2018/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

恋する泥棒~あなたのハート、盗みます 4~7話 少年時代

韓国ドラマ、【恋する泥棒~あなたのハート、盗みます】も順調に視聴しています。ちょうど7話で子役が大人のキャストに代わったところです。以下あっさりネタバレをまとめておきます恋する泥棒のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


まずは何と言っても注目したのはペクサン将軍の話ですよね。韓ドラは往々にしてこうしたエピソードがいつの間にか立ち消えになったりすることも少なくはないのですが、ミステリー好きなおばさん的には是非抑えておきたいところです


時代はパンスの祖父の時代です。今一つよく理解できない箇所がありますが、とりあえずはパンスの説明通り書いておきますね。


日本軍に占領されていた朝鮮で、ペクサン将軍が仲間とともに国を取り戻そうと立ち上がりました。ある時悪い奴らが日本人に取り入って国の宝を持ち去ってしまうという事件が起きます。そこでペクサン将軍と仲間たちが現れて宝をすべて奪い取り、誰も知らない山奥に隠したそうです。将軍は宝の在りかをいくつかに分けた地図に書き残しましたが、この宝を狙った裏切り者が将軍を殺してしまったのだそう。それでも地図は見つからず、宝の在りかはいまだに謎のままだそうです


パンスは、この「悪い奴ら」とペクサン将軍を殺した裏切り者を必ず見つけ出せとドルモクに語って聞かせたそうです。


その「悪い奴ら」と裏切り者が同一人物(複数?)かどうかは不明ですが、少なくともその裏切り者はホン・イルグォン会長の祖先のような気がしますよね


もしそうだとしたら、ジュンテにとってホン会長は仇ということになりますが、何も知らずに縁を結んだのか、はたまた何もかも承知の上で復讐を誓っているのか、それともおばさんの勘違いか


今のところ、刑事のカン・ソンイルとともに隙あらばホン会長を追いつめようとしているのを見る限りにおいては、2番目の可能性もありそうです


ホン会長は孫のユノ(チョン・ジンソ)に、お前は世が世なら王子なのだと語って聞かせていましたが、それだってどこまでホントかわかりません。ちなみに孫は孫でもファヨン(カン・ジウ)のことは「翁主」と呼んでいたので、どうやら娘のホン・シネ(チェ・スリン)は、愛人に産ませた子どものようです。


そんな大人の思惑をよそに、ドルモク(キム・ガンフン)とユノ、ファヨン、そしてソンイルの娘のソジュ(ムン・ソヒ)は顔見知りでした。ドルモクはどうやらファヨンが好きだったらしく、こっそりファヨンにペクサン将軍の宝の話を教えてしまいます


ファヨンからこの話を聞いたジュンテは、ドルモクが死んだチャンギの息子=スヒョンなのではないかと疑いました。スヒョンをさらったチェ・テソク(ハン・ジョンス)もそう主張していたから尚更です。パンスにはひとり息子しかいなかったはず!


でも、同じ頃この事に気づいたソンイルが、うまくごまかしてくれました。またドルモクも、幼い頃に見たジュンテの顔を見るたびに頭が痛くなってしまったため、うまい具合にジュンテの追及をかわす結果につながります


一方パンスはその頃、詐欺の片棒を担がされていました。当時市民から金製品を集めて国のために役立てるという活動があったらしいのですが、ホン会長はこの金を横取りして秘かに金塊を作り、己の懐に入れようとしていたのです。パンスは刑務所で金細工の技術を習得していたそうで、金貸しから借金を帳消しにしてやると言われて金塊づくりを手伝わされました。


この企みをソンイルが嗅ぎ付けます。ソンイルはジュンテとともに会長を捕まえようとしますが、ジュンテは時期尚早だと途中で裏切ってしまいました。


ソンイルが踏み込んで来たのを知ったパンスは、思わず、金塊を持って逃げ出します。こうしてパンスはまたしてもミンジェとの約束を破ってしまったのでありました。たとえ悪党の金であってもドロボーはドロボーです


結局パンスはソンイルに捕まり、残されたハギョンも、たぶんこちらはジュンテが放った刺客に殺されてしまいました。ジュンテはドルモクがホン会長の別荘に連れていかれたことを思い出したらしいこと、ミンジェが金塊の窃盗でホン会長を訴えようとしたことなどから、ドルモクの口を封じようとしたのに、彼を庇ったハギョンが車に轢かれてしまったのです。ミンジェが、こともあろうにジュンテを頼ったのが運の付きでございましたね


ハギョンはいまわの際にドルモクとミンジェの手を握り、これからは兄弟寄り添って生きていくのだと諭しましたが、ミンジェはもうホトホト嫌気がさしたらしく、ドルモクを置いてソウルに行ってしまいます。賢いドルモクがこれに気づいて後を追いかけても、決して戻ってきてはくれませんでした行かないで!兄ちゃんっ!!


結果としてドルモクはひとり残されてしまいましたが、そこはソンイルがジュンテとホン会長に掛け合ってくれて、なんとかパンスを釈放してくれました。何とも情けない刑事ですが、彼なりに、肝心な時にはそこそこ力になってくれるのが嬉しいですね


それから8年が経過し、ドルモクは、パンスに作ってもらった木の「剣」でずっと練習していたのか、フェンシングで国を代表する選手となっていました。決勝で戦った相手はユノでしたが、本当はドルモクが優勝したにもかかわらず、金と権力に物を言わせてその結果を覆そうとしているようです


一方のミンジェは司法修習生となっていました。正義感の強いミンジェのこと、きっと検事になるのでしょうね。でもどうやら名前もハン・ジュニと変えたようで、ドルモクやパンスとはいまだに音信を絶ったままのようです


またソンイルの娘のソジュ(ソヒョン)はその後、ユン家に預けられていたようです。ジュンテがソンイルと約束して大学を出るまで預かることにしたらしく、今はファヨン(イム・ジュウン)の用心棒をしているようでした。ふたりは相変わらず仲良しですが、時々ユン家を訪れるホン・ミエ(ソ・イスク)はソジュを嫌っていたため、本妻の娘のミエに頭の上がらないシネはその度に嫌な思いをしていたようです。


相変わらずホン会長とミエが威張り腐って超憎たらしいですが恋する泥棒も面白そう♪、ドルモクとミンジェも着実に力をつけているのが嬉しいですね。「恋する泥棒~あなたのハート、盗みます」は続きもとっても楽しみです



恋する泥棒~あなたのハート、盗みます~DVD-BOX1~5

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ