2018/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>

W-君と僕の世界- 最終回 ネタバレと感想 ようやく完結(15話含)

韓国ドラマ、【W-君と僕の世界-】もついに最終回を見終わりました。いや~疲れた。この手のドラマはあらすじなんて書こうとは思わずに、ただぼーっと見てるに限りますね


とはいえ、ここまで書いてきたので頑張ってネタバレしますよ~。普段はネタバレされたくないおばさんですが、これは逆に、ネタバレを読んでから見た方が頭が整理されて良かったかもしれません


最終回(16話)の副題は「2人で描くエンディング」でしたが、実際の最終回を仕上げたのはオ・ソンムでした。ここまで物語を複雑怪奇にした=登場人物を思い切り振り回した責任を取らされたと言っても過言ではないことでしょう


ソンムは、サンフンが死んでも尚その魂に苦しめられていました「最終回」では漫画の世界に移動しますが、いきなり、死んだはずのサンフンとなって暴れ出したために、精神病院に隔離されてしまったそうです。


またチョルは、やはり「最終回」ということで、どんなに頑張っても現実に戻れなくなったため、漫画の世界で生きていたことが明らかになり、改めて罪を問われていたそうです。


ヨンジュも同じ理由から漫画の世界に現れますが、そのほんの短い時間の間に漫画の世界では1年が経過していたそうで、チョルは裁判で死刑を宣告されてしまいました


そのチョルを救ったのがソンムです。ソンムは、万が一の場合に備えてまたしてもタブレットの複製を描いて隠れ家に隠しておいたのだそうです。でも、その隠れ家に行けたのは、病室を訪れた看護師を絞め殺してしまったかららしい


ソンムはチョルのために手錠の鍵と拳銃、そして車を用意した上で、自分がいつまた殺人鬼に変わるか分からないと自らを縛り上げてチョルを待っていたそうです。


俺とお前は共存できない。ふたりがハッピーエンドになるのは不可能だ


ソンムはチョルに自分を殺してくれるよう頼みました。何せソンムはヨンジュのことも殺そうとしたのです。もう歯止めがききません


とはいえ、たとえその理屈が正しいと分かっていても、チョルに愛するヨンジュの父を殺すことなどできるはずがありません。


一方、チョルホはドユンを人質にしてチョルを脅し、タブレットを手に入れようとしていました


チョルはヨンジュにどんな結末にするのかは君が決めてほしいと告げて別れようとします。自分と別れてさえいれば、ソンムを選んだ後に巻き添えにならなくて済むと考えたそうです。


結論は出ぬまま、チョルはドユンを救いにチョルホのもとへ行きました。が、ドユンから真実を明かされて逆上したチョルホは、チョルを撃ち殺そうとします


チョルは必死で逃げ出してヨンジュに助けを求めますが、ヨンジュが到着した時にはこと切れてしまいました。漫画Wはこれで「終」となります。


が、実はこれには続きがありました。チョルホがチョルを殺したと聞いたソンムは、チョルホだけは自分が殺さねばならぬと決意し、拳銃と遺書を描いてチョルホを自殺させたのです。倒れ込んだチョルのもとにはドユンを向かわせ、救急車を呼んだのだそう


漫画が終わった時点でヨンジュは現実の世界に戻りましたが、その様子をソンムが近くで見ていたそうです。ソンムはヨンジュに愛しているとつぶやきながら、その姿を消しました。どこに移動したのでもなく「無」になったと思われます。現実に戻ったヨンジュは、チョルが生きていることも、ソンムが亡くなったことも知りません。


ソンムはチョルに手紙を書き、俺は俺の作った世界で死ぬが、お前は現実の世界に行ってヨンジュと幸せに暮らせと伝えました。ヨンジュにはソンムの死を伏せて、漫画の世界で生きていると伝えてくれと頼んだようです。ソンムは自分の笑顔の写真を描いてチョルに託しました


スボン曰く、この部分が「カット」されたのは、真犯人がハッピーエンドを手助けするのは脈絡がないからだそうです


チョルはこの後2年間服役したそうです。死刑を宣告された逃亡犯の刑がなぜ2年に減刑されたのか、などという野暮なことはこの際言いませんよ


その後チョルは現実の世界にやってきて、チョルとソンムが死んだと思って悲しみに暮れていたヨンジュの前に現れました


これでふたりはようやく、ソンムが望んだとおり、幸せに暮らしていけそうです


いや~とにかくなんとか無事に終わってくれてホッとしました。ストーリーはともかく、主役二人が可愛かったのと、ソンム役のキム・ウィソンさんの怪演がも~のすごくて目が離せなかったというのが本音です。またこの人の出演作を是非拝見したいものです



もう一回ちゃんと最初から見直してみたい

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ