2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想 第54話 過ぎし日

開封府~北宋を包む青い天~のあらすじと感想はこちらからお探しいただけます: 開封府~北宋を包む青い天~あらすじと感想、登場人物一覧


中国ドラマ、【開封府~北宋を包む青い天~】の54話は「過ぎし日」です。タイトル通り、ちょっとしんみりしちゃいましたね。以下ネタバレのあらすじです開封府のネタバレ感想行きますよ~(^^)/


展昭が開封府にやってきました。その日は展昭たちの師匠の命日だったそうで、いつも一緒に詣でて酒を捧げている師匠の墓に展無為が来ていなかったため、四鼠に負けたはずは無いから包拯に捕まったに違いないと当たりをつけてきたのだそうです


包拯は早速展昭に展無為を説得してほしいと頼みました。北宋の内情を漏らしたのは王延齢に違いないのに范仲淹が疑われているからです。包拯は何としても盟友、范仲淹の命を救いたかったのです


展昭はその願いを聞き入れて展無為に面会しました。展無為には早速師匠の墓を掃除して酒も捧げてきたと報告します。


かつて展昭は右手でうまく剣が使えなかったため、掃除を言いつけられたそうです。展昭は本来左利きだったのだそうです。また一人で掃除をしようとは思わなかったと語った弟弟子に、展無為は師匠の本意を明かしました。師匠は、身の回りの掃除ができねば天下の掃除はできぬと教えようとしたのだそうです。


天下を清めたいと語った展無為に切り込む展昭。9400名の兵士が犠牲になってもか?王延齢の野心で戦になってもか!?同胞を殺して天下が清められるか?


かつて展無為は「義侠とは何か」との展昭の問いにこう答えたそうです


正義を重んじ民を助けることだ。


果たして今の展無為は民を助けているでしょうか?


師匠は扁額にこう書いていたそうです


不正を正し、弱気を助けよ。


果たして展無為は師匠の言葉を実現しているのでしょうか?


此度は正義の剣で9400人の兵士を殺すところだった!!それで死んだ師匠に顔向けができるのか!?


侠客とは正義の剣を振るい、民を助ける者だ。師匠が見ている


ついに展無為は張元の家族を奪ったのは王延齢の命によるものだったと白状しました。ですが、行軍の日程を漏らしたのは断じて王延齢ではないと断言します。汚れ仕事はすべて私の役目だったが、私は命じられていない!


その頃辺境では、范仲淹の奇襲が奏功し、何とか9400名のうち半数の兵士を助けることができたそうです。その結果、張元は、心を許した范仲淹を捕らえざるを得ませんでしたが、それでも、己のすべてをかけて祖国に忠誠を誓う范仲淹を殺すことができず、釈放してくれます


いつか太平の世が来れば、白日の下で友の契りをかわそう。


返す返すも北宋は惜しい人材を手放しました。それも全ては朝廷が腐っているからです


その腐った朝廷を作ってきた張本人の王延齢の罪がついに暴かれました


張徳林は、張元と范仲淹が親交を結んだ証の書簡を見つけたと言って最後まで范仲淹を陥れようとします。ふたりとも宋から左遷された身。意気投合しても不思議はない


仁宗は、王延齢と范仲淹の双方を罰するよう命じました


張徳林は仁宗の詔を持って王府を訪れます。王延齢はいつも通り碁を打ちながら盟友を迎えました。今回のことは王延齢のみならず、張徳林も一枚噛んでいたようです。ということは張元に行程を漏らしたのは張徳林だったのでしょうか。どうもあの太監の王徳が怪しく思えてならんのですが


王延齢は、これからは張徳林ひとりで歩むことになると言って、大人しく縛に付きました。思えばこの人も孫娘の霊児を失わなければ、ここまで腐ったりしなかったのかもしれません


一方、周児が出ていった後、周児に貰った琴の譜面を眺めてはため息をついていた子栄を見た子雍は、好きなら奪い返せそれでも男か( `ー´)ノ!と激励しました。張家の男は皆、自分の女を皇帝に差し出している(私は片思いに甘んじている


また、その周児を追い出した燕燕はついに懐妊いたしました。仁宗は相変わらず冷たいですが、欲しかったのは跡継ぎですからそこは我慢するようです


でも、愛する姉の燕燕が仁宗に突き飛ばされたと知った子雍は、その原因を作った周児が許せず、都から出ていけと直談判に行きました。それを子栄が止めに入ったことでふたりは大げんかをしてしまいます


君はこの張子栄が迎え入れた妻だ!周児、心から君が好きだ!!どこへも行かせない( `ー´)ノ


子雍はようやく安堵して出ていきました。しっかり捕まえておけ!目を離したら許さぬぞ!!


やっぱりなかなかイイ男ですよね~子雍も


が、周児と子栄が仲睦まじくしているところに、どうやら仁宗が訪ねてくるようです。これでまたしても誤解が悲劇を生んでしまうのでしょうか?


来週はいよいよ最終週です。いったいどうなってしまうのか、ますますもって目が離せません!



日本の「大岡越前」や「水戸黄門」みたいにシリーズ化はしないのかしらね

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ