2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

半分、青い ネタバレと感想 105~126話 ようやく元に戻ってきた

今日は久しぶりに【半分、青い】のあっさりあらすじと感想をば半分青いのネタバレ感想行きますよ~(^^)/。いつも通り、順不同でずばりネタバレしておりますのでご注意くださいますように


鈴愛が岐阜に帰ってから、少しず~つ元の雰囲気に戻って面白くなってきましたね。つくし食堂は草太の「ふわとろカツ丼ゼッタイ食べてみたい( ;∀;)が大ヒットし、毎日行列ができるほどの大繁盛です健人(小関裕太)というアメリカ生まれでアメリカ育ちだけど生粋の日本人の青年はこのカツ丼に惚れ込んで(鈴愛の部屋に)住み込みで働いていたそうです。


ちなみにこの健人は後にブッチャーの姉でもうじき40になるらしい西園寺麗子(山田真歩)と婚約します。ブッチャーの父親のが六角さんだったのには似合い過ぎて大笑いでしたいかにも不動産屋っぽいわ~( *´艸`)


家に帰れば=つくし食堂を手伝えばなんとかなると相変わらず甘々の考えを抱いていた鈴愛の思惑は見事に外れ、晴からは「働かざる者食うべからずと仕事に就くよう急かされました。カンちゃんだけは大じいじの年金で食べさせてもらえそうですが


一方で、和子が拡張型心筋症を患ってもう長くないと聞かされます。そのために今律は大阪の本社から名古屋支所に単身赴任していたそうです。妻のより子は翼の幼稚園の!受験勉強があるからと一緒に来るのを拒否したそうです。あ~いかにもそんな感じですね~


最初鈴愛は律も離婚したのだと思い込んで思わず愛を告白しようとしましたが、皆が大慌てで止めました。それにいくら離婚していたとしても、そう簡単に復縁はしませんよね、フツー。ふたりともそれなりに伴侶を愛して結婚し、子どもまでもうけたのですから。


これにはまたダメ押しがあって、ボクテとユーコが鈴愛に会いに来た際、酔っぱらったボクテが夏虫の駅での話を持ち出します。あの時鈴愛が断ったのは「今すぐの結婚」であって、しかるべき時が来たら自分からプロポーズするつもりだった、とぶちまけてしまいます


それでも律の心は動きませんでした。だって俺、結婚して子どももいるんだぜ


シッカリと振ってもらった鈴愛はようやく一念発起し、自分で商売を始めることにしました。仙吉の五平餅を作って売ることです。ちょうど学校の前に新しい店にはうってつけの良い物件を見つけたのだそうです。


草太のカツ丼が売れたことで食堂に居場所が無くなったことに一抹の寂しさを感じていた仙吉が、鈴愛の申し出に元気をもらってもう一度頑張れたのは良かったなあ。でもそのために、晴の「世界一周クルーズ」が見送られたのは残念でしたが。


でもね、そんなこと言ったらなんですけど、何の目的意識もなくただ船に乗って豪華な観光をするだけなら、新しい店を繁盛させてから、どこか行きたいところに1週間でも1カ月でもゆっくり滞在する旅を楽しんだほうがイイですよん


鈴愛は思いのほか勘が良く、仙吉の五平餅をすっかりマスターしました。そして仙吉はその時を待っていたかのように、カンちゃんを抱っこしながら、眠るように息を引き取ってしまいます


開店を待たずに亡くなるのは残念ではなく、開店を楽しみにしながら亡くなるのも素敵なことだ~仙吉はそう思っていたそうです。何事もものは考えようです


名付けのセンスが無いばっかりに、これまでずっと何にも名前をつけさせてもらえなかった仙吉は、カンちゃんとぬいぐるみのココンタにだけ、五平餅カフェの名前を明かしていました。3人の秘密だと言い含められたカンちゃんは、誰に聞かれても決して打ち明けようとしません


そこで鈴愛はココンタに携帯を仕込んでココンタのふりをすることにしました。カンちゃんは見事に騙されて、店の名前を忘れた、とカマを掛けたココンタ鈴愛に教えてしまいます。「仙吉カフェ


そのまんまで相も変わらずセンスはありませんでしたが、おじいちゃんらしくて微笑ましいですよね


鈴愛はこれにヒントを得て、カフェの中に「岐阜犬さすがは漫画家~上手~( *´艸`)を置き、お客さんの話し相手にすることを思いつきました。声を出すのは和子です。鈴愛は和子に何か生甲斐を持たせたかったのです


ちなみに岐阜犬は鈴愛が描いたキャラクターです。律の漫画を見て鈴愛が元漫画家だったと気づいたカンちゃんのために、鈴愛がようやくペンを取ってくれました。


鈴愛の思惑は的中し、和子の体調はずっとよくなりました。律はこのまま治るのではないかと期待してしまったほどです。


そうなんですよね。愛する人がもう長く生きられないと知った時、余命を宣告された本人ももちろん辛いでしょうが、周囲も本当に辛くて胸が押しつぶされそうになります薬って病気を治すためにあるんじゃないのか、という律の言葉にも共感しきりでした。律も毎晩眠れなくて、貴美香先生から睡眠薬をもらっていたようです律の気持ちが痛いほど伝わってきて泣けた(/_;)


そんな律のもとへより子が翼を連れてやってきた時は腹立たしかったですね~それに比べてあの鬼嫁、許せんな( `ー´)ノ。母親にいつ死が訪れるのかと夫が苦しんでいるというのに、他人の家は居心地が悪いと来たもんだ。多少、鈴愛への嫉妬もあったかもしれませんが、あれはもう鬼畜のレベルでござるね。人としての思いやりってものがまったくない


和子もより子には気を使っていたようですが、心を許すことはできず、律が大きくなるまで書き続けたらしい律の育児日記は鈴愛に託して行ったそうです。その時が来たらあなたから律に渡してほしい。フツーは嫁に渡すものですよ、あれは


何せより子は和子の葬儀でもあくびをしていたぐらいですから、渡さなくて正解でしたね。あんなにやさしいお義母さんの何が不満だったのでしょうね~。信じられんわ。鈴愛に負けたくないなら、もっと律の家族と一緒にいて分かり合おうと努力すればよかったでしょうに


一方の鈴愛は、和子の葬儀から抜け出して川にたたずんでいた律のもとへ行き、黙って側にいてやりました。律がいてほしいと頼んだからです。


人は日々何かを失っていく。私は聴力を、そして律は母親を失った。鈴愛はそう心の中でつぶやきます。どちらの時も私たちは一緒にいた


葬儀が済んだ後、律は大阪に戻ることになりました。でもどうやら何かを決意しているようでしたねいよいよ離婚!でございましょうか?


でもそうなったらなったで、翼が可哀想ですよね。翼は律によく似ていて、とっても賢いんだけれど自己主張をしないため、両親の板挟みになって苦しみそうで辛いです


それ以外ではどうやらカンちゃんが浅田真央ちゃんに憧れてスケートを始めそうな気配です。大体ダブルアクセルを氷ではなく畳の上で飛ぶなんて、欲目抜きで天才でござろう!


カンちゃん、可愛い~(^^)/


果たしてカンちゃんは第二の真央ちゃんになれるのでしょうか?


半分、青いは来週の放送もとっても楽しみですね



NHK連続テレビ小説「半分、青い。」オリジナル・サウンドトラック

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 1件

コメントはまだありません
Fさんへ  
拍手コメントをありがとうございます♪

Fさ~ん、早速またまたありがとうございます(^^)/。
ね~楽しくなってきましたよね( *´艸`)。
朝ドラはこうでなくっちゃ。来週も楽しみですね~♪。こん

2018/08/25 (Sat) 16:25 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ