2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

高嶺の花 あらすじと感想 第2話 真由美は市松の刺客らしい

野島伸司さん脚本、石原さとみさん主演のドラマ、【高嶺の花】は2話も面白かったですね。やはりももの破談はあの人の陰謀だったようです。以下ネタバレのあらすじです高嶺の花のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


やはりですね~拓真は市松が放った刺客=真由美のハニートラップにかかったようです。市松は、大切な後継者のももが、あんな平凡な男と結婚して華道を捨てるのが我慢ならなかったのでしょう。運転手の高井はこのことを知っていたようです。


芸術家に愛などいらん


確かにやり方は卑劣でしたが、拓真という男に対する見方は正しかったようです。拓真は、真由美の妊娠には責任を取るが、どうしてもももを忘れられないから、真由美に内緒で時々会おうとももを誘ってきたのです


真由美を愛していないんだ


そんなことなら、ももが「ストーカー」した時、どうして警察に訴えたりしたんでしょうね真由美が騒いでも止めればよかったのに


でもこれでももはようやく拓真への気持ちを吹っ切ることができました。傷つけられた心はまだ癒えないけれど、その心が拓真を求めることはもう二度とないことでしょう


が、拓真も、新居の整理をしていた際に真由美が「月島流の師範代」だと知ってしまいます。


ハニートラップの中身?如何によっては、真由美のお腹の子どもが拓真の子ではない可能性も出てきました。そもそも本当に妊娠しているのでしょうか?


拓真がももとの不倫を仄めかすような男性じゃなければ同情するとこですが、今となってはもう後の祭りでござるコイツは信用ならん(;´Д`)


一方ももは、もう一度華道を極めようと決意します。一流の華道家は自分からは見えない「後ろ生け」をする際、もうひとりの自分が向こう側で見ていると想像力を働かせるものなのだそうです。


今回ももは月島流のイベントで「後ろ生け」をしたわけですが、今のももにはもう一人の自分が存在せず、完璧な作品を仕上げるには至らなかったようですね。「向こう側」で見ていた市松の視線もそれを物語っていたようです。


鏡に映っているもう一人の自分は偽物


ももは幼い頃は入るのを嫌がっていた蔵?で花の修行を始めました。


それとは別にぷーさんとの仲も進行中です。このキャラを知れば知るほど直人より「ぷーさんがピッタリです


実はぷーさん、前回の見合いは断られたのではなく断ったのだそうです


そうとは知らない仲間たちがこぞってももに電話するようぷーさんをけしかけました。彼らはいまだにももがキャバ嬢だと思い込んでいます


ももも、最初はあっけにとられたものの、そのまま調子を合わせました。指名してくれればボトル一本サービスするわ


ももは嘘をホントにするために、駅前キャバレー花に面接を受けに行きました。


「掃き溜めに鶴だ!


支配人はもものあまりの美しさに感動し、VIP待遇で即採用してくれます。


ももは早速やってきたぷーさんとぷーさんの仲間=田村幸平(袴田吉彦)と原田太郎(吉田ウーロン太)に話を合わせてはしゃいでいました。幸平と太郎は、ふたりは一周まわってお似合いかもしれないからいっそのこと付き合っちまえ、とけしかけます。


ももも悪乗りして「つきあう?」と尋ねると、ぷーさんは真面目な顔でこう返しました


俺、好きって言いましたっけ?


その場の空気は一変し、ももは真顔で固まりました


ぷーさんは慌てて太郎の娘の秋保(高橋ひかる)に教えられたととりなします。そう言えば女子はドキッとするって言われたんだけど


幸平と太郎は「イケメン」だけに許されるツンデレ台詞なのに「ブサメン」のお前が言うか!とこき下ろしました。ももも、

「イラっと来たわ

と睨みつけた後に大笑いします。もう、ぷーさん、面白い!ウケるんですけど!ヤバーい!!ホントはドキッとしたくせに( *´艸`)


そう言いながら、拓真に呼び出されて()ショックを受けたももは、もう一度ぷーさんを訪ねて交際を申し込みました。


忘れさせてよ!自転車屋でしょ?この流れに乗らなくてどーすんのよ!パンクでもしてんの?!蝶じゃなくてもアブラムシやカナブンだって蜜を吸いに来ていいのよ!


もー支離滅裂なんですが、ぷーさんはももが高嶺の花だから裏がありそうで怖いと答えます。少し考えさせてください。


ももはとうとう耐えきれず、ぷーさんをぶん殴って出て行きましたもう知らない!


よかった。元気出たみたいで。こっちは鼻血出たけどどこまでも限りなく優しい♪


自分がもう少し若かったら名乗り出るのにとどさくさに紛れて主張していた元教頭先生(城後光義)が言う通り、ぷーさんには人を癒す不思議な能力があるようです


あの宗太も、最初はネットカフェに隠れていましたが、ぷーさんからメールで何度も激励されてその気になります。君はこれまでひどい人に会い過ぎた。これからは大丈夫


その後、公園に自転車を停めてトイレに入った宗太は、外に出たらいかにも怖そうなお兄さんたちが自転車を取り囲んでいる様子におののきました


面白えな。坊主、頑張れよ!


彼らは因縁を付けに来たのではなく、「日本一周」ののぼりを見て励ましてくれたのです


宗太はすっかり嬉しくなって自転車をこぎ出していきました。それもぷーさんが「左脳」に訴えかけたのが良かったのかもしれません


それはももにも効きました


ぷーさんから祭りに呼ばれたももは浴衣を着て現れました。ぷーさんは太鼓が得意らしく、はっぴを着て太鼓をたたく姿はなかなか凛々しくて決まっています


ぷーさんは舞台の下から見ていたももを舞台の上に呼んで自分の右側に置き、一緒に太鼓を叩かせました。最初は楽しそうに叩いていたももが次第に泣き顔になっていくのがまた何とも言えず悲しかった


「あんたが何もしていないのに彼女がふいに目の前で泣いたら、他の男をまだ思ってんの。そりゃ切ないのさ」


亡き節子の言葉を思い出したぷーさんは、目の前で必死に涙をこらえているももの顔から目が離せませんぷーさんも切ない( ;∀;)


Love me tender, love me sweet. Never let me goこのラブミーテンダーがまたすごくいい♪.


このBGMがまた実にしっとりと効果的です雰囲気にピッタリです


ぷーさんは、ベンチに腰掛けてビールを飲み始めたももに、元カレを忘れさせるのは割と簡単だと言い出しました。そのとつとつとした物言いに、ももは信じる気になったと答えます。左側から言ってくれたからだね


暑い夏、祭りの提灯に照らされて笑うふたりが、何とも言えずイイ雰囲気を醸し出していました夏の一コマが素敵


夏の祭りは風情があるね~( *´艸`)

また一方ではおどろおどろしいエピソードも展開されています


ももの月島流復帰を怖れたルリ子は、宇都宮龍一と共謀してこれを阻止しようと目論みました。龍一とななを一緒にさせて月島流を乗っ取らせるつもりです。ルリ子は見返りとして名簿を差し出しましたが、龍一は、名簿など既に手に入れたと豪語し、ルリ子を抱きました。裏切らないという確証が欲しいのだそう


ルリ子は龍一とベッドを共にした後、その龍一にななを誘惑する秘策を授けます。あの子はロマンチストだから、生まれ変わりとか転生という言葉に弱いの


案の定、最初は突っ張っていたななも、龍一の芝居にコロリと騙されてしまいました。予告を見る限りでは、龍一と一緒になるためなら姉を出し抜いて家元になると宣言していたようです


いやいやドロドロしてきそうざんすね


それ以外では、ももが幼い頃から月島家で働いているらしい金さん・銀さん(正司照枝・正司花江)がまた何ともいい味出してますね


イケメンの龍一よりもブサメンのぷーさんの方が百倍素敵に見える高嶺の花」は続きもとぉ~っても楽しみですね



見逃した方は今からでもアマゾンプライムで視聴できますよ~

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ