2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

義母と娘のブルース あらすじと感想 第3話 PTA vs 戦国部長の軍配はどちらに?

綾瀬はるかさん主演のドラマ、【義母と娘のブルース】は回を追うごとに亜希子がますますキャラ立ちして面白くなってきましたね~。もはやすっかり「デブの大樹の気分でした


おまえのママ、マジですげえな!!この大樹がまた可愛い( *´艸`)


今回亜希子はPTAとの対決を余儀なくされました。以下ネタバレのあらすじです義母と娘のブルースのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


専業主婦になったとはいえ、バリバリのキャリアウーマンだった亜希子の習性はそう簡単には変わりません。スーパーでハム売り場を見ていた亜希子はおもむろにそのうちの1つを手に取り、店員に値下げの交渉を始めました


いくら「こだわりのハム」とはいえ価格が高すぎて競争力を失っています。値下げをご提案いたします


それで埒が明かないとなると、そのハムを作っている会社の社長に電話をしました


社長、お久しぶりです。極楽ハムの価格設定に関して(1つご忠告さしあげたいことがあるのですが)。


おかげで極上ハムが超安値になったと、みゆきの学校の父兄の一人がママ友に伝えました。あ、あの光友の部長さんだったって人ね?


その話を聞いたPTA会長の矢野晴美(奥貫薫)は、これで亜希子に対抗心を燃やしたようです


一方で、ママたちから「すごいママの話を聞いた子どもたちは、みゆきへの評価をガラリと変えて話しかけてきました。これまでみゆきには女の子の友達はひとりもいなかったそうで、皆から亜希子を褒められたみゆきは嬉しくなってしまいます。しかも皆が今度家に遊びに来たいと言い出したから尚更です。


これはみゆきにとって初めての「おうち会」なのです


みゆきは早速亜希子にこの事を告げて、亜希子の許可をもらいましたやったー!(^^)/。その時のみゆきの嬉しそうな笑顔はまさに1千万のボーナスです。亜希子にとっても、大樹に次いでの「母親デビュー」ですものね。そりゃあ気合も入ります


が、このおうち会が理不尽な形でドタキャンされてしまいました。亜希子が良一に頼まれてPTAに出席したことが原因です。


亜希子はPTAを「親と教師が連携し、子どものよりよい学校生活を創出するべく機能する組織と認識し、それならば「母親」という今の自分にとっての「Most Important Missionだ、全身全霊をかけコミットするのみお任せください( `ー´)ノ!と、いつも以上に張り切って出かけました。


綾瀬はるかちゃんサイコー(^^)/


が、何より合理性を重んじる亜希子は、PTAでの話し合いに納得できず、何度も質問を繰り返します。会長の矢野晴美は子どもが3人もいてもう10年も会長をしているらしく、そんな彼女が仕切っていたため、会議というより「狎れ合いの場」になっていたのです。


亜希子には嫌みのつもりはありませんでしたが、ママたちにとっては嫌み以外の何物でもなかったようです


怒ったママたちが子どもに圧力をかけ、おうち会に来させないようにしたと知った亜希子は、猛烈に腹を立てました


亜希子は早速パソコンに向かい、「卑劣な輩(やから)を戒めるスキーム」を考え始めます。PTAを叩きつぶし、廃止に追い込みます!!きわめて悪質なやり方で断じて許せません!


良一はあくまでも柔らかく亜希子のやり方は違うのではないかとと指摘しましたが、まさに怒髪天を突く勢いの亜希子を止めることはできません。亜希子は「べらぼうに可愛いみゆきから笑顔を奪った輩がも~とにかく許せないのですでもあくまでも顔は冷静です(笑


亜希子は早速、母親たちを訪ね、廃止の署名を集めました。その数なんと171名にも上ったそうです


一方、亜希子の活動を耳にした晴美は早速亜希子を学校に呼び出しましたが、口で亜希子に敵うはずもありません。何せ亜希子は生き馬の目を抜く営業の世界で「戦国部長と恐れられた傑人なのです。


晴美は、PTAが要らないのならそれでいい~1週間後に迫った運動会にも一切協力しない、とのたまいました。亜希子も、売られたケンカは買う方ですから、自分一人でこなして見せる、と言い返します


この話はすぐに噂となり、みゆきの耳にも入りました。困ったみゆきは教頭から呼び出されて学校に来ていた亜希子のもとへ駆けつけ、ママなら子どもが嫌われるようなことをしないでほしい、と訴えます


すると亜希子はこれには答えず、教師にこう語りかけました


先生、子どもがこんな発想になってよいのでしょうか?子どもは親が嫌われるようなことをしたら自分も嫌われると思っている。親は子どもが嫌われることを怖れて言葉を飲み込み、陰口で憂さを晴らす。

その背中を見て育った子どもは思うでしょう。長いものには巻かれればいい。強い奴には逆らうな。本当のことは陰で言うのが正しいんだって。だって、大好きなお父さんとお母さんはそうやっていたんだから!

私ごとで恐縮ですが、私は大事な一人娘にそんな背中を見せたくはありません。


みゆきと大樹は亜希子を心から尊敬したようです私の義母はどこまでもカッコいい戦うキャリアウーマンだった私の義母はキャリアウーマン♪


亜希子はベストを尽くして自分の言葉を守ろうと努力しました。人手が少なくて済むよう、ありとあらゆる場合を想定して準備をし、今では部下でもなんでもない田口にも協力を求めます。ちなみに田口には警官の格好をさせて、自転車や車の駐禁を徹底させました。また良一は「夫婦は一心同体」ということで、手伝ってもらいます


本来なら、義母になって初めての運動会ですから、みゆきの勇姿をカメラに納めたかったのですが、それも犠牲にして尽くしに尽くしていた亜希子にはついに協力者が現れました。PTAのママたちです。最後には、亜希子とやり合った役員までもが、このままでは悪者になる、と掌返しで手伝いました


唯一人最後まで手を出さずにいた晴海も、こっそりトイレを掃除してくれたようです


情報通の下山によると、晴海も亜希子と同じように仕事をバリバリやりたかったのに、妊娠のために仕事を辞めざるを得なかったようです。それでPTAの仕事に情熱を傾けすぎちまったのですね~


でも亜希子は、これまたいかにも亜希子らしく、あっさり負けを認めました。改革は必要ですが、PTAは必要です


その後晴美は、亜希子が撮り損ねた「みゆきと良一の二人三脚の写真」を送ってくれました。晴美もPTAの仕事が忙しくて、いつも写真が撮れなかったそうです。なかなかイイトコありますね


亜希子はPTA改革に協力し、晴海はいまだに家事に悪戦苦闘中の亜希子を助ける=宮本家の改革に協力することで手打ちとなりました。嫌らしい足の引っ張り合いはもうおしまいで、実に気持ちが良かったですね義母と娘のブルースが実に楽しい(^^)/


が、そんな幸せな毎日にも暗い影が差してきそうです。やはり良一は、来年の運動会への出席も危ぶまれるほどの病を抱えているようなのです


本当に「奇跡」が起きてくれたらよいのですがこういう展開はやりきれない(´;ω;`)


義母と娘のブルースは続きもとっても楽しみですね


 
義母と娘のブルース(上)・ (下) (ぶんか社コミックス)

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 2件

コメントはまだありません
ななし  
期限切れ

ハムの賞味期限2009.6.13になってたなw

2018/07/25 (Wed) 22:34 | 編集 | 返信 |   
ななしさんへ  
Re: 期限切れ

そうでしたか( ゚Д゚)!ご慧眼には感服いたしました^^。こん

2018/07/26 (Thu) 07:09 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ