2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

そろばん侍-風の市兵衛 最終回 あらすじと感想 帰り船(第三部・下)

向井理さん主演の【そろばん侍-風の市兵衛】もいよいよ夕べが最終回でした。期待通り、スカッと終わってくれて気持ちが良かったですね~。以下ネタバレのあらすじですそろばん侍最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


勘七郎は早速店に戻って伊右衛門を初めとする店の者たちに直買いのことを問いただしました。が、図々しい伊右衛門はもちろんしらばくれます。直買いなどとんでもない!いったい何を証拠にそんなことを!?


市兵衛は、とうとうと言い訳を重ねる伊右衛門に、今は直買いの有無を問うているのではなく、直買いがあったことは事実であり、皆も承知のはずだと言い切りました。その上で市兵衛は、訴えがあったからには奉行所の詮議は免れぬ、白状するまで責め苦を受けると脅します


いたたまれなくなった平次はついに白状しますが、伊右衛門は、拷問など老中の許可が無ければできないと笑い飛ばしました。いったいこの男は自分を何様だと思っているのでしょうね


市兵衛は、それは牢屋敷内の話であって、奉行所では奉行の許可があれば問題ないと否定します


手代のふたりは既に石を抱かされる自分の姿を思い描いてぶるぶる震えだしました。いやだ、そんなの私は嫌だ!!


伊右衛門は仕方なく、土井家の荷物を運んだことは認めました。が、中身は知らないし、そもそもこの話を持ってきたのは本家だとうそぶきます。お疑いになるのなら、土浦に行って確かめたらいかがですか?


そこで勘七郎と美早は早速土浦へ向かいました。もちろん市兵衛も同行します。


市兵衛から話を聞いた鬼渋は、今助弥に命じて土井家の荷物がどこで誰に売られているのかを調べさせていると伝えました。それが分かれば皆一網打尽にできる!


その上で鬼渋は、追いつめられた奴らは道中必ず何か仕掛けてくると忠告しました。それで弥陀ノ介も付いていくことになったらしい。


鬼渋の予想通り、伊右衛門は早速小此木に訴えに行き、土浦への道中、3人を始末する手配を整えました。こちらには「化け猫」がいるから大丈夫だ。青はもはや市兵衛をつけ狙う怨霊扱いです。


また信正も土井家に参上しました。が、大炊頭は目通りを許さなかったため、信正は市兵衛に託された白木綿を置いてきます


そして鬼渋は、夜も更けた頃を見計らい、伊右衛門と手代たちが直買いした木綿を改めていた現場を取り押さえました


直売りと圭助殺しの罪で召し取る!神妙にしやがれ!( `ー´)ノ


その上鬼渋は、この伊右衛門たちから金をもらって奉行所の動きを逐一知らせていた同心の吉岡もひっとらえました


まったく、悪ってのははびこりやがるぜ


その頃船上の市兵衛たちも川賊どもを引き連れた青の襲撃を受けていました。市兵衛は先に勘七郎たちを逃がし、青と一対一の勝負をします


決着をつけよう!望むところだ!!


激しい死闘の末、この勝負は市兵衛に軍配が上がりました。青は市兵衛に斬られて絶命してしまいます。


川岸に就いた一行が先を急ごうとすると、今度は土井家勘定方の五代や板垣たちが襲ってきました。市兵衛が感じた気配によると、その数なんと20!


さすがの市兵衛もそれではキツイかと思われたところに、今度は信正が駆けつけてきました


天下御法度の直買い、直売りを行い、広国屋手代の圭助を殺害した。皆の者、神妙にいたせ!観念せい!( `ー´)ノ


手向かえば老中に害が及ぶと恫喝された五代たちは、仕方なく刀をおろし、神妙にお縄につきました


一方、すべてを知る小此木は老中大炊の命により秘かに始末されてしまいました。報告を受けた大炊頭は、小此木のことは二度と耳に入れるなと釘を刺し、「ふらちな家来ども」は、江戸でも国元でも一掃するよう命じました


言葉だけ聞けば「家来ども」が勝手に不正を行ったとも解釈できますが、あの嫌らしい笑顔はそうではないことを物語っていますよね。大炊頭は何もかも承知の上で知らん顔をしていた(時に甘い汁も吸っていた)に違いありません


小此木の口を封じられてしまったのは残念でしたが、この一件落着を機に、勘七郎と美早は祝言を挙げることになったそうです。勘七郎も美早と同じで、ずっと美早のことが好きだったのだそうです


鬼渋と助弥、そして市兵衛は風呂に漬かりながら、これで広国屋も安泰だと頷きあいました。鬼渋と助弥が「人の欲にはキリがない、ご公儀の威光と商人の富が手を結べば怖いものなしだ」と語り合うと、市兵衛は胸をトントンと叩き、「でも人はここがなければなりませんすべては心があってのこと( `ー´)ノと念押しします


本当にいつの時代もそうありたいものですね


その後市兵衛は、唐木を捨てて片岡に戻る気はないかとの弥陀ノ介の誘いをさらりとかわし、またしても「厄介な仕事」を引き受けることにしたようです。


また信正には妻がいないそうで、いずれは養子を取ることになるのだそう。筆頭目付が小料理屋の女将を妻にするわけには行きませんものね。信正が市兵衛を羨ましく思うのは当然です


風の向くまま気の向くまま~鋭い推理と飄々とした風貌で楽しませてくれた「そろばん侍」が終わってしまって土曜の夜が寂しくなりますね。早く次シーズンが見たいものです。その頃にはニャンコの名前も決まっていることでしょうか


梅とおぼろ月で季重なりでござるね( *´艸`)
猫逃げて 梅ゆすりけり 朧月(池西言水作)


また最後になりましたが、いつも足をお運びくださり、つたないあらすじをお読みくださいました皆々様には心より御礼申し上げます。SNSでの拡散も本当にありがとうございました。またいつか楽しいドラマをご一緒できますよう祈っております。酷暑の折柄、どうぞくれぐれもご自愛くださいますようにまたシーズン2でお会いできる日を楽しみにしています



シリーズ化、待ってますよ~

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ