2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

サバイバル・ウェディング ネタバレと感想 第4話 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる?

波留さん主演のラブコメディ、【サバイバル・ウェディング】の4話で最も注目したのは、実は「サバイバル」なのはさやかだけじゃなさそうってことです。以下簡単なネタバレの感想です。サバイバルウェディングのネタバレ感想行きますよ~(^^)/


今回さやかはついに30歳の誕生日を迎えました。本来なら結婚するはずだったその日、さやかは誰からも祝ってもらえず一人寂しく残業をしています


そこへかかってきた電話は、やっぱり和也でした。さやかは寂しさに耐えきれず、つい、和也の誘いにフラフラ~と乗ってしまいます


この和也の誘い方もまた相変わらず嫌らしかったね~。結婚式に関することはすべてキャンセルしたけれど、ただ一つ、花嫁のブーケだけはキャンセルできなかった、さやかの好きなガーベラが届いているから取りに来ないか、というのです


おばさんだったら逆に寒気がしちゃいますが、さやかはまだまだ和也への思いを吹っ切れていないのです。それもきっとこの中途半端な優しさもどき=残酷さが原因です


和也はさやかと付き合っている時からずっとカオリとも一緒に暮らしていたのだそうです。そしてさやかは、案の定、「セ〇レ」だと説明されていたそう。そんなこと分かってましたけどね。


ガーベラを取りに行ってカオリからそう告げられたさやかは、ゴミ箱に捨てられていたガーベラのブーケを横目に見ながら、自分の荷物を引き取らされる羽目になりました。


まったくね~何やってんだか、とヤキモキさせられちゃいますねもちっとしっかりせんか!( `ー´)ノ


でもその後、祐一から誕生日を祝うメールが送られてきます。12時は過ぎてしまいましたが、祐一はさやかの誕生日を覚えていてくれたのですね~


実は今回さやかは編集長から、出会いが無ければ結婚もないと急き立てられて、片っ端から合コンすることにしたのです。学生時代の友人、健太郎(渋谷謙人)にもセッティングを頼んだところ、そこに祐一が現れました


まさに掃き溜めに鶴?と浮足立ったさやかでしたが、健太郎が気を利かせて店にバースデーケーキを頼んでいたことから、3つも年をサバ読んでいたことがバレてしまいます。美里に対抗して若く見せようとしたことが墓穴を掘ってしまいましたね


それでも祐一はそれほど気にしていないようでした。というより、年齢で相手を決めるなんて実際にはあまりしないですよね。さすがに一回りも二回りも違うようではちとためらうかもしれないけど、2つや3つ、大した違いはありませんから


それ以外では、冒頭でも触れたように、さやか以外にも追いつめられているかもしれないキャラの存在が気になりました。多香子と編集長です。多香子はどうやら不倫中らしく、編集長は、やっぱり路地裏のアパートで寂しく暮らしているようです~まだ妄想です


「スペックは高いが女がいない男は大勢いる


編集長も案外その一人なのかもしれませんね



サバイバル・ウェディング2 「わたし、ひとりで生きていけますが結婚しないとダメですか?」

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ