幸子の病状は目に見えてよくなっていたようでした。認知症は周囲の理解と協力で改善可能な病気なのです。


えみるはこの時、阿久沢正男(遠藤憲一)という男性も担当していました。面談の際に咳が止まらないのが気になってあれこれ聞いてみたところ、阿久沢は日に1度しか食事をしていないことが判明します。


生活保護費を生活費以外の目的で使っているのではないか?


えみるに問い詰められた阿久沢は、ようやく借金があるのだと告白しました。もう15年間も払い続けて今なお完済していないのだそうです


えみるはすぐに法テラスに相談すべきだと主張しますが、阿久沢はもうすっかり諦めきった様子でした。先輩の石橋五郎(内場勝則)曰く、これを「不幸慣れ」と呼ぶそうです


あまりにも長い間不幸な状態が続くと、それが当たり前に思えてしまい、改善しようなどとは思えなくなってしまうのだそう。あ~これ分かる分かる。たとえ努力をしても報われなかった時のことを考えると、それだけでやる気が起きなくなっちまうのですよね


えみるは、阿久沢がなんやかんや口実を作っては前進しようとしないのがもどかしくてなりませんが、相手は自分の父親ほども年上の男性ですから、なかなか突破口が見つかりません


そこで半田が助け舟を出してくれました。半田は缶コーヒーを手にやってきて、阿久沢の過去を聞き出します


阿久沢は印刷業を営んでいたのですが、ペーパーレスという時代の流れで業績が悪化し、何とかしようと焦るたびに借金が膨らんでしまったのだそうです。このままではいけないと、娘と妻には妻の実家に戻ってもらって以来、娘には会っておらず、もう15年が経つそうです。


今となってはもう過去のことは諦めた。借金を返済することだけが私の生きる理由だ


借金を返すことばかりに目が行っていたのは阿久沢だけではありませんでした。えみるもまた、阿久沢の話を聞くことで、阿久沢の抱えている問題がどこにあるのか気づきます。えみるの脳裏を平川夫妻の幸せそうな笑顔がよぎりました


もうあんな思いはしたくない!必ず阿久沢さんを助ける( `ー´)ノ


えみるは、阿久沢が偶然見かけた女性に娘の面影を見て以来、ずっとその女性を待ち続けていることを知り、阿久沢が過去を捨て切れていないと確信しました。まだやり直したいってことじゃないですか


たった1回の人生です。私たちにできることがあれば何でもします。阿久沢さんの人生、一緒に考えます


実はえみる、丸山幸子の孫のハルカにも初対面で同じことを言っていました。できることがあったら何でも言ってね


ハルカは、本当になんでもしてくれるのか?と問いかえし、えみるが言いよどんだのをめざとく見てとり、本当にできないのなら簡単に言うなと叱られてしまったのですよね。


でも今回のえみるは違いました。その言葉は決してお愛想ではなく、心からあふれ出た素直な気持ちだということは、その目を見れば明らかです。できることはどんなことでもしただろうし、たとえできなくても、なんとかそれに近い代替案を考えたはず。


こうしてついに法テラスの門を叩いた阿久沢に、天使が微笑みました。阿久沢は既に借金を完済していて、過払い金も150万円に達していたことが判明したのです


もっと早く言ってくれればよかったのに!


だから何度も言ってますってと言いながら、えみるもとっても嬉しそうです


これから先のことを考えられそうだと語った泣き笑いの阿久沢の顔は、えみるにとっても今後の励みになること請け合いですね


私も阿久沢さんに救われました。この仕事、なんとかやっていけそうです!


本当に大変なお仕事だと思います。でも、こうした深いところでの人間同士の絆を味わえるのも、今の時代、本当に素敵なことだと思います生活保護は命の最後の砦です


これからのえみるの活躍に期待します。続きもとっても楽しみですケンカツ、面白くなりそうです(^^)/



健康で文化的な最低限度の生活 1-6巻 新品セット (クーポンで+3%ポイント)


寝苦しい夜に読むにはピッタリかも

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ