2018/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

高嶺の花 あらすじと感想 第7話 すべては愛する人のために

野島伸司さん脚本、石原さとみさん主演のドラマ、【高嶺の花】もいよいよ7話、終盤です。今回はぷーさんの人間らしい本音が聞けたのがよかったかなそれでも最後は嘘をついた(;´Д`)


以下ネタバレのあらすじです高嶺の花のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


ぷーさんがなぜ最後に笑ったのか~おばさんはてっきり、もものすべてを包み込む覚悟を決めたのだと思っていました。それもあながち間違いではないでしょうが、ぷーさんはこれを秋保に「ゲインロス」だと説明します。平たく言うと「ギャップ萌え」だそう


もしぷーさんがあそこで世界一可哀想な顔をしていたら、それはももの予想通りであり、これによってももは罪悪感を抱くだろうけれど、お人好しのぷーさんはそれ以上にもそれ以下にもなれなかった。でもあそこで笑ったことによって、ぷーさんはももの心に強いインパクト=種を残しました。ももはずっと、ぷーさんの笑った意味を考え続け、ぷーさんを忘れられなくなるというのです。


本当は彼女のために泣くべきだったのに、忘れられたくなくて笑ってしまった


そう語るぷーさんの話を聞いていた秋保の隣にいた女の子=芽衣(田畑志真)こそ、どうやら宗太の片思いの相手のようです。ぷーさんの話を聞くくらいだから悪い子ではなさそうですが、うだつの上がらない宗太に思われていると皆に知られることが恥ずかしかったのでしょうか。


さて肝心のももは、ぷーさんの期待通りぷーさんへの気持ちを捨てられずにいたようですが、そんなももの気持ちを見透かす相手が現れました。神宮兵馬(大貫勇輔)という京都神宮流の家元の嫡男で、宇都宮龍一の腹違いの兄だそうです。


~兵馬役の大貫さんはもともとはダンサーだそうです。物腰がいかにもそんな感じですね


兵馬はももの言うところの「もう一人の自分」を「空蝉の自分」と呼び、ももが今それを見失っていることを初対面で見抜きました。ももが何度目かに会った際に事情を打ち明けると、そのような時はまだ恋愛していない相手と結ばれればいい、と助言します。そうすれば種を燃やせる


もう一人の自分を失ったことはないとあっさり断言した兵馬は、華道家としては(良い意味での)「モンスター」かもしれませんが、市松ほどの悪意は感じられませんでした。モンスターというより本物の天才なのかもしれませんね


龍一が市松に近づいたのは、この兵馬を倒すためだったそうです。家元を選ぶことを「俎上」(まな板の上)と呼ぶそうですが、月島流のみならず、神宮流でもその俎上が行われるそうで、龍一は生まれた時から苦労知らずのこの兄に勝つために審査員の票を集めるのが目的で市松と手を組んだのだそうです。かたや市松はななに地獄を味わわせて本物の華道家にするために、龍一にルリ子を誘惑させたらしいです


まったくこのオヤジもとんでもない人でなしです


そして龍一は今回その仕上げをするために、ルリ子と寝ている時を選んでななをマンションに呼びました。ふたりの抱き合う姿を目撃したななはショックで逃げ出してしまいます


その後ななは鏡の間に入って暴れたらしく、鏡の破片で体中傷だらけになっていました。そんなななを心配するももに対し、市松は、我が意を得たとばかりにほくそ笑みます。ななが決してルリ子を許さない!と憎悪を露わにしたからです。これもまた「たゆたう光と影」なのでしょう


一方ももはぷーさんから貰ったアクアマリンの指輪を返しに行きました。ももが何を言ってもぷーさんへの思いを押し殺していることがひしひしと伝わってきます。亡き節子が残してくれた言葉がぷーさんにそれを伝えていました


女は自分の行動をいちいち説明なんかできないのさ。ただ会いたかっただけかもしれないのに、顔を見ると口から出る言葉はあまのじゃく。言いながら傷ついて。言われては悲しんで。ひとりになるとやっぱり泣いてしまうの。


その言葉通り、ぷーさんや皆の前では気丈に振る舞っていたももが、タクシーの中で泣き出してしまったのがまた痛々しかった


ぷーさんは本音を押し殺してももの期待通りの言葉を並べました。あなたは高嶺の花だから、どこかで綺麗に咲いていてくれればそれでいい


ももが去った後ぷーさんが熱唱していた歌は何だったのでしょうか。あれもラブミーテンダーだったんですかね


一方で今回はそのぷーさんにも新しい相手が現れました。看護婦でぷーさんとは読書の趣味も一致する新庄千秋(香里奈)というとても知的な女性です。千秋は、宗太から坂東が倒れたとの知らせを受けたぷーさんを乗せて樹海の近くの病院まで連れていってくれました。かなりの猛スピードでバンバン飛ばしたところなどは、ももに似たところもありそうです


宗太が坂東を救うために必死で道路に飛び出してトラックを止めたのも良かったですよね。もう宗太は、何もできないくせに文句ばかりいっちょまえの引きこもりなどではありません


来週はいよいよ姉妹対決が行われるようです。ここでももが負けてしまえばぷーさんのもとに戻れる、という安易な展開にはならんのですよね~きっと。次回もとっても楽しみですね



見逃した方は今からでもアマゾンプライムで視聴できますよ~

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ