2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

ああ、私の幽霊さま 最終回 ネタバレと感想 めっちゃお勧めです!

毎週楽しみにしていたラブコメディ、【ああ、私の幽霊さま】がついに終わってしまいました。と~っても可愛い最終回に大満足です。以下最終回「さよなら、私の幽霊さま」のネタバレのあらすじですああ私の幽霊さま、最終回のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


スネが殺されてからもう3年が経つそうです。自らの「無念」の理由が解明されたスネは、無事昇天できることになったようです。スネは、なんだかんだと言いながらも実の姉のように親身になってくれたソビンゴとの別れを惜しみました


姉さん、元気でね。


ソビンゴも、こちらは母のような気持で別れを悲しむと同時にその旅立ちを祝福します


昇天するんだよ。お疲れ様


一方で、スネの法事をしようと朝から準備をしていたミョンホのもとに警察から連絡が入りました。スネがソンジェに殺されたことが判明したというのです。


警察に赴いてこの話を聞かされたミョンホは愕然としました。殺されていたなんて、どんなに怖かったことだろう?それなのに俺は何も知らずに、人殺しに恩義を感じて優しくしていたなんて!?


ミョンホはショックのあまり警察署の前で倒れてしまいましたアボジが可哀想だった(;´Д`)。肝硬変にはショックが禁物だそうで、ミョンホは脳出血を起こしてしまったのだそうです


知らせを受けて病院に駆けつけたギョンモはひどく自分を責めました。俺も一緒に行けばよかった!俺が死ねばよかったんだ!!


そこへギョンモから連絡をもらったボンソンとソヌが来てくれました。ソヌはお前のせいじゃないとギョンモを励ましますが、医師からは心の準備をしておくよう宣告されてしまいます


一方、スネは、最後にミョンホに別れを言おうと店の前にやってきました。が、店は開けっぱなしなのに誰もいる気配がありません。不思議に思っていたところに近所の奥さんたちがミョンホが倒れたと話しながら通り過ぎます。娘さんを亡くしたばかりなのに、今度は自分だなんてね。


スネは急いで病院へ飛んでいきましたアボジ!


私のせいよね。死んだことで十分悲しませたのに、死んでからも親不孝している。ごめん。ごめんね。何回でも謝るから目を覚まして。お願い、父さん!アンデ!アボジ!!


スネの必死の願い虚しく、ミョンホの心肺が停止しました。ダメよ!父さん!!助けて!!アボジ、アッパ!!


ついにミョンホの魂が体から抜け出しました。スネはその後を追いかけて、今日はダメだと訴えます今行っちゃダメ!!


今行ったらギョンモがひとりになっちゃう!もう少し後から来て。ギョンモを結婚させて孫を抱いてから。その後私に会うの。今度会ったら永遠に幸せに暮らそう。また父さんの娘になるミョンホはスネをひとりで逝かせたくなかったんだよね~きっと(/_;)


スネに泣きつかれて振り向かされたミョンホは、後ろ髪を引かれる思いで来た道を戻っていきました。ミョンホは目を開け、ギョンモは大喜びで医者を呼びます。父さんが目を覚ました!!


スネがボンソンに礼を言うと、ボンソンはこれが運命だったのだと答えました。スネがボンソンに憑依したことでスネは死の謎を解き、ボンソンはソヌに近づき、ソヌはウニを轢いた犯人を見つけたからです


スネはボンソンも変わって強くなった、幸せになれると励ましました。ボンソンも、一生懸命生きるから見守っていてほしいと答えます。


目いっぱい恋愛するんだよ。私は向こうでシェフよりイイ男と出会って永遠に幸せになる心配いらないよ


ボンソンは、いいな、羨ましいと語り、そのシェフに会って最後の挨拶をするよう勧めました。「私に憑依して!」そう言って、これ以上迷惑を掛けたくないというスネの腕をぐいとひっぱります


スネはボンソンになってレストラン「サン」を訪れました。ボンソンだと思って話していたソヌが、ふとその手を取ったことでその冷たさにハッとします


そうです。私です。シェフ。


ボンソンが勧めてくれたとうつむくスネに、ソヌは何と声を掛けたらよいか分かりません。ボンソンは何も言わなくてよいと語り、これまでたくさんのプレゼントをありがとうと微笑みました。


生きてる時にできなかったたくさんのこと、あのトキメキ、それからサンにいて幸せでした。悔いはありません。


ソヌもありがとうと答えます。妹の事故の真相を教えてくれて。ごめん。そのせいで死なせてしまって。


ボンソンはそれが自分の運命だと笑い、幸せに、と手を差し出しました。ソヌはその手を両手で握り、さよなら、シン・スネ、と伝えます。


ソヌがスネを抱きしめると、スネはボンソンの身体から出ていきました。我に返ったボンソンとソヌが、同じくスネのいる方を向いてスネの旅立ちを見送ります。スネは穏やかな笑みを浮かべて光の中に消えていきました


その後ボンソンは店でパスタを出すようになり、その評判も上々だったことから、ソヌがコンテストに出場させることにしました。ボンソン本人よりソヌが大いに緊張する中、ボンソンは見事に3位に入賞し、副賞の留学を勝ち取ります


ソヌは行かせたくなかったようですが、ボンソンは行きたいと主張したため、ソヌは仕方なく「決して浮気はするなと念を押して送り出しました


それから2年後、ソヌは新しいこじんまりとした店を開き、ギョンモを厳しく育てていました。ギョンモはここで腕を磨いて実家の店を手伝うつもりなのですが、いかんせん飽きっぽくてへなちょこなため、1日に1度、しかも3時になると辞めた!と言いだすそうです


そしてボンソンもついに留学から戻ってきました。毎日ボンソンを恋しがっていたソヌは、連絡もよこさずに!とむくれましたが、すぐに機嫌を直します。ボンソンが、声を聞いたら帰りたくなるからわざと電話をしなかったと打ち明けたからです


料理の腕ももちろんのこと、その性格がスネそっくりになっていたのには大笑いでした。ソヌは、まさかまた?と疑いますが、ボンソンは間違いなく自分だ、と笑います。自分に自信ができたから積極的になったのですね


こうしてついにふたりは結ばれました。スネもきっと天国で喜んでくれていることでしょう。あ、新しい恋人と幸せになってそれどころじゃないでしょうか


またボンソンは、ソヌの誘いを断って(笑)、ミョンホの店で働くことにしたそうです。娘はひとりだと思っていたのに次女もいたのか?と驚く客に嬉しそうに笑っていたミョンホの笑顔がまた目に焼き付いていますボンソン優しい~( ;∀;)


一方、事故の真相がショックで海外へ渡ったはずのウニは、どうやら記憶を失ったらしいソンジェを見舞っていました。そーなんですよ!ソンジェは生きていたのだそうです!!


でも~ソンジェは間違いなく殺人犯と認識されていたはずなのに、なぜ刑に服していないのか、が不思議ですよね~。記憶が無いという理由で減刑されたのでしょうか?真相をご存知の方がいらしたら是非教えてくださいませ


おそらくソヌから悪霊の話は聞いていたのでしょうから、ウニがソンジェを許した気持ちは分りますけど


ああ、私の幽霊さま」は可愛いラブコメ要素に加え、ミステリーに温かいホームドラマの要素もてんこ盛りで、実に楽しくて贅沢なドラマでしたね。めっちゃお勧めです



これは是非ノーカットで視聴したい

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ