2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

グッド・ドクター あらすじと感想 第4話 湊は子どもたちの代弁者

山﨑賢人さん主演の【グッド・ドクター】は4話もまたええ話でございましたね


患者役で登場した高松咲希ちゃんが、クロスロード~声なきに聞き形なきに見よ~で実に印象的だった雪乃ちゃんの時同様、また実に素晴らしかった~。その健気なまなざしには思わずもらい泣きしてしまったほどです


もちろん、湊の大活躍も素晴らしかったですよ。以下ネタバレのあらすじですグッドドクターのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


その湊の素晴らしさは、同僚や患者の家族より先に、当の患者=子どもたちの間に浸透してきました。術後間もない少女が懸命に不快感を訴えようとした際も、主治医の夏美はおろか、いつも遊んでいる子どもたちでさえ理解できなかった擬態語の意味を湊がズバリといい当てます


コラーゲンが蓄積されている証拠です。かゆみと痛みが発生し、夜は特に痛みに敏感になります


擬態語を並べられてちんぷんかんぷんだった夏美は、またしても湊の洞察力に感心しました。子どもたちの中でも年長で、より猜疑心が強いらしい伊予も、湊を見直したようです


その湊の力を必要とする患者が新たに搬送されてきました。公園で倒れているところ発見されて運ばれてきた少女は、一切口を利かぬばかりか、怯えて身体に触れさせようとすらしません。


唯一湊にだけは警戒心を少し緩めたものの、一切の治療や食事を拒んでいます。


そこで間宮が湊にこの少女を担当するよう命じました。でもそれは決して湊の力を認めたからではなく、湊に失敗させて司賀院長を失脚させようという猪口の謀略です


もちろん湊は大喜びです。夏美は、湊のことを心配するあまり落ち着きが無くなり、逆に湊から深呼吸を勧められていました


その後間もなく、少女の母親と名乗る女性が現れました。その女性、大石薫(瑛蓮~まりぶ妻@ゆとりですがなにか)は、少女はあかりという継子で、なさぬ仲の自分のせいで口を利かなくなったと打ち明けます。最初はそれでも話してくれていたのですが


確かに薫の言う通りだったのですが、実際にはもっと悪質だったことが判明します。薫は、あかりの父の修治(村上淳)がいる時はあかりを可愛がっているふりをしますが、修治が留守の時は、あかりをひどく苛めたのだそうです


あんたは邪魔だ!その目が嫌いだからこっちを見るな!あんたの声など聴きたくない!!消えて無くなれ!


あかりは、母を亡くしてからずっと父の修治が自分の世話で忙しくしていたことに心を痛めていたそうです。仕事と家事の両方で疲れ切っている修治が薫と結婚してからは楽になり、笑顔も浮かべるようになったことを心から喜んだのだそう


あかり自身も新しいママの薫と仲良くしたかったのに、薫はどんどん本性を現してあかりをないがしろにしたため、あかりはじっと耐えるしかなかったのだそうです。私さえ我慢すれば、パパは幸せでいられる!


湊は、薫が持ってきたあかりの所持品の中にあった日記帳を読んで真相を知りましたが、あかりから口止めされたために、何も言うことができなくなりました。薫が転院を言い出した時も、湊はあかりのためにあかりを連れて逃げようとしますが、理由を言えないため、皆から誤解されてしまいます。


しかも薫は二人を追いかけてきた際、誤って自分で勝手に転んだのに、湊に突き飛ばされたと嘘をついたのです


降ってわいたチャンスに喜んだ猪口は、早速湊を謹慎させてしまいました。司賀は、湊が辞める時は自分も辞めると申し出ます。


最初から湊に患者を担当させることを反対していた高山はひどく後悔しました。もっと早く担当を変えるべきだった!


その上高山は、猪口と間宮の話を廊下で偶然耳にし、猪口が湊を理由に司賀を失脚させるつもりで間宮に協力させたことを知ってしまいます。


一方、追いつめられたあかりは病院を抜け出してしまいました。夏美から連絡をもらった湊はすぐに、あかりが大好きだったという公園に向かい、あかりを発見します


どうして言ってはいけないのですか? 言わないと心が潰れてしまいます!!


困ったあかりはまたしても腹痛を訴えて苦しみだしました。湊は急いであかりを病院に連れ帰ります


その頃高山は、湊と同じように、あかりの日記を読み、真相に気づきました。また夏美は、薫が勝手に転んだのに湊に突き飛ばされたと嘘をついた現場を見ていた男の子から話を聞かされます。新堂先生は悪くない!


あかり連れて戻った湊は、的確にあかりの状況と治療法について話しだしました膿瘍が破裂しています!腹腔内を洗浄し、膿をドレナージすれば助けられます( ;∀;)。それを聞いた夏美は、あかりの状態を一番よく知っている担当医の湊を是非オペ室に入れてほしいと頼みます。さすがの高山もすぐに応じてくれました。


湊のおかげで状態の急変にも素早く対応することができ、手術は無事成功いたしました。湊が術中も自分の胸をトントンと叩いて、天国のお兄ちゃんにあかりの無事を祈っていた姿がまた印象的でしたねお兄ちゃんはいついかなる時も湊を助けてくれるのですね


が、湊はこれで終わりではない、と、目覚めたあかりを促します。我慢に我慢を重ねた結果が病気につながったのです。


あかりはついに「パパとふたりがいいママは要らない!と訴えました。


あかりがオペをしている間、廊下であかりの日記を読んで激しく後悔していた修治は、そこへのこのこと現れた薫を既に追い出しています。すぐに出ていけ!二度とあかりに近づくな


湊は、自分が痛いのを我慢しても父親のために沈黙を守ったあかりを見て、自分の父親を思い出したようです。湊の父親は湊が障害者だという理由で、やはり湊を虐待したのですよね。僕はお父さんが好きだったけど、お父さんは僕が嫌いだった。


それでも会いたい~医者になった自分を見たら喜んでくれるに違いないと湊は無邪気に笑いました


が、高山は、そんな湊を画像診断科に異動させようとしています。これはおそらく、高山なりに湊の能力を認めた結果の決断なのだと思われます。画像診断科ならコミュニケーションを取る必要が無いから、その才能を十分生かすことができますし、そうすれば、湊のせいで司賀が責任を取らされることも無くなるからです。


ふ~なかなか強敵です。これからも湊が1つ1つ信頼を築き上げていくしかありません


おばさんはこれからも湊を応援していきますよ~湊、負けるな( `ー´)ノ。次回の放送も待ち遠しいです



韓国版もお勧めですよ~チュウォンさんのグッドドクターも絶品でした(^^)/

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ