2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想 第46話 虻蜂取らず

開封府~北宋を包む青い天~のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想、登場人物一覧


中国ドラマ、【開封府~北宋を包む青い天~】の46話は「虻蜂(あぶはち)取らず」です


いや~これはサイコーに面白かったですね~開封府のネタバレ感想行きますよ~(^^)/。思わずお腹抱えて大笑いしちゃいました。いかにもコメディなのではなく、皆が真剣な顔をしているのがまた実に可笑しかった


以下ネタバレのあらすじです


秦香蓮に逃げられた挙句、いまだに包勉や韓琦の手がかりがつかめずにいた包拯はついに奇策に打って出ました。陳世美を開封府に呼び、もうすぐ韓琦を捕まえるから一緒に尋問しようと誘ったのです。韓琦の顔を知っているのは駙馬だけだから


追いつめられた陳世美は腹心の部下に命じて韓琦を殺しに行かせました。そこを王朝と馬漢、そして雨柔が追いかけます


また雨柔は包拯に命じられて助っ人も用意していました。最初は師匠の展昭に頼みに行くのですが、引き受けてもらえなかったため、雨柔はもうひとりの猛者を訪ねます。なんとこれが子雍です


私の代わりに戦ってほしいの


何せ子雍は泥棒をするほど退屈していましたから、多少はもったいつけたものの、すぐに引き受けてくれました。それにどうやら子雍は雨柔のことが好きみたいです


誰かに嫌がらせされているのか?よし、私が懲らしめてやる!良く見るとなかなかのオトコマエですし( *´艸`)


その頃韓琦と秦香蓮は陳世美について話し合っていました。韓琦は秦香蓮が陳世美に対して文句ひとつ言わないのを不思議に思ってその理由を尋ねます。秦香蓮は、腹を立ててはいるが、陳世美の気持ちも理解できるし、元はと言えば自分が悪いのだと明かしました。陳世美に科挙を受けるよう勧めたのは秦香蓮なのだそうです。


私が楽をしたいばかりに夫を都に行かせた。子持ちの私と、美しい長公主、男ならどちらを選ぶ?


誰もがより高みを望むという道理がかつての自分には分からなかった、とうつむく秦香蓮を、韓琦は黙って見つめていました。


そこへ陳世美の部下がやってきます。韓琦は秦香蓮に隠れるよう命じて対峙しました韓琦がホントにイイ人なのよね(;´Д`)。陳世美の部下は早く秦香蓮親子を殺すよう命じます。そうすればお前は逃がしてやる


でも韓琦は彼らを殺すに忍びないと断ったため、部下は韓琦を殺そうとしました


そこへ現れたのが子雍がですひゅーひゅー!( *´艸`)。いや~なかなかカッコよかったですね~子雍。そこへ雨柔も加勢します逃がさないわよ!( `ー´)ノ


が、この隙に韓琦が秦香蓮親子を連れて逃げ出したため、雨柔は慌てて、でもロバに乗って、彼らの馬車を追いかけました。どいてどいて!!逃がさないわよ!( `ー´)ノ


それで子雍もその後を追おうとしたところに、今度は展昭が現れます。確かにあの時引き受けはしなかったものの、断りもしませんでしたものね。雨柔も弟子なら展昭のこのへそ曲がりな性格を理解しても良さそうですが


展昭はその顔つきから?てっきり子雍が悪党だと思い込み、激しく剣を交えてきました。もちろん子雍も受けて立ちます


この様子を見た陳世美の部下も早々に立ち去ってしまいました。韓琦が包勉をわざと置いていってくれたのに気づかれなかったのは本当に幸いでしたね


その間雨柔は懸命に馬車を追ったものの、いかんせん、ロバでは相手になりません。仕方なく戻ってきた雨柔は、自分が呼んだ助っ人ふたりが戦っているの目にして驚いてしまいます


ふたりとも止めて!味方同士よ!!師匠、早く馬車を追いかけて!!ケンカをやめて~♪


展昭は颯爽と馬に乗って韓琦たちを追ったのに対し、子雍は雨柔のロバを借りて追いかけたらしいのにも大笑い。あなたもよ、ロバを貸すわ早く追って!って自分もダメだったのに(;´Д`)!はっ!


きっと大人が三輪車にまたがっているようだったに違いありませぬ。ここは想像しただけで大笑いでした


韓琦は途中で馬車を降りて展昭をまき、冬妹を背負って逃げてくれましたが、陳世美の部下に受けた傷が思いのほか深く、途中で倒れてしまいます。秦香蓮は自分の肌着を外して血止めをし、なんとかして韓琦を助けようとしますが?


韓琦のアジトにはようやく王朝と馬漢も駆けつけてきました。これでやっと!包勉が救出されます


包勉は、雨柔や王朝らとともに開封府にやってきて、そこにいた陳世美を思いっきり罵倒しますが、陳世美は知らん顔を決め込みました


私を殺そうとしたくせに!!もう騙されないぞ!


包勉が何を言っても「証拠がない」ためまったく相手にされません。雨柔は最初の勢いは良いんだけど、肝心なところで詰めが甘いのですよね~


それに陳世美は包勉の弱みを握っているため、結構強気なのです


陳世美は、戻ってきた部下から、子雍が韓琦を救おうとしたことを聞かされると同時に、何者かが味方になってくれたとの報告を受けました。単なる偶然を誤解しただけなのですが、真剣に悩むところがまた可笑しい


しまいに陳世美は、子雍が出張ってきたのは張徳林が裏で糸を引いていると誤解し、張府へと出かけていきます。私は身分を偽っておりました!


張徳林はさすがに古狸なだけあって、何が何だか分からぬまま、陳世美の話をうまく誘導しましたが、陳世美も肝心なことは口に出さなかったようなので、どこまで理解したのかは定かではありません。それに偽っていたのは身分ではなく「素性」なのですが、何せ公文書は始末しましたからなんとでもごまかせますわね


それともう1つ、前回手に入れた名簿には誰も聞いたことのない名前が記してあったそうです。陳世美はそれが暗語ではないかと指摘しますが、それが誰を意味していたのかも興味深いところです


よ~~やく下衆野郎、否、陳世美が追いつめられてきましたね。包拯、今度こそとことんとっちめてやれ!!陳世美をやっつけろ!(^^)/



開封府~北宋を包む青い天~ DVD-BOX1~3

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ